1
2
3
4
5
6
Science Now
ガン研究を支えるサソリ毒抽出ロボット
この程、モロッコの研究チームが、サソリから毒を安全に抽出できるロボットの開発に成功しました。サソリから安全に毒を抽出する手法が開発されたことは、医療界にとって大きなニュースです。  
論文投稿とピアレビュー
強制引用の要求に対処するには: ケーススタディ
編集者は、自誌のインパクトファクターを高めるために、自誌の論文を引用するよう著者に求めることがあります。「強制引用」と呼ばれる、参考文献の典型的な不正操作について、ケーススタディで学びましょう。
学術業界ニュース
アンケートにご参加ください: 学術出版プロセスに関する著者アンケート
エディテージ・インサイトでは、現在アンケートを実施中です。目的は、論文著者が学術出版システムについてどう思っているのか、何を改善してほしいのかを学術出版界にしっかり届けることです。皆さん、ぜひご参加ください。
出版倫理
強制引用の要求にどう対処すべきか
一般に強制引用の要求は、論文が「要修正」の判定を受けた際に、その他の修正要求とともに伝えられます。著者は、これらの要求にどう対応すべきでしょうか。本記事では、編集者から強制引用を求められた場合の対処法をご紹介します。
学術業界ニュース
米国立衛生研究所、研究者への助成金に制限を設ける新方針を発表
米国立衛生研究所は、研究者が受け取れる助成金に制限を設けるための点数制度を導入する計画を明らかにしました。これについて同所は、若手や中堅の研究者がより助成金を受けやすくするための措置であると説明しています。
Science Now
恐竜の絶滅はカエルの進化にどう影響したか?
恐竜の絶滅は後の世界に数多くの影響を与えましたが、その中でも最大の驚異は、カエルの繁栄です。カエルは、6600万年前の大量絶滅、生態系の変化、大陸の分断、さらには恐竜の絶滅さえも乗り越えて、生存/繁栄を続けてきました。  
引用分析のパイオニア、ユージーン・ガーフィールド氏が死去
研究評価方法の指針を全世界に示したことで学術界に名を刻んだ引用分析のパイオニア、ユージーン・ガーフィールド氏が、2017年2月26日に91歳で死去しました。...
出版によってデータセットが公開されて(最近では複数の出版社が義務付けているようです)、著者以外の人がそのデータセットを再利用しようとする場合、...

最新記事

平均: 0
引用分析のパイオニア、ユージーン・ガーフィールド氏が死去
研究評価方法の指針を全世界に示したことで学術界に名を刻んだ引用分析のパイオニア、ユージーン・ガーフィールド氏が、2017年2月26日に91歳で死去しました。同氏が提唱したジャーナル・インパクトファクターは、当時の学術界に衝撃を与えました。
Under Science Now | By Aparna Ayyar | 904 Views | 0コメント
平均: 0
ガン研究を支えるサソリ毒抽出ロボット
この程、モロッコの研究チームが、サソリから毒を安全に抽出できるロボットの開発に成功しました。サソリから安全に毒を抽出する手法が開発されたことは、医療界にとって大きなニュースです。  

インタビュー特集

パキスタン科学アカデミー事務局長、クエイド・アザム大学(パキスタン、イスラマバード)生命工学部長。パキスタンで苦労して学位を取得した後、日本で博士号と複数の奨学金を取得。熱意に満ちた研究者として多くの支持を集め、科学的発見が人類に恩恵をもたらす可能性を信じている。生命倫理に関する活動に対し、UNESCOアヴィセンナ科学倫理賞(2015年)を受賞。これまでに300点以上の学術出版物(ジャーナル論文、学会論文、書籍など)を執筆している。

エディテージ・エッジ - 日本の未来を支える若手研究者応援コミュニティ | 研究費・研究助成

Premium Editing Service

サイエンストークス公式サイト

Sciencetalks