英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)
8月12日(振替休日)もお盆も通常営業

エディテージのトップジャーナル英文校正
研究内容まで踏み込んだ英語論文校正

トップジャーナル英文校正の特長

トップジャーナル英文校正は、ジャーナルでの査読経験がある研究分野のエキスパートとプレミアム英文校正の校正者が、ジャーナル受理に向けて、英文校正の枠を超えて、研究内容まで踏み込んで論文の改善ポイントを多角度からご提案。

  • 研究分野と言語分野の
    エキスパートによるコラボ校正

    査読者経験がある研究分野のエキスパートとジャーナルの好みを理解したプレミアム英文校正の校正者が、投稿前に論文を徹底的に評価します。

  • 科学的な観点から論文の
    研究内容を徹底解析

    論文を科学的観点から分析し、ウィークポイントを纏めた詳細レポートを付属。投稿前に査読者視線のレビューが受けられます。

  • ジャーナルが好む特有の
    文体と表現に仕上げます

    投稿先ジャーナルの好みを徹底分析し、通常の英文校正ではカバーできない文体・表現まで踏み込んだ英文校正を実現。

  • 万が一のリジェクトも
    安心の投稿サポート

    修正原稿の精査、査読返信メールの校正、フォーマット調整を投稿ジャーナルが変わっても365日間何度でも無料対応。

トップジャーナル英文校正の特長

担当する校正者:研究分野とジャーナル英文校正のエキスパートによるコラボ

研究分野のエキスパート

ジャーナルでの査読歴がある校正者が、投稿先ジャーナルの査読者視線で論文の完成度を上げるための改善ポイントを徹底的に分析、詳細サポートを作成。

ジャーナル英文校正のエキスパート

プレミアム英文校正を担当する校正者の中から、投稿先のジャーナルが好む文体や表現の分析・応用が可能な一部のエキスパートのみを採用。

トップジャーナル英文校正を担当するための7つのステップ

  • Step 1

    言語に関するテストを通過: グラマーに対する十分な知識・理解し易い英語への校正

  • Step 2

    専門分野に関するテストを通過: 専門性の高さ(専門用語・分野特有の言い回し)

  • Step 3

    校正トレーニングを通過: 品質基準を満たすために必要な重要ポイントを習得

  • Step 4

    実務テストを通過:4段階評価で4つの原稿を校正 ※実務テストの原稿をお客様に納品することはございません。

  • Step 5

    校正者としてデビュー後の入念な品質チェック: 最初の4つの原稿は納品前に厳しく品質精査

  • Step 6

    論理に踏み込んだ英文校正が行えるかの最終テストを通過
    上記5つのテストを通過した校正者の中で、論文全体の流れを理解した上で、論文の構成や論理展開まで踏み込んだ英文校正を行える一部のエキスパート校正者のみがプレミアム英文校正の原稿を担当します。

  • Step 7

    ジャーナル査読経験がある校正者のみがトップジャーナル英文校正を担当
    トップジャーナル英文校正の校正者は上記で示した全てのステップを通過したエキスパート英文校正者の中から、ジャジャーナルでの査読歴がある英文校正者のみが担当します。

校正範囲:文体や表現のジャーナル最適化に加え、論理構造まで踏み込みます

  • 投稿先ジャーナルが求める特有の文体や表現に最適化
    トップジャーナル英文校正のみに適用
  • 言語面(語彙選択・文法)
  • 学術論文に適した語調
  • 研究の有用性の明確さ
  • 科学的な表現の明確さ
  • 投稿規程に基づいたフォーマット調整
  • 引用のスタイルチェック
  • 学術論文の構造(論理性・流れを最適化)

特別サポート:ジャーナル投稿前に改善ポイントを洗い出しますトップジャーナル英文校正のみに適用

  • 論文完成度評価レポート:査読者視線で論文3つのポイントから改善点をご提案。
    例えば、下記のような点をレポート内で指摘します。
    • イントロダクションで述べられた課題は、実験デザインと研究成果で結論付けられているか、矛盾していないか。
    • 過去の同様の研究成果で障壁となった点を今回の研究成果がどのように解消したか。
    英語と
    プレゼンテーション
    研究の中心的
    議論の強み
    ジャーナル
    投稿条件への準拠
  • 論文完成度チェックリスト:5つのポイントから論文を科学的に評価。
  • 研究に対する明確、かつ具体的な目的・課題が明記されているか確認
  • 関連する過去の研究成果が全て引用されているか、論文に引用すべき研究成果がないか確認
  • 研究目的に対して、一貫したアプローチで研究を行えているか、研究デザインが課題の解決に対してふさわしいか確認
  • データは理解し易しく、正しいフォーマットで作成されているか、図表は効果的に使われているか確認。
  • 重要な研究成果が正しく強調されているか確認。

