1
2
3
4
5
6
学術業界ニュース
エディテージがアジアのジャーナル編集者にISMTE北米/欧州年次大会への参加渡航費を補助
エディテージは、東アジア地域のジャーナル編集者を対象に、国際編集者会議(ISMTE)の2017年の第10回北米/欧州年次大会への参加渡航費を補助することを発表しました。北米年次大会は8月10、11日に米コロラド州デンバーで、欧州年次大会は11月9、10日に英ロンドンで開催されます。
キャリア形成
学会発表を成功させるための8箇条
学会での研究発表は研究者にとって重要な場であり、若手研究者の多くは、貴重な経験を積める機会として前向きに捉えています。しかし、素晴らしい機会であるのと同時に、ほとんどの参加者にとって恐ろしい場でもあります。学会発表を成功させるための鍵は、事前準備をしっかり行うことに尽きます。その準備の方法を紹介していきます。
論文出版バズワード
論文掲載料(APC)に関する誤解がOAジャーナルへの投稿を妨げる: ケーススタディ
共同著者の2人が、ジャーナルへの論文投稿をめぐって意見を対立させました。片方はOAジャーナルへの投稿を目指し、もう片方は従来の購読型ジャーナルでの出版を目指していました。このすれ違いの背景には、APC(論文掲載料)に関する誤解がありました。
学術業界ニュース
エルゼビアが新たなジャーナル評価指標「CiteScore」をリリース
大手出版社のエルゼビアは2016年12月、学術ジャーナルの質を測るための新評価指標群、CiteScoreを発表しました。ジャーナルのインパクトファクター(JIF)が信頼性を失いつつある今、今回の発表は、新たな評価方法の有効性や、適切な引用評価指標の必要性について、活発な議論を呼んでいます。
学術業界ニュース
シュプリンガー・ネイチャー社、イラン人研究者による論文58本を撤回
2016年11月1日、シュプリンガー・ネイチャー社は、イランを拠点とする著者らによる論文58本の撤回を決定したと発表しました。同社は、対象となった論文の盗作疑惑を受けて行なった調査の結果、査読とオーサーシップに明らかな不正が認められたため、これらの論文を取り下げる判断を下しました。
キャリア形成
査読者になるには: 若手研究者へのアドバイス
学術界での成功を求める若手研究者は、自分の知識やスキル、やる気を示せる機会をいつも探しています。査読者になることは、成功への階段を1段のぼることと言えます。査読は、若手研究者のキャリアアップにどのように関係してくるのでしょうか。研究者はどうやって査読者になるのでしょう?本記事では、このような質問への回答を示すとともに、査読者になりたいと願う若手研究者に役立つ、豊富なアドバイスをお届けします。
2015年4月30日に論文を投稿し、1年以上が経った2016年5月2日にリジェクトの最終判定が届きました。判定レターを読む限り、...
雑誌の危機(Serials Crisis):国立台湾大学、エルゼビア発行誌の購読を打ち切り
国立台湾大学(NTU)附属図書館は、高額な購読料を主な理由として、エルゼビアのジャーナルデータベース「ScienceDirect(サイエンスダイレクト)」...

最新記事

平均: 0
雑誌の危機(Serials Crisis):国立台湾大学、エルゼビア発行誌の購読を打ち切り
国立台湾大学(NTU)附属図書館は、高額な購読料を主な理由として、エルゼビアのジャーナルデータベース「ScienceDirect(サイエンスダイレクト)」の購読を、2017年をもって打ち切る予定であることをホームページ上で発表しました。NTUの総長、副総長、教員らも、この決定を支持しています。
平均: 0
エディテージがアジアのジャーナル編集者にISMTE北米/欧州年次大会への参加渡航費を補助
エディテージは、東アジア地域のジャーナル編集者を対象に、国際編集者会議(ISMTE)の2017年の第10回北米/欧州年次大会への参加渡航費を補助することを発表しました。北米年次大会は8月10、11日に米コロラド州デンバーで、欧州年次大会は11月9、10日に英ロンドンで開催されます。

インタビュー特集

テキサスA&M大学で科学技術ジャーナリズムに関する修士課程を統括。コミュニケーションと科学の指導に関する著書3冊を執筆。また、ロバート・A・デイ(Robert A. Day)氏との共著でHow to Write and Publish a Scientific Paperの最新版を出版した。ライティング、編集、教育、医療をテーマとする多くの記事や書籍のチャプターを執筆しており、国際科学編集者会議(CSE)の定期刊行物、Science Editorの編集にも携わる。米国メディカルライター協会(AMWA)や国際科学編集者会議(CSE)などから数々の賞を受賞し、2006年にはBELS名誉編集者に認定された。2010年、科学研究学会のSigma Xi(シグマ・カイ)からJohn P. McGovern Science and Society Awardを受賞。米科学振興協会(AAAS)評議員。

Premium Editing Service

サイエンストークス公式サイト

Sciencetalks