英文校正会社が教える 英語論文のミス100 特設サイト。サンプルやキャンペーン情報など
ログイン
論文の「伝える力」を最大限に発揮する 英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348月~金・祝 11:00~24:00 / 土 12:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

英文校正会社が教える
英語論文のミス100

世界に通用する論文にブラッシュアップ! 

どんなに優れた研究内容でも、英語論文にミスが多ければアクセプトは望めません。本書は、46万稿の英文校正実績を持つエディテージが日本人研究者が執筆した100本の英語論文を分析。基本的だけれど日本人研究者がおかしがちなミスを網羅し、査読者に好感を持たれる英語論文の書き方を指南します。研究者に限らず、英語の正しい書き方を学びたい方にもお薦めの一冊です。

書籍情報

祝!増刷。発売後僅か3週間で増刷が決定しました。
タイトル: 英文校正会社が教える 英語論文のミス100 
著者名: エディテージ 著  熊沢美穂子 訳
価格: 2,000円(税込2,160円)
ISBN: 978-4-7890-1627-8 
発行日: 2016-02-05
紀伊國屋書店ウェブストアでも好評発売中!
英語論文英文校正ブック促進

書籍の目次

Chapter1:論文を書く前に
  1. 先行研究を徹底的に洗い出す
    - ケーススタディ
    - 効果的な文献検索の戦略をたてるためのヒント
  2. 倫理問題をクリアする
    - ケーススタディ
    - 重大な倫理的問題を回避するためのヒント
  3. 出版計画をたてる
    - ケーススタディ
    - 適切な出版計画をたてるためのヒント
  4. ジャーナルを選ぶ
    - ケーススタディ
    - ジャーナル選びのヒント
  5. 論文出版に関するFAQ
    - Dr.Eddyに質問しよう!

Chapter2:論文執筆中のミス
  1. 英語と専門表現のミス
    - 文法のミス
    - 文構造のミス
    - 文体のミス
    - 単語の使い方のミス
    - 見直し不足によるケアレスミス
    - 専門用語のミス
    - 科学表現のミス
    - 倫理のミス
    - 句読法とキャピタライゼーションのミス
  1. 論文の校正と体裁に関するミス
    - 論文全体によくあるミス
    - タイトルのミス
    - アブストラクトのミス
    - イントロダクションのミス
    - 材料と方法のミス
    - 結果のミス
    - 考察のミス
    - 図表のミス
    - フォーマットとレイアウトのミス

Chapter3:論文を書き終えたら
  1. 英文校正・翻訳サービスを使う
    - なぜ英文校正・翻訳サービスを使うのか
    - 英文校正サービスの上手な使い方
    - 翻訳サービスの上手な使い方
  2. 投稿パッケージの準備
    - ケーススタディ
  3. ジャーナルとのコミュニケーション
    - 投稿前の問い合わせ
    - 原稿のステータスの追跡
    - 査読コメントのへの対応
    - 再投稿
  4. ORCIDやソーシャルメディアで露出度を高める
    - ORCIDとは何か
    - ソーシャルメディアを活用する
  5. 論文投稿とジャーナルとのコミュニケーションに 関するFAQ

書籍サンプル 

Chapter2 論文執筆中のミス 1.英語と専門表現のミス
【ミス42:フォーマルさを意識して不正確な単語を使う】より抜粋
  • 校正者の知恵!

    - フォーマルな語に直す際は意味が適切かどうかに注意すべし

    多くの著者が、「シンプルな語はすべて科学論文では不適切であり、複雑でフォーマルな響きを持つ語に置き換えるべきだ」と誤解しています。ほかの類義語よりもフォーマルな響きを持つ語は、問題なく使えることがほとんどですが、正確さが失われてしまう場合もあります。

  • 【避けるべき】

    - We investigated (現象全般を検討する際に使う) the levels of isoflavonoids in soybean at different growth stages.

  • 【好ましい】

    - We measured the levels of isoflavonoids in soybean at different growth stages.
    (我々は、異なる成長段階にあるダイズのイソフラボノイドの値を測定した。)

    コメント:investigateは、平凡なmeasureにくらべて、複雑で重厚な単語に思えるかもしれません。しかし、単に化合物の値を測定しただけなら、measureを使うのが妥当です。
  • 【例】

    - We investigated the possibility of weather being influenced by these changes.
    (我々は、天候がこれらの変化の影響を受けている可能性を調査した。)

    -We investigated the causes of sustained attention deficit in these children.
    (我々は、これらの子供たちに継続的に注意欠陥が見られる原因を調べた。)

特別コラム:これから研究者を目指す方へ

研究者として持続的に研究成果を世界に向けて発信していくためには、世界の学術業界の動向を把握しておくことも大切です。
エディテージの「Insights」は、学術論文、学術出版に関するトレンド情報を日本の研究者に伝えるポータルサイトです。是非ご活用ください。

学術論文・学術出版の最新情報:エディテージ・インサイト

以下のページでは、エディテージインサイトのトピックから「学術論文執筆」に関する投稿をステップ毎にまとめました。これから研究論文を書き始める方のご参考にご利用ください。

・学術論文の書き方:英語論文執筆に関するまとめ

お知らせ

「英文校正会社が教える英語論文のミス100」に関するお知らせを掲載いたします。