英文校正エディテージを提供するカクタスコミュニケーションズのCEO、Anurag Goelからのご挨拶

CEOからのご挨拶

Growth through effective communicationを目指して

エディテージのウェブサイトへようこそ。

CEO 弊社は、英語ソリューションサービスを個人、法人のお客様に提供いたしております。私どもの信条は「効果的なコミュニケーションを通じて成長する」ことで、これは私どもがこれまで心掛けてきたことであり、また達成しようと努力を重ねていることでもあります。弊社は2002年に英文校正サービスの専門企業として誕生し、現在では、英語教育やテープ起こしなど英語を基盤とした関連サービスまで事業を幅広く展開しております。

私どもが現在このように多くのサービスを提供できるようになったのも、お客様から信頼と激励をいただくことができたからであり、お客様には大変感謝しております。弊社のサービスにご満足いただいているお客様が多数いらっしゃることは、私どもにとって非常に大きな励みであり、また、お客様にご満足いただくことは、より優れた付加価値を提供するために尽力する弊社の社員たちにとって当然の義務でもあります。優れたスペシャリスト集団であり、常に全力で何事にも取り組む弊社の社員と働くことは、私にとってもやりがいある経験です。また彼らの完璧さを求める強い熱意と独創性は、弊社をご利用の際に実感いただける点ではないかと存じます。

エディテージのウェブサイトは、お客様に最適なサービスをお選びいただくために、また弊社について皆様にご理解いただけるように作られています。当ウェブサイトをご覧いただく際、弊社のビジネスプロセスと意思決定における一貫したテーマにご注目いただければ幸いです。第一に、私どもは何をおいても最高品質の維持を最重視しております。第二に、私どもは、お客様それぞれのご要望にお応えいたします。大企業、中小企業、個人のお客様、それぞれに合ったソリューションを提供し、お客様のご要望に常に応じられるよう日々尽力しております。第三に、全ての案件に対して公正に取り組み、料金以上の価値をお客様に提供するために全力で努力いたします。

弊社の社員は皆、組織の成長と発展に役立つ試みを取り入れるために常に積極的に取り組んでおり、社員、サービスが常に高いレベルを維持できるよう、社内プロセスの構築、見直し、改善に努めて参りました。例えば、日々の校正作業に使用されるスタイルを蓄積し、社内専用のスタイルガイドを作成したり、また、将来的には英語という言語に数多く存在するニュアンスをわかりやすくするための教育用フォーラムの開設も考えております。これらは数多くあるエディテージによる画期的な試みのうちのほんの一部の紹介です。また、こういった取り組みは部署ごとに管理されておりますが、「自分たちが誇りを持てるサービスを提供する」という考えに基づき、堅固なプラットフォーム構築を目指すという目標は全社共通のものです。

以上、最後にインドの有名な桂冠詩人であるRabindranath Tagoreの"...tireless striving stretches its arms towards perfection."(たゆみのない努力が、その腕を熟練の域にまで到達させる)という言葉を引用して締めくくらせていただます。

弊社を代表し、エディテージのウェブサイトへご訪問いただきたことにあらためて感謝すると共に、皆様のご要望にお応えする我々の姿勢を、直接ご体験いただけますことを心よりお待ち申しております。

Anurag Goel

CEO
E-mail:
anuragg@editage.com

CEO紹介

アメリカ合衆国、フィラデルフィアのペンシルバニア大学にてコンピューター・サイエンス学位、ウォートンビジネススクールにてファイナンスの学位を取得後、ニューヨークのドイツ銀行ファイナンス部門に勤務。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニー のオランダ、インド勤務。ファイナンス部門と戦略実践部門のコンサルタントとして、ヨーロッパ、中東、オーストラリア、ニュージーランド、東アジア各国でのプロジェクトに従事。2002年にカクタスコミュニケーションズを設立。