1
2
3
4
5
6
投稿前
出版倫理委員会(COPE) は、出版社、エディター、編集委員会のメンバーが倫理的にふるまい、学術ジャーナルの経営・ビジネス業務を専門的に行うのを支援するため、ガイドラインと文書を作成しています。COPEから出されている文書の1つには、「学術出版における透明性の原則と成功事例("Principles of Transparency and Best Practice in Scholarly...
Industry news
2014年のノーベル生理学・医学賞は、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのジョン・オキーフ(John O’Keefe)氏と、トロンハイムにあるノルウェー科学技術大学のモーザー博士夫妻に、脳の位置情報システムを構築する細胞の発見を受賞理由に、授与されました。
投稿前
ジャーナル「Cell」についての詳細をまとめてみました。投稿をお考えの方はぜひチェックしてみてください。
論文出版バズワード
剽窃は、論文の撤回理由のひとつとしてよく引き合いに出されます。けれども、どんな形の剽窃であっても、必ず撤回しなければならないのでしょうか?物性物理学者でインドの大学助成委員会で前委員長を務めていたプラビーン・チャダ博士はネイチャーに掲載されたある論文で、この興味深い問題を提起しています。
イベント
英文校正エディテージを運営するカクタス・コミュニケーションズは来る10月25日(土)に東京大学にて、「Science Talks日本の研究力を考える委員会」では、「サイエンストークス・オープンフォーラム2014、日本の研究をもっと元気に、面白く。~みんなで作る第5期科学技術基本計画~」を開催します。
アートワーク・デザイン
図は言葉による記述よりもはるかにインパクトを与える強力な視覚ツールです。図を使うことは、研究結果を伝える効果的方法です。ここでは、インパクトのある図の作り方についていくつか役に立つアドバイスをしましょう。
ここ数年、多くのジャーナルの編集部では、もっぱら社内の編集チームよりも、フリーランスの編集者を雇用するようになっている。フリーランスによる編集モデルは、...
Dr.Eddyへ。あるジャーナルに論文を投稿したのですが、不採択になってしまいました。4名の査読者からコメントをもらいました。...

最新記事

カテゴリー 投稿前 | 投稿者 Jeffrey Beall | 0 ビュー | 0コメント
平均: 0
出版倫理委員会(COPE) は、出版社、エディター、編集委員会のメンバーが倫理的にふるまい、学術ジャーナルの経営・ビジネス業務を専門的に行うのを支援するため、ガイドラインと文書を作成しています。COPEから出されている文書の1つには、「学術出版における透明性の原則と成功事例("Principles of Transparency and Best Practice in Scholarly... もっと読む
カテゴリー 学術業界のリーダー | 投稿者 Vipul Manchala | 0 ビュー | 0コメント
平均: 0
今年度ノーベル物理学賞は、青色発光ダイオード(LEDs)を開発した赤崎勇氏、 天野浩氏、中村修二氏に授与されました。青色LEDの開発により、効率がよく長持ちする光源である白色LEDを作り出すことが可能になりました。ノーベル委員会はこの発明を「革命的(revolutionary)」だとし、「21世紀は、LED電球によって照らされるだろう」と述べました。 もっと読む