英文校正・英文校閲・英文チェック・英文添削・論文校正・ネイティブチェック・英語論文校正・医学論文翻訳

英文校正の再校正サービスに関するご質問

お客様から寄せられる英文校正の再校正サービスの疑問点についてお答えします


英文校正の再校正サービスについて

再校正のサービス申し込み方法や適用条件更等についてお答えします

再校正サービスとは何ですか?

エディテージが提供する再校正サービスは、お客さまの原稿を出版に向けて完璧に仕上げるための、校正者とお客さまとの共同のプロセスです。 一度英文校正を受けた原稿を、後から修正・加筆された場合、修正後の原稿に再度校正を受けて出版に適した状態にすることができるのがこの再校正サービスです。ご注文番号は、初回校正時がABCDE_1とすると、ABCDE_1_2、ABCDE_1_3、・・・のように再校正番号がついていきます。

スタンダード英文校正では、無料再校正(365日以内1回)が当日・翌日プランに適用、その他プランにはご注文時の2円/単語の追加で適用されます。

スタンダード英文校正をご利用後の再校正は、原稿全体の再校正の場合、通常価格の60%割引になります。一部分のみの再校正をご希望の場合は、その部分のみを対象とした100%課金の新注文というお取扱いになります。

プレミアム英文校正をご利用後の再校正は、加筆が20%以内であり、別ジャーナルに合わせた再フォーマッティングが必要ない限り、365日間無料にて何度でもご提供いたします。プレミアム英文校正の再校正は、全体の論理の流れと統一性を常に確認するサービスであることから、部分的な再校正はお受けできません(修正個所がメインで他の個所は必要に応じてのみ、というご指示は可能)。詳しくはこちらをご覧ください。

再校正はどのようにして申し込むか。

オンラインシステム内「ジョブ&質問」タブにある「再校正のご注文」フォームよりお申込みください。弊社で確認後、お見積り、もしくはご依頼確認のEメールを送信いたします。全校正サービス共通のフォームのため、フォーム上にはお支払い書類に関する項目がございますが、無料再校正が適用できる場合はもちろん請求は発生しません。必須項目のみ適宜ご入力の上、ご送信ください。

ジャーナルからのコメントを参考に改訂した後、別のジャーナルへ投稿したいのですが、再校正は適用されますか。

違う雑誌に投稿される場合でも、再校正/複数回校正として受け付けます。ただし、プレミアム英文校正の再校正では、次のジャーナルの投稿規程に合わせて再度フォーマッティングのやり直しをご希望の場合は、無料再校正の適用外となります。またスタンダード英文校正はの再校正は、1つのジャーナルへの投稿が対象となっており、投稿先ジャーナルが変更した場合、60%割引で再校正となります。

プレミアム英文校正の再校正を申し込んだが有料だった。なぜ?

プレミアム英文校正の無料再校正が適用外となる場合は、1年間という期間以外には2つあります:

1.原稿全体の分量が20%以上増えた場合。

2.別のジャーナルの投稿規程に合わせて、再度フォーマッティングのやり直しをご希望の場合。

有料再校正の場合、料金は、全体の分量から60%の再校正割引を引いた金額となります。

校正代金、再校正代金のお支払いについて。

ご請求は納品の度に発生し、請求書もそれぞれのご注文ごとに発行されます。もちろん、ご入金後も再校正のご注文やご質問には変わらず対応いたします。一つの原稿についての複数ジョブの請求書をまとめたい場合は、対応可能ですのでお申し付けください。

部分的な校正の新規注文を依頼する場合のファイルの送付の仕方と料金について。

原稿内の特定部分にのみ英文校正を利用される場合、英文校正を依頼される部分をハイライトして全文書を送ってください。料金は全文書ではなく、構成部分にのみ課されます。但し、この場合、校正者は指定箇所の校正に必要な個所のみを読み、全文書の参照はいたしませんので予めご了承ください。また、部分依頼をされる際には、特記事項欄に必ず明記してください。なお、プレミアム英文校正では、全体の論理の流れと統一性を常に確認するサービスであることから、部分的な校正はお受けできません(参考文献、図表など、本文以外の箇所を除外することは可能です)。

部分的な再校正を依頼する場合のファイルの送付の仕方と料金について。

スタンダード英文校正では、英文校正を依頼される部分をハイライトして全文書を送ってください。料金は全文書ではなく、構成部分にのみ課せられます。但し、再校正割引60%は適用外となります。この場合、校正者は指定箇所の校正に必要な個所のみを読み、全文書の参照はいたしませんので予めご了承ください。また、部分的な再校正のご依頼である旨を「作業範囲の指定や特記事項はありますか?」欄に必ず明記してください。

プレミアム英文校正では、全体の論理の流れと統一性を常に確認するサービスであることから、部分的な校正はお受けできません。従いまして、原則的には、部分的な再校正もお受けしておりません。再校正のご依頼フォームには、

・修正個所のみ校正(以前に校正済みの個所は必要な場合のみ校正)

・原稿全体を校正(修正個所と、以前に校正済みの個所の両方を校正)

のいずれかをお選びいただく欄がございますが、いずれも全体の再校正です。スタンダード・プレミアムいずれの英文校正の再校正も、オンラインシステム内「再校正のご注文」よりご依頼ください。