login
IE image
The browser version you’re using is not supported

Switch to one of these browsers for the best experience and to access Editage services today

無料AI翻訳サービス

専門分野の用語など、学術翻訳に強い無料のAI翻訳が登場。無料で今すぐ翻訳!

他の無料AI翻訳ツールより優秀
高精度な翻訳
その場ですぐ翻訳

原稿を5分以内に無料で翻訳

万全のセキュリティ

当社のシステムはISO-ISMS認証を取得しており、サービスには当社の 個人情報保護方針が適用されます。

対応可能なファイル形式

docx - MicrosoftWord文書

対応可能なファイルサイズ

最大10MBまでのファイル
最大100万文字までの日本語文書

Note: エディテージの品質保証は、無料AI翻訳には適用されません。無料AI翻訳後に推奨される英文校正サービスを選択することで、業界最高水準の品質保証によってジャーナル投稿用の論文へ仕上げることができます。

エディテージの無料AI翻訳をおすすめする理由

日本の研究者や学生の多くは、学術向けではない無料AI翻訳ツールを使って学術論文を翻訳しています。これらのツールを使うと瞬時に無料で翻訳することはできますが、専門的な文章を正確に翻訳することはできません。学術向けではない無料AI翻訳ツールを使って翻訳をした論文は、品質が劣るだけでなく、しばしばジャーナルからネガティブなフィードバックを受け取ることになります。

エディテージは、20年以上にわたって研究者の皆さまの論文出版をご支援してきました。高精度な日本語から英語へのAI翻訳で、お客様の原稿を5分以内に無料で翻訳いたします。

他の無料AI翻訳ツールに比べ学術翻訳が高精度

5分以内に論文全体を瞬時に翻訳することが可能

学術論文のクイック・レファレンス、 ドラフト翻訳(ジャーナル論文投稿用ではありません)

1300以上の専門分野に対応する無料AI翻訳

ニッチなトピックや学際的なトピックを含む、主要5領域の1,300以上の分野をカバーしています

医学・医療分野

専門分野:200+

専門家:800名+

470,000稿以上の実績

生命科学分野

専門分野:100+

専門家:800名+

280,000稿以上の実績

物理化学・工学分野

専門分野:250+

専門家:1000名+

420,000稿以上の実績

人文社会学分野

専門分野:500+

専門家:800名+

420,000稿以上の実績

ビジネス・経済分野

専門分野:100+

専門家:300名+

75,000稿以上の実績

エディテージの実績

創業20年、
170万稿原稿の経験

世界191ヶ国、70万人以上のお客様にご利用いただいている信頼の英文校正、英文校閲、論文投稿サポートブランドです。

100%品質保証、
ISMS認定

英語品質が理由でジャーナルからリジェクトされないよう保証します。また、ISMS認証取得済の英文校正業者です。

納品速度は業界最高
レベル

厳しいスケジュールで学術論文を執筆される皆様のご要望にこたえるべく、業界最速レベルの英文校正、論文翻訳納期を実現。

業界の専門家や出版社等のパートナーからの厚い信頼

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 東北大学
  • 名古屋大学
  • 北海道大学
undefined

論文出版・学術業界の情報も発信中

エディテージインサイトは論文執筆を含む投稿プロセスに関する情報を発信するポータルサイトです。情報収集に加え、3,000件以上の研究や出版に関する資料に無料でアクセスできます。

  • 記事

  • よくある質問

  • ウェビナー

  • ポッドキャスト

  • 動画

  • ラーニング

  • インフォグラフィック

  • プレゼンテーション

お見積り・ご注文・お問い合せ

平日・祝日 9:30~24:00 土 12:30~21:30 (論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

電話

直接話をしたい時はこちら

0120-50-2987

チャット

その場で返事が欲しい時はページ右下のチャットをご利用ください。

Eメール

メールでのお問い合わせはこちら

submissions@editage.com

*免責事項:本サイトで掲載されている雑誌/出版社など第三者の商標権(ロゴやアイコンを含む)は、それぞれの所有者に帰属します。第三者の商標の使用は、その第三者との提携、第三者からのスポンサーシップや支持を示すものではありません。第三者の商標を参照する目的は、対応するサービスの識別であり、商標法に基づく公正な使用とみなされます。本サービスの購入により雑誌への掲載が保証されるということはありません。