分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)
11月23日(勤労感謝の日)も通常営業

論文翻訳サンプル(和英翻訳)
日英翻訳サンプルを専門分野別にご用意しました

和英翻訳の専門分野/サービスレベル別サンプル

5つの専門分野から構成される22の専門分野、及びサービスレベル(ベーシック・スタンダード・プレミアム)別にサンプルをご用意しました。各々のサービスの日英翻訳・英文校正プロセスをステップごとにご紹介します。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

和英翻訳でよくある質問

学術論文の英語翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

翻訳の取り扱い分野は?
学術・医学の各専門分野に精通した5~10年以上の実務経歴を持つ日英バイリンガルの翻訳者が、お客様の日本語原稿の意図を十全に汲み取り、翻訳原稿へと反映していきます。 翻訳者は採用時に、翻訳の熟練度(採用テストのスコア)、翻訳実務経験の長さ、専門分野への精通度(学歴、論文出版歴など)の3つの評価ポイントから厳格に審査されます。応募してから実際に実務に配置できる翻訳者は全体の0.1%にとどまります。
日英対訳リストは提出したほうが良いですか?
対訳リストをご提出いただければ、翻訳者があらかじめそれを参照しながら専門用語やその他の用語の一貫性を保てるよう作業すること ができます。専門用語が文書に多く含まれる場合や特定の英単語に置き換えたい単語がある場合、よりご意向に適った翻訳原稿に 仕上げるために、なるべくご提出されることをおすすめしています。 添付のテンプレートをダウンロードしてお使いください。 ご提出の際は、参照ファイルとしてアップロードしてください。原稿ファイル中に含めてしまうと、文字カウントの対象となる場合がございます。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>