現在地

エディテージ・インサイトに登録して、専門家から 論文投稿のアドバイス を受けましょう!

キャリア形成

研究者に突きつけられる最大の問いは、学術界を去るか研究を追究するかという選択です。学術マーケットでの激化する競争により、適切な判断を下すことはますます難しくなっています。このセクションでは、博士課程やポスドク後のキャリアについて十分な情報に基づいた選択をし、就職活動を開始するにあたって必要なスキルを身につけるためのリソース、情報、ヒントをご紹介します。
学会発表を成功させるための8箇条
閲覧済み
学会での研究発表は研究者にとって重要な場であり、若手研究者の多くは、貴重な経験を積める機会として前向きに捉えています。しかし、素晴らしい機会であるのと同時に、ほとんどの参加者にとって恐ろしい場でもあります。学会発表を成功させるための鍵は、事前準備をしっかり行うことに尽きます。その準備の方法を紹介していきます。
査読者になるには: 若手研究者へのアドバイス
閲覧済み
学術界での成功を求める若手研究者は、自分の知識やスキル、やる気を示せる機会をいつも探しています。査読者になることは、成功への階段を1段のぼることと言えます。査読は、若手研究者のキャリアアップにどのように関係してくるのでしょうか。研究者はどうやって査読者になるのでしょう?本記事では、このような質問への回答を示すとともに、査読者になりたいと願う若手研究者に役立つ、豊富なアドバイスをお届けします。
厳しいポスドク時代を乗り切るための8ヶ条(ポエム形式)
閲覧済み
ポスドク研究者という立場には、予測不能な多くの困難がつきまといます。準備が十分に整っていないために、困難への対処が非常に難しく感じられることも多いでしょう。そこで、モチベーションを保ちながらポスドク生活を乗り越えて、さらなる成長を遂げるための8ヶ条をポエム形式でまとめてみました。
ソーシャルメディアで研究成果の露出を増やす方法
閲覧済み
学術誌での研究成果の発表は研究者にとって重要なことですが、科学情報を日々のコミュニケーションの流れに取り込むことはより重要かもしれません。今日では、その手段としてソーシャルメディアが使われています。この記事では、自分の研究成果をソーシャルメディアで効果的にアウトプットし、その成果を追跡するための方法を紹介します。
若手研究者たちの困難とニーズ:SSPによる調査結果の概要
閲覧済み
学術界は競争の激しい世界であり、若手研究者はキャリアを切り開く過程でさまざまな困難に直面します。学術界の未来を背負って立つ彼らに対して、同じ業界の人々はそのニーズや困難を理解し、解決を支援していくことが重要です。
米国の博士課程修了者の雇用状況に関する調査
閲覧済み
米国は科学分野の労働者人口が世界でもっとも多いため、高等教育や研究職を志す人々にとって魅力的な国といえます。研究者の国際間移動は過去10年ほどで大幅に増加しており、政策立案者たちは、研究者の就職先決定に影響を及ぼす要因を理解することに関心を高めています。全米科学財団(NSF)の興味深いレポートをご覧ください。
博士号取得者・ポスドク研究者にとって、キャリアフェア(就職・求人フェア)は、研究職を探し、研究資金助成機関の人と出会い、学術界以外の仕事について知る絶好の機会です。 キャリアフェアに参加する際に避けた方がよいことを以下にまとめました。 1.  何も準備をしないで行く キャリアフェアについて全く知らない状態で会場に行くことは避けましょう。データを集め、出展予定の学術・研究機関や企業についての知識を得ておきましょう。興味をひかれる求人を見つけ、その求人に興味があることを示せるような質問を考えておきましょう。 2.  CVを持たずに行く アップデート済みのCVを必ず持っていきましょう。キャリアフェア当日にCVを受け付けている学術・研究機関や企業もあります。最新の状態に更新したCVや自分の連絡先を添えた名刺などを、十分な数だけ準備して持っていくようにしましょう。 3.  カジュアルすぎる服装で出かける 服装はカジュアルすぎないようにしましょう。キャリアフェアはミニ面接(インタビュー)でもあります!きちんとした服装で、印象を良くすることを考えましょう。 4.  時間が遅くなってから行く...
学術界での求職活動を成功に導く8つのアドバイス
閲覧済み
学術界で常勤職を得るのは簡単ではありません。大学はテニュア・トラックの職を減らして非常勤職員や臨時職員の数を増やしていますが、博士号取得者の数は世界中で年々増加しています。1つの求人に何百人もの応募があり、競争は熾烈です。学術界で足場を固めるためには、どうすれば自分に有利になるか、前もって考えることが必要です。
ポスドク研究者のためのサバイバル戦略10選
閲覧済み
ポスドク研究員という立場は、博士課程修了後に学術界でキャリアを積もうとする人にとって、見習いや訓練の機会となります。先端的な研究を行い、専門分野の知識を増やしながら、さらに給付金ももらえます。しかし、ポスドクには特有の困難も伴います。本記事では、どのような困難があるのかを確認した上で、どうしたらそれらを避けられるかを考えてみたいと思います。
米国での博士課程留学を考えている人へ:4つのアドバイス
閲覧済み
博士号取得は、ただでさえ困難に満ちた道のりです。未知の国の新しい文化の中で目指すとなると、気が遠くなってしまいそうです。知らない国で博士号やポスドクを目指すのであれば、乗り越えなければならないいくつかの困難が伴うことになります。しかし、具体的な対策をとって、対応のためのツールを用意しておけば、そのような困難を最小限に食い止めることができます。

ページ