分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

社会学・人類学の英和翻訳サンプル
人文社会学チームが対応する英日翻訳・英文校正

社会学・人類学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

社会学・人類学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Reciprocity is the basis of all social relations. “Understanding reciprocity is indispensable for understanding all social forms, such as communities, organizations, families, and political systems” (Kolm 2008: 5). Accordingly, the construct is widely encountered in the social sciences, as shown by a search for the term reciprocity in titles, abstracts, and keywords of published academic articles and reviews listed in the Social Science Citation Index® (SSCI), excluding editorial materials, proceedings papers, book reviews, and similar texts (Figure 1). The number of hits in the SSCI’s subject categories suggests that psychology, economics, sociology, management and business, and anthropology are the primary fields of reciprocity research. The priorities in these disciplines have shifted over time. In the 1990s most contributions came from psychology– a finding we attribute to the extremely wide application of the reciprocity concept in that discipline, which encompasses areas of inquiry ranging from clinical psychology and gerontology to organizations and management. Since the turn of the millennium, however, economics has led the research on reciprocity. We believe this rapid ascendance is due to the soaring number of publications in quantitative empirical and experimental research in economics, a field in which the hitherto accepted action model –rational choice – is being challenged and empirically expanded. Contributions from the other disciplines, including management and business, have numerically increased at a moderate pace (partly because their databases give wider overall coverage than do those in economics). Our analysis of publication volume clearly shows that reciprocity is a fundamental concept anchored in a variety of social sciences. However, the history of the construct differs from one discipline to the next. To trace these traditions bearing on the study of reciprocity, we conducted a simple citation analysis that identified the core literature in the dominant branches of research. The ranking in Table 1 is based on the “classical” works, those most frequently cited in the journal articles tracked in Figure 1.

(316)

https://link.springer.com/article/10.1007/BF03342741

互恵性はすべての社会関係の基礎である。「互恵性を理解することは、共同体、組織、家族、政治システムなど全ての社会形態の理解にとって不可欠である」(Kolm 2008: 5)。よって、互恵性という用語を編集後記、学会発表論文、書評、それに類するテキストを除く、Social Science Citation Index®SSCI)の一覧に表示される出版済みの学術論文およびレビューのタイトル、論旨、キーワードで検索すると分かるように、この構成概念によく遭遇する。(図1SSCIの題目のカテゴリーのヒット件数は、心理学、経済学、経営学およびビジネス、そして人類学が互恵性の研究の主要分野であることを示している。このうち、どの分野が優先されるかは時間とともに変わってくる。1990年代におけるこの概念への貢献の大部分は心理学に帰せられるが、これは、この分野における互恵性の概念の極めて広範に渡る適用に帰せられる所見であり、臨床心理学から老年学、そして組織学及び経営学に至る幅広い研究分野を包括するものである。しかし、世紀の変わり目から、経済学が互恵性の研究を先導するようになった。急速に築かれた経済学のこのような優位性は、従来受け入れられてきた行為モデル(合理的選択)に対する異議申し立てがなされ経験的に拡張された分野である、経済学における、質的で経験・実験的研究の出版の急増によるものであると考えられる。経営学やビジネスを含む別の分野からの貢献が緩やかなペースで数の上で増大した(これは、部分的には経営学やビジネスのデータベースの方が、全体として経済学のデータベースよりも広範に及ぶものであったためである)。出版の分量に関する我々の分析は、互恵性が様々な社会科学に基礎付けられた基礎的な概念であるということをはっきりと示している。しかし、この構成概念の歴史は分野によって異なる。互恵性の研究に関するこのような歴史を辿るため、我々はこの概念の主要な研究分野の主要文献を同定する単純な引用分析を行った。表1のランキングは、図1で追跡した学会誌論文で最も頻繁に引用された「古典的」研究に基づくものである。

