原稿の校閲と校正

原稿の校閲と校正

まだ出版されていない書籍、研究論文、報告書などの文書を、原稿と呼びます。出版価値の高い文書には通常、複数回の修正作業を行うのが普通です。必ず専門分野のエキスパートが作業にあたる校閲サービスを選ぶようにしましょう。

原稿はどうやって書けばいいの?

まずは、テーマについて徹底的に調べましょう。そのテーマに関するあらゆる文献を読んでください。次に、読者層を把握しましょう。読者や将来の出版元が、あなたの著作物に何を望んでいるのかを考えましょう。書籍を出版するにせよ研究論文を発表するにせよ、出版元が何を求めているのかを知ることが肝要です。また、出版元の指定フォーマットを確実に守るようにしましょう。

なぜ原稿の校正が大事なの?

学術コミュニティにおけるあなたの印象は、あなたの出版物の質に正比例します。校閲サービスを依頼すれば、執筆時間を大幅に節約できます。原稿に不備があれば出版は見送りとなり、ミスがあるまま出版されれば、周りの人に面目が立ちません。出版で一か八かの賭けは禁物です。専門分野の知識を備えたエディターは、原稿をミスのない状態に仕上げることができます。

原稿の校閲サービスはどう役立つの?

通常、オンラインの校閲サービスでは、原稿の英文をチェックします。私たちの専門的な校正・校閲サービスでは、対象の専門分野に詳しいエキスパートが作業にあたります。さらに、校閲された原稿を社内のシニアエキスパートが見直して校正し、依頼者に戻す前に、見落としがないかどうかをチェックします。言語や時間の制約があっても、あらゆるコミュニケーションのニーズに応じた様々な水準のサービスが用意されているので、安心です。

原稿の校正とは?

大舞台のために高価なシャツを買ったとしても、アイロンがかかっていなければ、あなたの印象は台無しです。校正されていない原稿は、しわくちゃのシャツのようなものです。校正では、原稿中のほんの些細なミスも見逃しません。原稿の文章の品質は、内容と同じくらい重要です。ほんの小さな間違いであっても、意図した意味が変わってしまい、分かりにくくなることがあります。エキスパートが原稿を校正することで、スペルミス、句読点の抜け、くだけた言い回し、スペースの間違いなど、あらゆるミスを解消できます。
私たちのエディターは、非常に有能な英語ネイティブです。エディターのほとんどは、それぞれの専門分野で著者として論文を出版した経験を持っています。シニアエディターは論文の校正に長年携わり、品質の維持に貢献してきました。私たちは、ライバルたちが簡単には真似できない納期と品質を保証しています。校正サービスの選択は決して簡単ではありません。私たちは、著者のニーズに基づく幅広いオプションをご用意しています。複数の価格帯と、お急ぎの納品プランも取りそろえています。