期間限定お試しサービス

論文プルーフリーディング&
投稿規定チェックサービス

英文校正は必要ない、でも投稿前の文法・句読点・タイプミス等のチェックとフォーマット調整はネイティブに頼んで安心したい。特定のお客様からいただいたご要望をもとに開発中の新サービスを期間限定で公開いたします。ぜひお試しいただき、感想をお聞かせください。

コピーエディターが低料金で論文を最終仕上げ
投稿規定チェック付きプルーフリーディングサービス

「論文の英語表現には自信があるが、念のため第三者に英語をチェックしてほしい」
「AI翻訳・校正で間に合っていて英文校正は必要ないが、投稿規定チェックは誰かに頼みたい」
低料金で安心・時短を求める著者の方にぴったりのサービスをご用意しました。
学術ジャーナルで掲載前の論文をチェックするプロのコピーエディターが、
見落としがちな文法や句読点エラーを修正し、投稿規定に合わせて体裁を整えます。

プロのコピーエディターが
万全の投稿規定チェック

学術ジャーナルの編集に携わる プロのコピーエディターが著者に代わって投稿規定をチェックし、フォーマット調整を仕上げます。

第三者目線でうっかりミスを修正
投稿前チェックの時間を短縮

しっかり校閲したと思っても見落としはあるもの。エラー修正とプルーフリーディングを得意とする担当者が抜け漏れを防ぎます。

低料金・時短!英文校閲が
不要な原稿の費用削減に効果的

英文校正までは必要ないので予算をセーブしたい、手軽に投稿規定チェックだけ受けたい、という人に最適な低価格サービスです。

こんな方におすすめ

DeepLやGrammarlyなどのAIツールを上手に活用して、自力で英文校正を済ませている方。

ご自身の英語力に自信がある方、英語ネイティブ共著者が論文チェックをしている方。

ジャーナルの投稿規定を確認してフォーマット調整やリファレンスチェックをする時間がない方。

知っていますか?

投稿前のプルーフリーディングと投稿規定チェックが効率的な論文投稿に欠かせない理由

1

世界で出版される論文のうち33%が、原稿の不備などを理由に編集者チェックの段階で著者に戻されています。

2

スペリング、句読点、文法、構文等のミスは、著者が見落としがちなエラー中でも最も多い種類のものです。

3

1度の投稿につき著者は平均10時間をかけています。修正・再投稿する毎に同じ時間がかかります。

編集者チェックの段階では、英語の基本的なミスや投稿規定フォーマットの不備ほど目につきやすいものです。編集者とコピーエディターの目線でエラーを事前に取り除いておくことで、投稿にかかる手間と時間を削減することができます。

サービス内容

論文の英文ミスがないか、投稿規定フォーマットに準拠しているかをコピーエディターの観点からチェックして、エラーのない原稿をお届けします。

論文プルーフリーディング &投稿規定チェック
スタンダード
英文校正
サービス詳細を見る
プレミアム
英文校正
サービス詳細を見る

プルーフリーディング
チェック項目

英文法
句読点
スペルミス
専門用語の一貫性

投稿規定チェックと
フォーマット調整

フォーマット調整
リファレンスチェック

文単位の英文校正

文構造
読みやすさ
ネイティブ表現
語彙選び

文書全体を俯瞰 し た英文校正

ストーリー・論理展開
内容改善のためのコメント
言語面改善アドバイス

上記以外に本サービスに含まれるもの

  • 英文正確性・投稿規定品質保証 納品原稿に英文法エラーがなく正確である こと、およびジャーナルの投稿規定に準拠していることを保証します。

本サービスに含まれないもの

  • 英文校正証明書の発行
  • 納品後の再校正サービス
  • 校正者への質問サービス

サービスの流れ

01 お見積フォームから原稿をアップロード

メールで料金と納期をご案内いたします。お客様からのご発注後に作業を開始します。

02 プルーフリーディングと投稿規定チェック

コピーエディターが英文の最終チェックをし、投稿規定に従ってフォーマット調整。

03 原稿の納品

お客様専用のオンラインシステムからチェック済みの原稿を納品いたします。

納品後アップグレード 20%割引

コピーエディターが原稿のプルーフリーディング作業を行った結果、原稿の英文の状態によっては追加で英文校正の利用をおすすめする場合がございます。その際は、カスタマーサービスよりアップグレード20%割引クーポンをご提供いたします。

料金・納期

単語数

4,000単語以下

4,001単語以上

料金(税抜)

1単語 3円

納期

2営業日

4,001単語以上の原稿は

2,000単語につき1営業日追加

お見積もり・ご注文フォーム

*免責事項:本サイトで掲載されている雑誌/出版社など第三者の商標権(ロゴやアイコンを含む)は、それぞれの所有者に帰属します。第三者の商標の使用は、その第三者との提携、第三者からのスポンサーシップや支持を示すものではありません。第三者の商標を参照する目的は、対応するサービスの識別であり、商標法に基づく公正な使用とみなされます。本サービスの購入により雑誌への掲載が保証されるということはありません。

SOLUTIONS BY

Cactus Communications. All Rights Reserved