安心サポート:ジャーナル投稿、査読プロセスの負担を軽減するサポートが充実

再投稿あんしんパック:ジャーナル受理に向けてエディテージが下記サービスを1年間無制限でサポート。

査読コメント対策

言語レベルの英文チェックだけで無く、修正論文を査読者からのフィードバックと比較し、要求通りの修正ができているかを1年間回数無制限で確認。査読者へのレスポンスレターの英文校正も対応します。

再投稿時のフォーマット調整

万が一のリジェクトの場合もご安心ください。1年間回数無制限でジャーナル指定のフォーマットに調整します。通常、2回目以降のフォーマット調整は、4,500円(税抜)での対応となります。

料金と納期スピード: トップジャーナル英文校正

単語数 料金(税抜) 納期
3,500単語以下 25円/単語 6営業日
3,501単語以上 3,501単語以上の原稿は、
600単語につき1営業日追加

トップジャーナル英文校正を担当する英文校正者のプロフィール(一部)

医学・医療学

Jeffrey Alexander

査読・編集歴があるジャーナル

  • Journal of Applied Gerontology (2014-2016)
  • Physical Medicine & Rehabilitation (2015)
  • International Journal of Chronic Obstructive
  • Pulmonary Disease (2014-2015)
  • Journal of Thoracic Disease (2014)
  • American Journal of Public Health (2009-2012, 2014-2016)

学歴

Doctorate in Curriculum & Instruction/ Exercise & Wellness (2003) from Arizona State University Mesa, Arizona USA

経歴

  • Faculty/Assistant/Associate Professor (Full time) at A.T. Still University (2006-present)
  • Cardiac rehabilitation/Research Exercise Specialist (Full time) at Banner Heart Hospital (2005-2007)
  • Adjunct Faculty (Part time) at Chandler-Gilbert Community College (2004-2005)
  • Faculty/Assistant Professor (Full time) at Indiana State University (2003-2004)

出版ジャーナル

  • GeroPsych: The Journal of Gerontopsychology and Geriatric Psychiatry
  • Journal of Physician Assistant Education
  • Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention
  • Military Medicine
  • Journal of Neuroscience Nursing

Mithun Khattar

査読・編集歴があるジャーナル

  • America Journal of Transplantation (2012-present)
  • Expert Review of Clinical Immunology (2012-present)
  • Critical Reviews in Microbiology (2012-present)

学歴

Doctorate in Biomedical Sciences (2011) from University of Toledo, OH, USA

経歴

  • Scientist at Agenus Inc. (2015-Present)

出版ジャーナル

  • GeroPsych: The Journal of Gerontopsychology and Geriatric Psychiatry
  • Journal of Physician Assistant Education
  • Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention
  • Military Medicine
  • Journal of Neuroscience Nursing

生化学

Bradley Mitchell

査読・編集歴があるジャーナル

  • Journal of Virology (~25 yr experience)
  • Journal of Infectious Diseases (~25 yr experience)
  • Investigative Ophthalmology and Visual Sciences (~25 yr experience)
  • Journal of Ophthalmology (~25 yr experience)
  • Medical Mycology (~25 yr experience)

学歴

PhD Post-Doctorate in Viral Pathogenesis at UCLA School of Medicine

経歴

  • Assist Prof/Principal Investigator, Baylor College of Medicine from 1996 to 2006.
  • Co-Director Sid Richardson Ocular Microbiology Laboratory, Baylor College of Medicine/ Cullen Eye Institute from 2000 to 2006
  • Biomedical Research Consultant in Eclipse I. S. from 2006 to current

出版ジャーナル

  • Journal of Virology
  • Journal of Immunology
  • Virology
  • Journal of Infectious Diseases
  • Investigative Ophthalmology and Visual Sciences