互酬互恵性はすべての社会関係の基礎である。「互酬互恵性を理解することは、共同体、組織、家族、政治システムなど全ての社会形態の理解にとって不可欠である」(Kolm 2008: 5)。そのためよって互恵性という用語を編集資料編集後記、学会発表論文、書評、それに類するテキストを除Social Science Citation Index®SSCIの一覧に表示に含まれるされる出版済みの学術論文およびレビュー総説のタイトル、論旨、キーワード内で互恵性という用語を検索すると分かるように、社会科学ではこの構成概念によく遭遇する。(図1SSCIの題目のカテゴリーのヒット件数を見ると、心理学、経済学、経営学およびビジネス、そして人類学が互酬互恵性の研究の主要分野であることを示している。このうち、これらのどの分野のそれぞれの中での優先事項されるかは時間とともに変わってくる1990年代におけるこの概念へ互酬研究の貢献の大部分は心理学に帰せられるがであったが、これは、臨床心理学から老年学、そして組織経営にまで至る心理学の極めて幅広い研究分野でこの分野における互酬互恵性の概念の極めて広範に渡る適用に帰せられる所見でありされたためだと考えられ、臨床心理学から老年学、そして組織学及び経営学に至る幅広い研究分野を包括するものである。しかし、世紀の変わり目2000年以降から、経済学が互酬互恵性の研究を先導するようになった。急速に築かれた経済学のこのような優位性は、従来受け入れられてきた合理的選択理論行為モデル(合理的選択)に対する異議申し立て唱え実証経験的に拡張されている分野である経済学において、ける、質的実証的、経験・実験的研究の出版急増によるものであると考えられるしたことが、互酬研究における経済学の優位性が急速に築かれた原因であると考える。経営学やビジネスなど、を含む別の分野からの互酬研究への貢献緩やかなペースで数増大した(これは、部分的には経営学やビジネスのデータベースの方が、全体として経済学のデータベースよりも広範に及ぶものであったためである)。出版の分量に関する我々の分析は、互酬互恵性が様々な社会科学に基礎付けられた根付いた基礎的な概念であるということをはっきりと示している。しかし、この構成概念の歴史は分野によって異なる。互酬互恵性の研究に関するこのような歴史を辿るため、我々はこの概念の主要な研究分野の中核となる主要文献を同定する単純な引用分析を行った。表1のランキングは、図1で追跡した学会誌論文で最も頻繁に引用された「古典的」研究に基づくものである。

互酬互恵性はすべての社会関係の基礎である。「互恵性を理解することは、共同体、組織、家族、政治システムなど全ての社会形態の理解にとって不可欠である」(Kolm 2008: 5)。よって、互酬互恵性という用語を編集後記、学会発表論文、書評、それに類するテキストを除く、Social Science Citation Index®SSCI)の一覧に表示される出版済みの学術論文およびレビューのタイトル、論旨、キーワードで検索すると分かるように、この構成概念によく遭遇する。(図1SSCIの題目のカテゴリーのヒット件数は、心理学、経済学、経営学およびビジネス、そして人類学が互酬互恵性の研究の主要分野であることを示している。このうち、どの分野が優先されるかは時間とともに変化すわってくる。1990年代におけるこの概念への貢献の大部分は心理学に帰せられるが、これは、この分野における互酬互恵性の概念の極めて広範に渡る適用に帰せられる所見であり、臨床心理学から老年学、そして組織学及び経営学に至る幅広い研究分野を包括するものである。しかし、世紀の変わり目から、経済学が互酬互恵性の研究を先導するようになった。急速に築かれた経済学のこのような優位性は、従来受け入れられてきた行為モデル(合理的選択)に対する疑問が沸き上がり異議申し立てがなされ経験的に拡張された分野である、経済学における、定量的で経験・実験的研究の出版の急増によるものであると考えられる。経営学やビジネスを含む別の分野からの貢献の量緩やかなペースで徐々に数の上で増大した(これは、部分的には経営学やビジネスのデータベースの方が、全体として経済学のデータベースよりも広範に及ぶものであったためである)。出版の分量に関する我々の分析は、互恵性が様々な社会科学に基礎付けられた基礎的な概念であるということをはっきりと示している。しかし、この構成概念の歴史は分野によって異なる。互恵性の研究に関するこのような歴史を辿るため、我々はこの概念の主要な研究分野の主要文献を同定する単純な引用分析を行った。表1のランキングは、図1で追跡した学会誌論文で最も頻繁に引用された「古典的」研究に基づくものである。

