エディテージの最新ニュース

2019年

SAGE Publishingとエディテージが提携を発表 2019910

新たな提携を通じて、論文著者は論文投稿支援サービスおよび研究成果のプロモーションサービスの利用が可能になります。

2019910 : SAGE Publishing はエディテージ(カクタスが運営する国際的な学術コミュニケーションブランド)と提携し、高品質な論文投稿支援サービスおよび研究成果のプロモーションサービスを提供する運びとなりました。この論文投稿支援サービスには、原稿のフォーマット調整、翻訳、英文校正、剽窃チェック、グラフィック調整が含まれており、費用と時間の両面において効率的に、期限内の論文投稿をサポートします。

さらに、論文が出版された後はインフォグラフィックやビデオアブストラクトを用いて、政策立案者や、助成団体、企業、メディア、一般社会に研究成果を広めるサポートを行います。これらのサービスは、SAGE Author Services 上の新たな専用サイト(英語および中国語)からお申し込みいただけます。

このパートナーシップを開始するにあたり、エディテージの出版社・学術機関対応部門ディレクターであるニケシュ・ゴサリア(Nikesh Gosalia)は次のように述べています。「学術出版業界はオープンアクセスの推進というパラダイムシフトに直面しています。論文の投稿数が年に6%以上増加している現状とも相まって、論文投稿支援サービスと研究成果のプロモーションサービスへの期待はさらに高まっています。SAGE Publishing とともに、世界中の研究者の論文作成をお手伝いし、目標とするジャーナルからの受理率を高め、そして研究成果のインパクトを高めるお手伝いができると考えています」