Elma Feric

査読・編集歴があるジャーナル

  • Microbial Drug Resistance
  • PLOS ONE

学歴

Doctorate in Genetics and Bioengineering from International Burch University

経歴

  • Senior Teaching Assistant at International Burch University (2014-2017)
  • Associate Scientist at Amgen, Inc. (2010-2014)
  • Senior Research Associate at Amgen, Inc. (2008-2010)
  • Research Technician at Mass. General Hospital/Harvard Medical School (2005-2008)

出版ジャーナル

  • Journal of Medicinal Chemistry
  • Psychiatria Danubina
  • Microbial Drug Resistance
  • Eurosurveillance
  • PLOS ONE
  • Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters
  • Journal of Medicinal Chemistry
  • Journal of Cell Biology

化学

Frank Hollinger

査読・編集歴があるジャーナル

  • J. Med. Chem. 2010-present
  • Bioorg Med Chem Letters 2000-present

学歴

PhD (organic and computational chemistry), Columbia University

経歴

  • FRESH Directions Consulting, LLC (Wayne, PA – October 2007 – Present)
  • Founder & CEO
    • Sphaera Pharma Pte. Ltd. (Singapore) [Parent company]
      Vice President, Informatics, Computation and Operations
    • Locus Pharmaceuticals, Inc. (Blue Bell, PA)
      Director, Computational Chemistry (Technology & Informatics Department)
    • Wyeth Research (Pearl River, NY)
      Senior Research Scientist II, Computer-Assisted Drug Design (Biological Chemistry)
    • Schering-Plough Research Institute (Kenilworth, NJ)
      Associate Principal Scientist, CADD (Chemical Research, Dept. of Structural Chemistry)

出版ジャーナル

  • Novel Triazine Compounds (PCT/ US 20150197515) Sundeep Dugar; Dinesh Mahajan; Frank P. Hollinger; Amit Sharma; Vinayak Tripathi; Bilash Kuila (2015).  [Selective PI3K/ mTOR Inhibitors for Oncology]
  • Synthesis and evaluation of pyrrolotriazine based molecules as PI3 kinase inhibitors. Sundeep Dugar, Frank P. Hollinger, Bilash Kuila, Reena Arora, Somdutta Sen, Dinesh Mahajan: Bioorg. Med. Chem. Lett. (2015) 25 (16), 3142-3146 DOI:10.1016/j.bmcl.2015.06.007.
  • Novel compounds, their synthesis and their uses (PCT/ US 20150252027) Sundeep Dugar; Frank P. Hollinger; Dinesh Mahajan; Rhushikesh C. Deokar (2015).
  • Discovery of Novel and Orally Bioavailable Inhibitors of PI3 Kinase Based on Indazole Substituted Morpholino-Triazines. Sundeep Dugar, Frank P. Hollinger, Dinesh Mahajan, Somdutta Sen, Bilash Kuila, Reena Arora, Yogesh Pawar, Vaibhav Shinde, Mahesh Rahinj, Kamal K. Kapoor, Rahul Bhumkar, Santosh Rai, and Rakesh Kulkarni: ACS Med. Chem Lett. Article ASAP,(2015) DOI:10.1021/acsmedchemlett.5b0032.
  • Substituted methylformyl reagents and method of using same to modify physicochemical and/ or pharmacokinetic properties of compounds (PCT/ US 20140121367) Sundeep Dugar, Dinesh Mahajan; Frank P. Hollinger (2014) 115 pp. [Prodrug technology platform]

物理学

Richard Prestage

査読・編集歴があるジャーナル

  • SPIE Conference Proceedings

学歴

Doctorate, Astronomy, University of Edinburgh, Edinburgh, United Kingdom

経歴

  • Research Assistant Professor, West Virginia University, 2018
  • Scientist, Green Bank Observatory, 2016-2017
  • Scientist, National Radio Astronomy Observatory, 1999-2016

出版ジャーナル

  • Monthly Notices of the Royal Astronomical Society
  • Publications of the Astronomical Society of Australia
  • Publications of the Astronomical Society of the Pacific
  • Proceedings of the IEEE
  • Astronomy and Astrophysics
  • Astrophysical Journal

材料科学

Martin Fairbank

査読・編集歴があるジャーナル

  • Journal of Science and Technology for Forest Products and Processes (2011-present)

学歴

Doctorate in Chemistry from the University of Victoria, Canada

経歴

  • Senior Technical Advisor at Resolute Forest Products (1985-2015)