Reciprocity is the basis of all social relations. “Understanding reciprocity is indispensable for understanding all social forms, such as communities, organizations, families, and political systems” (Kolm 2008: 5). Accordingly, the construct is widely encountered in the social sciences, as shown by a search for the term reciprocity in titles, abstracts, and keywords of published academic articles and reviews listed in the Social Science Citation Index® (SSCI), excluding editorial materials, proceedings papers, book reviews, and similar texts (Figure 1). The number of hits in the SSCI’s subject categories suggests that psychology, economics, sociology, management and business, and anthropology are the primary fields of reciprocity research. The priorities in these disciplines have shifted over time. In the 1990s most contributions came from psychology– a finding we attribute to the extremely wide application of the reciprocity concept in that discipline, which encompasses areas of inquiry ranging from clinical psychology and gerontology to organizations and management. Since the turn of the millennium, however, economics has led the research on reciprocity. We believe this rapid ascendance is due to the soaring number of publications in quantitative empirical and experimental research in economics, a field in which the hitherto accepted action model –rational choice – is being challenged and empirically expanded. Contributions from the other disciplines, including management and business, have numerically increased at a moderate pace (partly because their databases give wider overall coverage than do those in economics). Our analysis of publication volume clearly shows that reciprocity is a fundamental concept anchored in a variety of social sciences. However, the history of the construct differs from one discipline to the next. To trace these traditions bearing on the study of reciprocity, we conducted a simple citation analysis that identified the core literature in the dominant branches of research. The ranking in Table 1 is based on the “classical” works, those most frequently cited in the journal articles tracked in Figure 1.

(316)

https://link.springer.com/article/10.1007/BF03342741

互恵性はすべての社会関係の基礎である。「互恵性を理解することは、共同体、組織、家族、政治システムなど全ての社会形態の理解にとって不可欠である」(Kolm 2008: 5)。よって、互恵性という用語を編集後記、学会発表論文、書評、それに類するテキストを除く、Social Science Citation Index®SSCI)の一覧に表示される出版済みの学術論文およびレビューのタイトル、論旨、キーワードで検索すると分かるように、この構成概念によく遭遇する。(図1SSCIの題目のカテゴリーのヒット件数は、心理学、経済学、経営学およびビジネス、そして人類学が互恵性の研究の主要分野であることを示している。このうち、どの分野が優先されるかは時間とともに変わってくる。1990年代におけるこの概念への貢献の大部分は心理学に帰せられるが、これは、この分野における互恵性の概念の極めて広範に渡る適用に帰せられる所見であり、臨床心理学から老年学、そして組織学及び経営学に至る幅広い研究分野を包括するものである。しかし、世紀の変わり目から、経済学が互恵性の研究を先導するようになった。急速に築かれた経済学のこのような優位性は、従来受け入れられてきた行為モデル(合理的選択)に対する異議申し立てがなされ経験的に拡張された分野である、経済学における、質的で経験・実験的研究の出版の急増によるものであると考えられる。経営学やビジネスを含む別の分野からの貢献が緩やかなペースで数の上で増大した(これは、部分的には経営学やビジネスのデータベースの方が、全体として経済学のデータベースよりも広範に及ぶものであったためである)。出版の分量に関する我々の分析は、互恵性が様々な社会科学に基礎付けられた基礎的な概念であるということをはっきりと示している。しかし、この構成概念の歴史は分野によって異なる。互恵性の研究に関するこのような歴史を辿るため、我々はこの概念の主要な研究分野の主要文献を同定する単純な引用分析を行った。表1のランキングは、図1で追跡した学会誌論文で最も頻繁に引用された「古典的」研究に基づくものである。

