19年間で50万人の研究者をサポート

エディテージは、創業以来研究者第一で皆様の成功を支援してきました。研究者の成功は、ジャーナルに投稿する論文の準備だけではなく、それ以上のものが必要だと私たちは考えます。

研究者の皆さまへ、新たに、さらに広範囲に及ぶ支援を誓うため、私たちのブランドアイデンティティであるロゴを再定義しました。皆様の研究人生を豊かにするソリューションを揃えたエコシステムResearcher.Lifeをご紹介します。

でPower of More ー「もっと」の力をあなたに

皆様一人一人にパーソナライズされた一つの統合されたプラットフォーム

Researcher.Lifeを体験する

研究活動のあらゆる場面でしっかりサポート

01
興味・関心分野の研究フィード

研究活動に関連するアップデートを見逃さないように、1日3件のおすすめ研究文献を受け取る。

02
高品質な言語、投稿支援サービス

英文校正、学術翻訳から研究出版の全工程サポートまで、専門家によるサービスを提供。

03
AIによる原稿の最適化

論文がリジェクトされる原因となるミスを事前に修正する

04
スマート・ジャーナル・ファインダー

論文にマッチしたターゲットジャーナルを見つけ、リジェクトされないように類似性インデックスチェックを受ける。

05
研究者のグローバルコミュニティ

アカデミアの仲間とつながり、一緒に成長する。

06
研究者向けに構成されたオンラインコース

1日たった15分で、専門性の高いスキルと個別のスキルをマスターすることができます。

R Discoveryで検索の手間を省き、より多くの文献を読む

皆様一人一人のために選ばれた関連論文を読む

PubMed、CrossRefなどから集められた8,000万件以上の文献から、自分の専門分野の論文を読む。

  • 大学・研究機関購読で論文全文にアクセスできます。

  • Zoteroなどの引用管理ソフトウェアからリーディングライブラリをインポートできます。

R PubsureとEditageで出版目標達成を目指す

ジャーナル投稿前に論文の完成度を高める

あなたにパーソナライズされた 専門家による論文投稿支援を受ける。

  • 専門分野に特化した3,000人以上のエキスパートチームによる英文校正・学術翻訳・投稿支援サービス。

論文の投稿前に 原稿の完成度をチェックする。

  • 言語
  • 剽窃の有無
  • 論理構造
  • 参考文献とその他...

論文に最適なジャーナルを見つける。

10,000誌以上のジャーナルを網羅したジャーナル検索ツール

  • ジャーナル指標SJR, SNIP, h-Index, CiteScore

  • 信頼性の指標CrossRef, Scopus, Web Of Science, DOAJにインデックス

  • 最新の論文CrossRef, Scopus, Web Of Scienceにインデックス

Shruti Turner on managing work life balance during PhD

Rajyashree Sundaram

National Institute of Advanced Industrial Science & Technology, Japan

“The best part of the new platform is that WE – ALL THE MEMBERS of R Voice – have a part to play – in not just creating the content, but also in improving the platform.”

国際的な研究者コミュニティ

研究者どうし、お互いに支え合う。

アカデミアに携わるすべての人がつながり、共有し、支援し、成長するための場所です。

研究者に特化したオンラインコースでスキルアップ

研究の専門家による100以上のコースで、あなたのキャリアを加速させましょう。

Researcher.Lifeで研究の目標を達成

  • 投稿前の素晴らしいチェックリストと洗練されたデザイン

    学術論文を書くのが楽になり、私は感動しました。初回チェックの結果は62%。20分間かけて修正した後のチェックでは68%。さらに45分後には74%の結果に。非常に心強いサービスだと思います。

    Yuliya Shtaltovna

    ELTA Berlin-Brandenburgのトレーナー、講師、副会長兼コムズリーダー(ベルリン)

  • R Voiceは、私の博士号取得までの道のりを共に歩み、心の支えとなってくれました。

    I get chances to learn and improve my academic writing skill through 'Shut Up and Write' event and a discussion session on reviewing a manuscript with Karen Hall. I also am connected to people with similar academic background, so that I can add my knowledge. Several mental health webinars helped me to understand about myself better. Wrapped in a short statement,
    Researcher Voice is A・W・E・S・O・M・E

    Yufita Dwichinta

    北海道大学大学院環境科学院の博士(日本)

  • 現在、7本の原稿を同時進行で書いています。

    頭の中で素晴らしいアイデアが浮かんでもそれを上手く文章化する能力がありませんでした。私は原稿執筆のコースを受講し、最後のメールを受け取る頃には、自分の論文執筆スキルがとても上達したことを実感できました。

    Ikenna Alban,

    ラゴス州立大学教育病院の医師(ナイジェリア)

Researcher.Lifeであなたの目標に近づいてみませんか?

様々なソリューションの総合力をResearcher.Lifeで体験してください。

Researcher.Lifeを体験する

*免責事項:本サイトで掲載されている雑誌/出版社など第三者の商標権(ロゴやアイコンを含む)は、それぞれの所有者に帰属します。第三者の商標の使用は、その第三者との提携、第三者からのスポンサーシップや支持を示すものではありません。第三者の商標を参照する目的は、対応するサービスの識別であり、商標法に基づく公正な使用とみなされます。本サービスの購入により雑誌への掲載が保証されるということはありません。