出版ジャーナル

  • Pulp and Paper Canada (1988, 2004, 2006, 2017)
  • Journal of Cleaner Production (2005)
  • Cellulose Chemistry and Technology (1987)
  • TAPPI Journal (1999, 2000)
  • Canadian Journal of Chemistry (1985)
  • Served as a journal editor or been on the editorial board: Journal of Science and Technology for Forest Products and Processes (2011-2018)

植物学・動物科学

Freya van Kesteren

査読・編集歴があるジャーナル

  • PLOS ONE
  • Parasitology
  • Hystrix
  • Journal of Mammalogy
  • Frontiers in Zoology

学歴

Doctorate in Biology from University of Salford (2015)

経歴

  • Research assistant in University of Salford (2011-2015)
  • Post-doctoral research fellow in University of Michigan (2015-2017)
  • Research Assistant in Nottingham Trent University (2017)

出版ジャーナル

  • Parasitology
  • Integrative and Comparative Biology
  • Journal of Mammalogy
  • Frontiers in Ecology and the Environment
  • BioScience

経済学

Giorgia Palladini

査読・編集歴があるジャーナル

  • Economic Systems (2011–2014)
  • Review of Economics & Finance (2011–2014)
  • Journal of Empirical Finance (2011–2014)

学歴

PhD in Economics from University of Genoa

経歴

  • Researcher in Economics (2011-present)
  • Master Thesis Supervisor, Economics and Finance (2017-present)
  • Editor (2016, present)

出版ジャーナル

  • National Bureau of Economic Research

心理学

Daniel Barulli

査読・編集歴があるジャーナル

  • Journal of the International Neuropsychological Society
  • Journal of Neurology
  • Journal of Neurological Sciences

学歴

Doctorate in Psychology from Columbia University, US

出版ジャーナル

  • Trends in Cognitive Sciences
  • Journal of the International Neuropsychological Society
  • PLOS ONE
  • Neurobiology of Aging

論文完成度評価レポートについて

論文完成度評価レポートでは、下記3つのポイントから総合評価。

例えば、下記のような点から論文の研究成果を評価、指摘します。

  • イントロダクションで述べられた課題は、実験デザインと研究成果で結論付けられているか、矛盾していないか。
  • 過去の同様の研究成果で障壁となった点を今回の研究成果がどのように解消しているか。

英語と
プレゼンテーション
研究の中心的
議論の強み
ジャーナル
投稿条件への準拠
論文完成度評価レポートの詳細はこちら

論文完成度評価レポート 目次サンプル

トップジャーナル英文校正の校正サンプル

トップジャーナル英文校正では、校正者が論文全体の流れを理解した上で、論文の論理構造まで踏み込んだ校正を行う他、投稿先ジャーナルの規定や好まれる文体・表現を分析、反映します。

専門分野別の納品サンプル(校正サンプル・論文完成度評価レポート・カバーレター)

  • ダウンロードファイルには、下記ドキュメントが含まれます。

英文校正 | 論文完成度評価レポート | カバーレター

トップジャーナル英文校正サービスに関してよくあるご質問

英文校正についてお客様からよくお聞きする質問を幾つかご紹介します

エディテージの英文校正者はどのような人たちですか?
エディテージの英文校正者は、4つの能力評価テストによる厳しい選抜により選ばれた、学術論文校正のプロです。博士号・修士号取得者、医師、生命科学分野の英文校正の国家資格であるBELS認定取得者、学術論文出版の経験者など、学歴、研究経験または校正能力において優れた者のみを採用しています。39%のスタッフは実際、校正者になる前に以前研究に携わっていました。その分野の優れた知識と経験、英語力を持ち、アカデミック・コミュニケーションに情熱を持つ校正スタッフでチーム構成されています。
英文校正の取り扱い分野は?
エディテージでは、1,200以上の専門分野とその隣接分野、およびそれらの分野間をまたいだ学際的な研究分野の英文校正に対応可能です。 全専門分野を束ねる20の英文校正チーム、Editage Center of Excellence (エディテージ・センターオブエクセレンス)が、お客様の論文の専門分野にもっとも合った校正者を2名選出し、ダブルチェックによる論文校正を行います。

自動お見積り・ご注文はこちら

単語数の入力で料金・納期を今すぐにご確認いただけます

お見積り・ご注文・お問い合せ
03-6868-3348
平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)
Email Us