1
2
3
4
5
6
論文投稿とピアレビュー
正誤表・懸念表明・撤回について知っておくべきこと
正誤表(errata)・懸念表明(expression of concern)・撤回(retraction)の深刻さは、それぞれどの程度でしょうか。 研究結果に訂正が必要とされ、論文の整合性に疑問を呈する声が上がれば、研究にプラスの影響が出ることはないでしょう。したがって、これらはできる限り避けるべきものと言えます。
論文出版バズワード
マスコミかジャーナルか―科学を歪曲しているのは誰?
一般市民が描く科学のイメージを作っているのは誰でしょうか?それは、言うまでもなくマスコミです。マスコミは、科学のイメージを歪曲しているとしてたびたび非難されてきました。しかし、悪質なジャーナリズムだけが科学の歪曲や不信の原因なのでしょうか?
論文出版バズワード
共同研究と研究開発投資の傾向:科学・工学指標の概要
科学・工学分野は世界中で大きく躍進しています。発展途上国は、研究開発投資、技術の進歩、研究成果、研究の普及といった側面で、先進国を急速に追い上げています。これらの変化を把握し、世界の最新動向を理解するために、米国国立科学財団(NSF)は2016年1月、科学工学指標2016を発表しました。
出版倫理
研究論文を匿名で出版:ケーススタディ
ある事情から、匿名での出版を希望する著者がいました。デリケートなテーマを扱っているため、自分の身に被害が及ぶ可能性があるとの懸念があったからです。匿名の出版を許可する出版社や編集者はほとんど存在しませんが、例外的に匿名出版が許可される可能性も、ないわけではありません。
学術業界リーダー
カクタス・コミュニケーションズのエディテージ米国法人代表であるドナルド・サミュラック博士と、Altmetric(オルトメトリック)の設立者/CEOであるユアン・アディー氏が対談を行いました。 インタビュー最終回の今回、アディー氏はAltmetricの始まりと進化について語っています。当初は、出版社が自社のウェブサイトにトラフィック数を示す補助手段として利用されていたAltmetricですが、...
学術業界ニュース
ジカウィルスのデータ共有に世界中の科学コミュニティが賛同
流行中のジカ熱の感染拡大を阻止しようと、主要学術ジャーナルや保健衛生団体、研究機関、資金助成機関は、ジカ熱に関するデータや研究結果を共有する宣言書に署名しています。現在のジカ熱の流行は、ブラジルで2015年初頭に始まり、その後20ヶ国以上に広がっています。
学術誌 “Blood”の概要と投稿時のアドバイス
学術誌" Blood "の概要と投稿時のアドバイスをご紹介します。Bloodは、血液学のあらゆる側面に関する原著論文を掲載しています。対象分野は、白血球疾患(...
抄録の新時代到来:グラフィカルアブストラクト・ビデオアブストラクト
過去20年で、情報を消費・処理・普及する方法は大きな変貌を遂げました。科学コミュニケーションもまた、受け手のニーズの変化に応じて変わってきました。...

最新記事

カテゴリー Know Your Journal | 投稿者 ヤティーンドラ・ジョシ | 0 ビュー | 0コメント
平均: 0
学術誌 “Blood”の概要と投稿時のアドバイス
学術誌" Blood "の概要と投稿時のアドバイスをご紹介します。Bloodは、血液学のあらゆる側面に関する原著論文を掲載しています。対象分野は、白血球疾患(良性・悪性)、赤血球疾患、血小板疾患、止血のメカニズム、血管生物学、免疫学、血液腫瘍学などです。 もっと読む
カテゴリー 論文構成 | 投稿者 カコリ・マジュムダール | 2,392 ビュー | 0コメント
平均: 0
抄録の新時代到来:グラフィカルアブストラクト・ビデオアブストラクト
過去20年で、情報を消費・処理・普及する方法は大きな変貌を遂げました。科学コミュニケーションもまた、受け手のニーズの変化に応じて変わってきました。画期的な方法の1つに、グラフィカルアブストラクトやビデオアブストラクトを利用して論文を宣伝するという方法があります。 もっと読む

インタビュー特集

クラウス・カペレ(Klaus Capelle)博士は、ブラジルABC連邦大学の学長です。独ヴュルツブルク大学で物理学の最優秀博士論文賞を受賞した後、米ニューメキシコ大学で修士号を取得しました。サンパウロ大学サンカルロス物理学研究所でポスドク研究を行なった後に教授になり、またサンカルロス化学研究所(IQSC)、米ミズーリ大学コロンビア校、英ブリストル大学、ルンド大学(スウェーデン)、独ベルリン自由大学で客員研究員を務めました。書き上げた論文は90本以上にのぼり、複数のジャーナルで編集委員を務めています。査読者として優れた仕事をしてきたことを評価され、2011年にはアメリカ化学会から感謝状を、2012年にはアメリカ物理学会から優秀論文審査員賞を授与されています。

Premium Editing Service

サイエンストークス公式サイト

Sciencetalks