現在地

あなたにぴったりのコンテンツが見つかるエディテージ・インサイトへ登録しよう

このコーナーでは、Dr. Eddyが英語ジャーナルにおける論文出版の基礎を説明し、また研究者の経験から得た知識を共有します。毎週、彼がジャーナル論文出版の重要なポイントについて書きます。論文出版を成功させる秘訣が満載なので、チェックしてみ下さい。

 
 
Free

投稿論文の最終判定について、編集者から次のようなコメントが届きました。「現時点では論文を出版できないという判断を下しましたが、修正を加えれば、出版に値する論文になる可能性もあります」。一方、査読者のコメントはとても分かりにくいものでした(論文を部分的にしか読んでいないようです)。

カテゴリー 論文投稿とピアレビュー | [totalcount] | 0コメント
査読者らのコメントが相反するのは決して珍しいことではありません。この場合、あなた自身がどちらの意見に賛同するかという点が重要です。自分が納得できる方に従いましょう。モデリングの改善が可能であると考えるなら、そうすべきですし、改善方法が思いつかないなら、省くことも考慮すべきです。 いずれにしても、査読者と編集者のコメントに対しては、それぞれに返答を用意する必要があります。納得できないコメントには、具体的な理由付けをしてその旨を説明しましょう。また、編集者へのカバーレターでは、相反するコメントの中から1つを選択する必要があったことと、その択の根拠を説明しましょう。 もっと読む
Free

修正した論文を、SpringerLinkのEditorial ManagerからMolecular Neurobiology誌に投稿したのですが、ステータスが「Reviewer assignment pending」になったまま15日が経過しました。これはどういう状況ですか?論文は査読者にまだ割り当てられていないのでしょうか?

カテゴリー 論文投稿とピアレビュー | [totalcount] | 0コメント
「Reviewer assignment pending」は、明らかに、論文がまだ査読に回されていない状態を意味しています。それどころか、査読者への依頼すら出されていない可能性もあるでしょう。査読が開始されるのは、ジャーナルが査読者に依頼を出し、承諾が得られた後です。この段階で、ステータスは「Under review(査読中)」に変わるはずです。しかし、査読依頼を断わられると、編集者は新たな候補者を探すことになり、さらなる時間を要します。このような状況は、学術出版界ではよくあることなので、とくに心配する必要はありません。とは言え、1ヶ月以上経ってもステータスに変化がなければ、... もっと読む
Free

Coworker(共同研究者)として投稿した論文がジャーナルにアクセプトされました。アクセプトレターをもらえるように編集者にメールを送りたいのですが、定型文などがありましたらご教示頂けますか?アクセプトレターは、responsible writer(責任著者)には送られているのですが、共同研究者には誰にも届いていません。

カテゴリー 論文投稿とピアレビュー | [totalcount] | 0コメント
ご質問にある「coworker」と「responsible writer」という言葉は、それぞれ、論文の「共著者(共同著者)」および「責任著者」を指しているものとして回答します。ジャーナルの編集者がメールのやり取りを行うのは責任著者のみであり、共著者とは連絡を取りません。ジャーナルにとって、責任著者が著者との唯一の接点となります。編集者のメッセージを共著者に伝えるのは、責任著者が果たすべき役割であり、編集者が著者全員にアクセスプトレターを送るようなことはありません。したがって、アクセプトレターが必要なのであれば、責任著者に転送をお願いするのがよいでしょう。... もっと読む

ページ