Q&A with エディテージ:研究論文のメソッドのセクションで剽窃を避けるには?

論文のメソッドとマテリアルのセクションを書く際、多くの研究者は、特に一般的に使用されている方法論を採用する場合、方法論の詳細を独自の方法で説明することに苦労します。しかし、過去に発表された内容を真似ることは剽窃とみなされ、深刻な学術的・知的犯罪となるため、絶対に避けなければなりません。

このビデオでは、エディテージのエキスパートであるNiaが、特に研究論文のメソッドのセクションで剽窃を避けるための実践的なヒントをいくつか紹介します。

1)オリジナルであること

メソッドのセクションを書くとき、研究方法の詳細を記述する言葉は限られているように思えるかもしれませんが、英語は豊かな言語であるため、代替手段を見つけることができます。研究を拡張するために他の出版物を参照したり、特定の学術的な書き方に従ったりすることは、一般に容認されています。しかし、そのような文章をそのまま使って剽窃となることを避けるには、原文を明確に理解し、そのメソッドが自分の研究にどのように適用できるかを理解することが必要です。そうすることで、創造的かつユニークな言い換えが可能になり、メソッドのセクションだけでなく、原稿の他の部分でも自分の言葉を使えるようになります。また、シニアエキスパートのNiaは、メソッドのセクションの内容が、以前に発表した自分の研究と重複しないよう注意を促しています。これは学術出版では自己剽窃と呼ばれ、研究論文のリジェクトや撤回といった悪い結果を招く可能性があります。

2)代替手段を探す

類似の方法論的プロセスに言及する場合、言い換えは研究での剽窃を避けるための強力なテクニックになります。引用符を使ったり、著者に直接言及したり、情報の出典や読者が詳細を知る方法を明示したりすることも、メソッドのセクションでコンテンツを再利用する優れた方法です。どの方法を選ぶにせよ、出典を正確に引用し、書誌事項を照合して間違いがないことを確認しましょう。結局のところ、出典を引用することは、科学論文を書く際に剽窃を避ける最も簡単な方法の1つなのです。

異なる研究間で使用されるメソッドは、研究論文の他のセクションよりも類似している可能性が高いため、どの程度の重複が許容されるかは、ジャーナル編集者の裁量によりケースバイケースで決定されます。これはジャーナル固有の方針にもよるかもしれません。しかし、この短いビデオで説明したヒントやテクニックを適用して、研究原稿の剽窃の可能性を回避することが賢明です。

英文校正・英文校閲のエディテージ

Let's share this post !

この記事を書いた人

目次