Editage
お問い合わせ・営業時間 新規アカウント作成 ログイン
研究支援 英文校正 AIツール 学術翻訳 投稿支援 組織向けソリューション その他のサポート

Microbial Pathogenesis

eISSN: 1096-1208pISSN: 0882-4010

提出の準備ができているかを確認する

あなたの原稿が 24 件の技術準拠性チェックと 6 件の言語品質チェックに対してどのように適合しているかを確認します。

主要な指標

CiteScore
6.6
Eigenfactor
0.01 - 0.05
Impact Factor
< 5
SJR
Q2Microbiology
SNIP
1.08
Time to Publish
time-to-publish グラフを見る
4  Mo

ジャーナル概要

概要
  • 出版社
    ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD
  • 言語
    English
  • 発行頻度
    Monthly
基本情報
View less
公開までの時間
Time to publish distribution
2022年に発表された記事
Time to publish index
ヶ月論文発表
0-3 37%
4-6 42%
7-9 16%
>9 5%

トピックス

Oxidative stress
Virus
Pneumonia
Virulence
Biofilm
Antimicrobial
Diarrhea
Lipopolysaccharide
Minimum inhibitory concentration
Essential oil
Escherichia coli
Immunization
Nuclear magnetic resonance spectroscopy
Staphylococcus
Breast milk
Antigen
Cancer
Staphylococcus aureus
Candida albicans
Mastitis

最新の論文

年刊

よくある質問

Microbial Pathogenesis の創刊はいつですか。 Faqs

Microbial Pathogenesis の創刊は 1986 年です。

Microbial Pathogenesis の発行頻度は。 Faqs

Microbial Pathogenesis の発行頻度は Monthlyです。

Microbial Pathogenesisの出版社はどこですか。 Faqs

Microbial Pathogenesis の出版社はACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTDです。

Microbial Pathogenesisの指標はEditage内のどこで確認できますか。 Faqs

Microbial Pathogenesis の主な指標はEditage内の本ページ上部で確認できます。

Microbial PathogenesisのeISSNとpISSN番号はなんですか。 Faqs

Microbial PathogenesisのeISSN番号は1096-1208、pISSN番号は 0882-4010です。

このジャーナルのメインとぴっくはなんですか。 Faqs

このジャーナルはOxidative stress, Virus, Pneumonia, Virulence, Biofilm, Antimicrobial, Diarrhea, Lipopolysaccharide, Minimum inhibitory concentration, Essential oil, Escherichia coli, Immunization, Nuclear magnetic resonance spectroscopy, Staphylococcus, Breast milk, Antigen, Cancer, Staphylococcus aureus, Candida albicans, Mastitisを含むトピックに対応しています。

研究内容に合った適切なジャーナルを選ばなければならない理由は何ですか。 Faqs

適切なジャーナルを選ぶことで、あなたの研究内容がもっと関連性が高い読者層に届き、研究のインパクトやその分野への貢献度を最大化させることができるからです。

どのジャーナルを選ぶかは今後のキャリアに影響を与えますか。 Faqs

はい、著名なジャーナルから出版することは、あなたの経歴にもプラスに働くため、その後の助成金やキャリアプランにも影響があります。

よりハイインパクトのジャーナルを狙うべきですか。 Faqs

ハイインパクトジャーナルから出版することはより多くの人の目に研究が触れることになりますが、同時に高い競争率の中から出版に漕ぎつける必要があります。そのため、インパクトファクターと出版にかかる工数のバランスを考慮するべきです。