ログイン
論文の「伝える力」を最大限に発揮する 英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348月~金・祝 11:00~24:00 / 土 12:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)


累計1万4000部発行で好評を得た「英文校正会社が教える英語論文のミス100」の続編の登場です。本書では、前作に対して寄せられた読者の声に応え「生命科学・生物医学」「人文科学・社会科学」「物理学・化学・工学」の分野別にミスを解説。さらに、論文の著者のミスだけではなく、査読者や編集者の問題も取り上げ、よりよい査読コメントの書き方や著者とのコミュニケーションのあり方についても紹介しています。

書籍情報

タイトル:英文校正会社が教える英語論文のミス 分野別強化編
著者名:エディテージ 著 熊沢美穂子 訳
価格:2,000円 (税込 2,160円) )
ISBN: 978-4-7890-1664-3 
発行日: 2017-04-20
紀伊國屋ウェブストアでも好評発売中!
英語論文英文校正ブック促進

書籍の目次

Chapter1:生命科学・生物医学分野のミス

校正にトライ!

  1. スタイルや慣例のミス
    - 一般性のない略語や誤った略語・略号を使う
    - 化学・生化学用語の表記が不正確
    - ジャーナルの指定とは異なる単位を使う
    - 大文字と小文字の使い分けが不正確
    - 製品や製造元の詳細情報を記載していない
    - 生物名を記述する際に二名法の慣例を守っていない
  2. 専門用語のミス
    - 意味が類似した用語を混同している
    - 専門用語のコロケーションがおかしい
    - 文脈や分野によって異なる意味を持つ用語に対する理解不足
    - 専門分野に特有の表現を理解していない
    - すたれてしまった時代遅れの用語を使う
    - 国際的に一般的ではない用語を使う
    - 論文にふさわしくない非科学的用語を使う

Chapter2:人文科学・社会科学分野のミス
校正にトライ!
  1. スタイルや慣例のミス
    - 大文字と小文字の使い分けが不正確
    -人文科学で許容される表現の理解不足
    - 専門分野に特有の時制の使い方を理解していない
    - 言語学の記号の使い方が不正確
    - 強調のための斜体や引用符を使いすぎる - 数式などの表記ルールを忘れている
  2. スタイルや慣例のミス
    - イギリス英語とアメリカ英語を使い分けられていない
    - コロケーションがおかしい
    - 専門用語の使い方が不正確

Chapter3:物理学・化学・工学分野のミス
校正にトライ!
  1. スタイルや慣例のミス
    - 大文字と小文字の使い分けが不正確
    - 記号の使い方が不正確 
    - 立体や斜体、スペースなどの使い方が不正確
    - 数学などの論文で変数が定義されていない
  2. 専門用語のミス
    - つづりや意味などが類似した用語を混同して使う
    - 専門用語の使い方が不正確
    - 専門分野に特有の表現を理解していない
    - 主語と動詞の呼応がおかしい 190
    - 専門用語のコロケーションがおかしい
Chapter4:その他の学術原稿のミス
  1. 学会ポスターのミス
    - タイトルが曖昧で興味を持ってもらえない
    - 文字の色やサイズがタイトルにふさわしくない
    - レイアウトが視線の自然な流れに合っていない
    - 文字の詰め込みすぎで余白がない
    - 視覚的要素が過剰で読みづらい
    - ミス37 見直しが不十分でミスが残っている
  2. 学会発表論文のミス
    - 原著論文と同じように書いてしまう
    - タイトルや内容が学会のテーマにふさわしくない
  3. 助成金獲得のための研究プロポーザルのミス
    - 研究内容が助成機関のミッション実現に貢献しない
    - 助成機関を説得するためのポイントが欠けている
    - 専門用語の使いすぎで審査するメンバーに内容が伝わらない
    - 助成機関のガイドラインにしたがっていない
  4. 志望動機書(SOP)のミス
    - 自分自身についての基本的な情報が欠落している
    - 志望動機が紋切り型で具体性に欠ける
    - 文体や表現が志望動機書にふさわしくない
    - 曖昧な表現や美辞麗句を使う
    - 効果を考えていない引用句が多い
  5. 書評のミス
    - 書籍がジャーナルの対象範囲と合っていない
    - 著者や書籍の背景に関する情報が欠落している
    - 批評として公正さを欠いている
    - 書籍の内容の繰り返しになっている
  6. 症例報告のミス
    - 症状や治療についての背景説明が不十分
    - 症例の詳細(case description)に必要な情報が不足している
    - 症例の新奇性が強調されていない
    - 読者が考察に求める情報が欠落している

Chapter5:査読者・ジャーナル編集者のミス
  1. 査読者のミス
    - 論文を十分理解せずに査読コメントを書く
    - コメントの根拠が示されていない
    - 論文の悪い点だけを指摘し、よい点に触れない
    - 文体が査読コメントにふさわしくない
  2. ジャーナル編集者のミス
    - 投稿規定に矛盾があってわかりづらい
    - 論文の投稿システムや審査プロセスに関する情報がない
    - 著者とのコミュニケーションが不十分
    - リジェクトの理由が説明されていない定型レターを送る
    - 問題にトライ 解答・解説

英文校正会社が教える
英語論文のミス
分野別強化編

書籍サンプル 

ミス 10 専門分野に特有の表現を理解していない

特別コラム:これから研究者を目指す方へ

研究者として持続的に研究成果を世界に向けて発信していくためには、世界の学術業界の動向を把握しておくことも大切です。
エディテージの「Insights」は、学術論文、学術出版に関するトレンド情報を日本の研究者に伝えるポータルサイトです。是非ご活用ください。

学術論文・学術出版の最新情報:エディテージ・インサイト

以下のページでは、エディテージインサイトのトピックから「学術論文執筆」に関する投稿をステップ毎にまとめました。これから研究論文を書き始める方のご参考にご利用ください。

・学術論文の書き方:英語論文執筆に関するまとめ

発売記念プレゼントキャンペーン  

「英文校正会社が教える英語論文のミス 分野別強化編」の発売を記念してプレゼントキャンペーンを実施しています。応募者の中から抽選で20名の方に同書籍をプレゼント。


プレゼント:「英文校正会社が教える英語論文のミス 分野別強化編」
当選者数:20
締切:2017630
当選発表:当選発表は発送をもってかえさせていただきます。

プレゼントキャンペーン応募フォーム