1
2
3
4
5
6
英語コミュニケーション
英語がうまくないと研究の掲載が遅れる可能性があります。イギリスの週刊科学雑誌 New Scientistに掲載された最近の論文によると、英語がうまくないということは「不利な立場になる研究者を出すもうひとつの要因である。アメリカのiPS細胞研究者を牽引してきたMITのルドルフ・イェーニッシュ(Rudolf Jaenisch)によれば、アジアからの論文の中には、...
キャリア形成
どんな研究者にとっても、時間と研究資金は限りある資源です。有望な資金提供者を探していると研究への時間は取られてしまいますが、最終的に強力な経済的支援を得られれば、時間を費やしただけの価値はあるでしょう。知っている資金提供者のところに直行することもできますが、機会を広げるのは賢明なことです。
学術業界のリーダー
研究者の倫理をめぐる昨今の日本学術界の意識の高まりを受け、今回英文校正エディテージでは、イギリスよりエリザベス・ウェージャー氏を緊急招聘し、出版倫理に関するセミナーを開催することを決定しました。ウェージャー氏は、出版倫理の啓発を目的としたジャーナル編集者や学会、出版社からなる非営利団体COPE(出版倫理委員会)の議長を務めるなど、この問題について世界的に知られる専門家です。2014年7月25日(...
グローバル・トレンド
自由に研究にアクセスできるようにしようという試みに賛同する国がますます多くなり、オープンアクセス(OA) への動きはグローバル化しつつあります。 
論文出版バズワード
査読システムは何世紀もの間、科学出版の要でした。科学の出版物において何らかの形で質のコントロールを行えるのが査読であると考えられているため、たいていの高名なジャーナルでは査読を用いています。  
論文投稿とピアレビュー
学術誌に投稿される研究論文の数は著しく増加しており、ジャーナル・エディターと査読者にとって一番希少なリソース、つまり時間への要求も増し、彼らにかかるプレッシャーは非常に大きくなっています。現在のシステムでは、科学コミュニティのメンバーは無償で仲間の研究を読み、検討し、コメントしています。
専門分野でコミュニケーションをスムーズに行うために、ジャンルと言ったパターン化された文書(書いたものと口頭のものを含む)が繰り返し使われます。...
Scientific American やNew Scientist のような科学雑誌には、インパクト・ファクターがありません。けれども、...

最新記事

平均: 0
英語がうまくないと研究の掲載が遅れる可能性があります。イギリスの週刊科学雑誌 New Scientistに掲載された最近の論文によると、英語がうまくないということは「不利な立場になる研究者を出すもうひとつの要因である。アメリカのiPS細胞研究者を牽引してきたMITのルドルフ・イェーニッシュ(Rudolf Jaenisch)によれば、アジアからの論文の中には、... もっと読む
カテゴリー 英語コミュニケーション | 投稿者 Editage | 1,149 ビュー | 0コメント
平均: 0
専門分野でコミュニケーションをスムーズに行うために、ジャンルと言ったパターン化された文書(書いたものと口頭のものを含む)が繰り返し使われます。このパターン化には2つのレベルがあります。1つは全体の構成のパターン化で、もう1つは言葉や表現のパターン化です。 もっと読む
liz's insights

今週の世論調査