Editage
お問い合わせ・営業時間 新規アカウント作成 ログイン
研究支援 英文校正 AIツール 学術翻訳 投稿支援 組織向けソリューション その他のサポート

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering

eISSN: 1932-2143pISSN: 1932-2135

提出の準備ができているかを確認する

あなたの原稿が 24 件の技術準拠性チェックと 6 件の言語品質チェックに対してどのように適合しているかを確認します。

目的と範囲

The Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering is a peer-reviewed scientific journal published by John Wiley & Sons on behalf of Curtin University of Technology. Until 2006 it was known as Developments in Chemical Engineering and Mineral Processing and published (in print only) by Curtin University of Technology. The current editor-in-chief is Moses O. Tadé (Curtin University of Technology). Less

主要な指標

CiteScore
2.3
Impact Factor
< 5
SJR
Q3Chemical Engineering (all)
SNIP
0.53
Time to Publish
time-to-publish グラフを見る
3  Mo

ジャーナル概要

概要
  • 出版社
    WILEY
  • 言語
    English
  • 発行頻度
    Bi-monthly
基本情報
View less
公開までの時間
Time to publish distribution
2022年に発表された記事
Time to publish index
ヶ月論文発表
0-3 50%
4-6 47%
7-9 2%
>9 0%

トピックス

Aqueous solution
Bentonite
Simulation
Atmospheric pressure
Heat exchanger
Drug infusion
Charcoal
Computational fluid dynamics
Enhanced oil recovery
Char
Phenomenological model
Flow field
Iron ore sintering
Zeolite
Silybum marianum
Data processing
Heat transfer
Petroleum coke
Processing cost
Virial coefficient

最新の論文

年刊

よくある質問

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering の創刊はいつですか。 Faqs

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering の創刊は 2006 年です。

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering の発行頻度は。 Faqs

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering の発行頻度は Bi-monthlyです。

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineeringの出版社はどこですか。 Faqs

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering の出版社はWILEYです。

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineeringの出版方針と研究範囲はどこで確認できますか。 Faqs

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineeringの出版方針と研究範囲は本ページ上部で確認できます。

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineeringの指標はEditage内のどこで確認できますか。 Faqs

Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering の主な指標はEditage内の本ページ上部で確認できます。

Asia-Pacific Journal of Chemical EngineeringのeISSNとpISSN番号はなんですか。 Faqs

Asia-Pacific Journal of Chemical EngineeringのeISSN番号は1932-2143、pISSN番号は 1932-2135です。

このジャーナルのメインとぴっくはなんですか。 Faqs

このジャーナルはAqueous solution, Bentonite, Simulation, Atmospheric pressure, Heat exchanger, Drug infusion, Charcoal, Computational fluid dynamics, Enhanced oil recovery, Char, Phenomenological model, Flow field, Iron ore sintering, Zeolite, Silybum marianum, Data processing, Heat transfer, Petroleum coke, Processing cost, Virial coefficientを含むトピックに対応しています。

研究内容に合った適切なジャーナルを選ばなければならない理由は何ですか。 Faqs

適切なジャーナルを選ぶことで、あなたの研究内容がもっと関連性が高い読者層に届き、研究のインパクトやその分野への貢献度を最大化させることができるからです。

どのジャーナルを選ぶかは今後のキャリアに影響を与えますか。 Faqs

はい、著名なジャーナルから出版することは、あなたの経歴にもプラスに働くため、その後の助成金やキャリアプランにも影響があります。

よりハイインパクトのジャーナルを狙うべきですか。 Faqs

ハイインパクトジャーナルから出版することはより多くの人の目に研究が触れることになりますが、同時に高い競争率の中から出版に漕ぎつける必要があります。そのため、インパクトファクターと出版にかかる工数のバランスを考慮するべきです。