1
2
3
4
5
6
論文構成
研究論文を書くときに最初に行うべきことは何でしょう?そう、アウトラインを作ることです。書き始める前に枠組みができていれば、研究で得られたすべての情報やアイデアを、手際よくまとめることができます。また、アウトラインを作ることで、情報の抜けや漏れを防ぎながら理路整然と書き進められるはずです。このビデオでは、IMRAD形式(イントロダクション、方法、結果、考察、結論)...
Science Now
単位「キログラム」の不確かさを知っていますか?
思うようにダイエットが進まず、キログラムという単位の正しさを疑ったことのある方もいるかもしれません。でも、今後はそうしたモヤモヤ感も晴れそうです。というのも、国際単位系の7つの基本単位の1つであるキログラムという単位には、然るべき正確性が備わっていないからです。 
学術業界ニュース
世界中の科学サポーターが「マーチ・フォー・サイエンス」に集結
科学者たちは長い間、研究室にこもって一般社会と繋がりを持とうとしないとして非難を受けてきました。しかし、世界中の科学者、科学支援者、科学ファンたちが「マーチ・フォー・サイエンス」でともに行進を行えば、このような風潮にも変化が見られるかもしれません。
論文出版バズワード
2017年をORCIDの年にしよう!
論文の投稿時やジャーナルの査読者として登録するときに「ORCID iD」を求められた経験はありませんか?著者や査読者がORCID iDという個人識別子を持つことで、自分自身とその研究活動を結び付け、研究者としての情報を提示することができます。
学術業界ニュース
トランプ政権、気候変動に関するパリ協定からの離脱を宣言
ドナルド・トランプ米大統領は、2年前に成立したばかりの気候変動の取り組みに関するパリ協定からの離脱を宣言しました。この決定は、国内外のさまざまな機関から強い反発を引き起こしています。
論文出版バズワード
「この論文が正しいなら、現在の経済学は成り立たない」
学術出版の最前線で戦っている人々にとって、厳しいフィードバックは日常茶飯事です。ノーベル経済学賞受賞者のジョージ・アカロフ氏も、キャリアの最初の頃は、論文のリジェクトという学術界の厳しい洗礼を受けていました。
国内の英語論文ですが、投稿してから1ヶ月以上たって、statusが「with editor」からいきなり「decision in process」...
すべての査読者からのコメントを読みたいと思っているのですが、編集者が送ってくれたのは1人のコメントだけでした。その査読者からは、...

最新記事

Under Science Now | By Aparna Ayyar | 788 Views | 0コメント
平均: 0
単位「キログラム」の不確かさを知っていますか?
思うようにダイエットが進まず、キログラムという単位の正しさを疑ったことのある方もいるかもしれません。でも、今後はそうしたモヤモヤ感も晴れそうです。というのも、国際単位系の7つの基本単位の1つであるキログラムという単位には、然るべき正確性が備わっていないからです。 
平均: 0
世界中の科学サポーターが「マーチ・フォー・サイエンス」に集結
科学者たちは長い間、研究室にこもって一般社会と繋がりを持とうとしないとして非難を受けてきました。しかし、世界中の科学者、科学支援者、科学ファンたちが「マーチ・フォー・サイエンス」でともに行進を行えば、このような風潮にも変化が見られるかもしれません。

インタビュー特集

Scholasticaのコミュニティ開発コーディネーター。ブログ運営とソーシャルメディア活動の責任者。ジャーナル関係者への正しい出版慣行の啓蒙や、研究者への論文出版支援も行う。インタビューでは、現在の学術出版環境における「雑誌の危機」について述べたScholastica発表の白書「Democratizing Academic Journals: Technology, Services, and Open Access(テクノロジー、サービス、オープンアクセスによる学術誌の民主化)」について説明。また、雑誌の危機につながった原因や、科学の主要関係者たちがこの問題にどう取り組むべきかについても語っている。

エディテージ・エッジ - 日本の未来を支える若手研究者応援コミュニティ | 研究費・研究助成

Premium Editing Service

サイエンストークス公式サイト

Sciencetalks