再校正サービス

条件付きアクセプト、共著者からのフィードバック時に役立つ再校正

再校正サービスについて

最初の英文校正が完了した後も、査読者や指導者、共著者からのフィードバックに伴い、原稿の書き直しが発生することがあります。このような場合に英語論文の再校正が必要となる場合があります。エディテージの再校正では、英文校正済みの箇所にお客様が加えられた変更の確認を目的とし、原稿を出版に適した状態にいたします。

再校正サービスの適用条件について

再校正サービスの適用条件はご利用いただくサービスによって異なります。査読者や共著者とのやりとりが多く発生することが想定される場合は、回数無制限のプレミアム英文校正以上をお勧めします。スタンダード英文校正では、事前に追加料金をお支払いいただくことで、割安に再校正をご利用いただくことが可能です。再校正は前回エディテージで校正作業を行ったものに適用されます。

トップジャーナル英文校正

サービスの詳細を見る

原稿の1回目の校正納品翌日から365日以内であれば回数無制限

プレミアム英文校正

サービスの詳細を見る

原稿の1回目の校正納品翌日から365日以内であれば回数無制限

スタンダード英文校正

サービスの詳細を見る

当日納品プラン・翌日納品プランの場合

  • 校正納品翌日から365日以内に1回無料
  • 加筆が元原稿から20%以内(※1)
  • フォーマット調整が生じない場合(※2)

英文校正初回注文時に+2円/単語で追加した場合

  • 校正納品翌日から365日以内に1回無料
  • 加筆が元原稿から20%以内(※1)
  • フォーマット調整が生じない場合(※2)

納品後に再校正を別途ご注文いただく場合

  • 60%割引で対応
  • 加筆が元原稿から20%以内(※1)

いづれの場合も
365日間有効!

  • ※1:お客様の修正済み原稿に新たに加筆された箇所が大量に見受けられた場合、該当箇所の再校正に追加費用が発生する場合がございます。
  • ※2:本サービスは、1つのジャーナルへの投稿が対象となっております。別ジャーナルへの再フォーマッティングをご依頼される場合の条件などはこちらのページからご覧ください。 フォーマット調整 >>

ご利用方法

  • エディテージオンラインシステムにログインして、「再校正のご注文」からリクエストをお送りください。もしくは、再校正希望の旨を明記の上、メールで修正原稿をお送りください。宛先:submissions@editage.com
  • 一部の再校正を行う場合でも、論文全体をお送りください。校正者は文脈を理解した上で最適な校正をいたします。

再校正サポート付き英文校正サービスのお見積り・ご注文はこちらから

スタンダード英文校正プレミアム英文校正トップジャーナル英文校正

お見積り・ご注文・お問い合せ

平日・祝日 9:30~24:00 土 12:30~21:30 (論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

電話

直接話をしたい時はこちら

0120-50-2987

チャット

その場で返事が欲しい時はページ右下のチャットをご利用ください。

Eメール

メールでのお問い合わせはこちら

submissions@editage.com