互酬互恵性はすべての社会関係の基礎である。「互酬互恵性を理解することは、共同体、組織、家族、政治システムなど全ての社会形態の理解にとって不可欠である」(Kolm 2008: 5)。そのためよって互恵性という用語を編集資料編集後記、学会発表論文、書評、それに類するテキストを除Social Science Citation Index®SSCIの一覧に表示に含まれるされる出版済みの学術論文およびレビュー総説のタイトル、論旨、キーワード内で互恵性という用語を検索すると分かるように、社会科学ではこの構成概念によく遭遇する。(図1SSCIの題目のカテゴリーのヒット件数を見ると、心理学、経済学、経営学およびビジネス、そして人類学が互酬互恵性の研究の主要分野であることを示している。このうち、これらのどの分野のそれぞれの中での優先事項されるかは時間とともに変わってくる1990年代におけるこの概念へ互酬研究の貢献の大部分は心理学に帰せられるがであったが、これは、臨床心理学から老年学、そして組織経営にまで至る心理学の極めて幅広い研究分野でこの分野における互酬互恵性の概念の極めて広範に渡る適用に帰せられる所見でありされたためだと考えられ、臨床心理学から老年学、そして組織学及び経営学に至る幅広い研究分野を包括するものである。しかし、世紀の変わり目2000年以降から、経済学が互酬互恵性の研究を先導するようになった。急速に築かれた経済学のこのような優位性は、従来受け入れられてきた合理的選択理論行為モデル(合理的選択)に対する異議申し立て唱え実証経験的に拡張されている分野である経済学において、ける、質的実証的、経験・実験的研究の出版急増によるものであると考えられるしたことが、互酬研究における経済学の優位性が急速に築かれた原因であると考える。経営学やビジネスなど、を含む別の分野からの互酬研究への貢献緩やかなペースで数増大した(これは、部分的には経営学やビジネスのデータベースの方が、全体として経済学のデータベースよりも広範に及ぶものであったためである)。出版の分量に関する我々の分析は、互酬互恵性が様々な社会科学に基礎付けられた根付いた基礎的な概念であるということをはっきりと示している。しかし、この構成概念の歴史は分野によって異なる。互酬互恵性の研究に関するこのような歴史を辿るため、我々はこの概念の主要な研究分野の中核となる主要文献を同定する単純な引用分析を行った。表1のランキングは、図1で追跡した学会誌論文で最も頻繁に引用された「古典的」研究に基づくものである。

Reciprocity is the basis of all social relations. “Understanding reciprocity is indispensable for understanding all social forms, such as communities, organizations, families, and political systems” (Kolm 2008: 5). Accordingly, the construct is widely encountered in the social sciences, as shown by a search for the term reciprocity in titles, abstracts, and keywords of published academic articles and reviews listed in the Social Science Citation Index® (SSCI), excluding editorial materials, proceedings papers, book reviews, and similar texts (Figure 1). The number of hits in the SSCI’s subject categories suggests that psychology, economics, sociology, management and business, and anthropology are the primary fields of reciprocity research. The priorities in these disciplines have shifted over time. In the 1990s most contributions came from psychology– a finding we attribute to the extremely wide application of the reciprocity concept in that discipline, which encompasses areas of inquiry ranging from clinical psychology and gerontology to organizations and management. Since the turn of the millennium, however, economics has led the research on reciprocity. We believe this rapid ascendance is due to the soaring number of publications in quantitative empirical and experimental research in economics, a field in which the hitherto accepted action model –rational choice – is being challenged and empirically expanded. Contributions from the other disciplines, including management and business, have numerically increased at a moderate pace (partly because their databases give wider overall coverage than do those in economics). Our analysis of publication volume clearly shows that reciprocity is a fundamental concept anchored in a variety of social sciences. However, the history of the construct differs from one discipline to the next. To trace these traditions bearing on the study of reciprocity, we conducted a simple citation analysis that identified the core literature in the dominant branches of research. The ranking in Table 1 is based on the “classical” works, those most frequently cited in the journal articles tracked in Figure 1.

(316)

https://link.springer.com/article/10.1007/BF03342741

互恵性はすべての社会関係の基礎である。「互恵性を理解することは、共同体、組織、家族、政治システムなど全ての社会形態の理解にとって不可欠である」(Kolm 2008: 5)。よって、互恵性という用語を編集後記、学会発表論文、書評、それに類するテキストを除く、Social Science Citation Index®SSCI)の一覧に表示される出版済みの学術論文およびレビューのタイトル、論旨、キーワードで検索すると分かるように、この構成概念によく遭遇する。(図1SSCIの題目のカテゴリーのヒット件数は、心理学、経済学、経営学およびビジネス、そして人類学が互恵性の研究の主要分野であることを示している。このうち、どの分野が優先されるかは時間とともに変わってくる。1990年代におけるこの概念への貢献の大部分は心理学に帰せられるが、これは、この分野における互恵性の概念の極めて広範に渡る適用に帰せられる所見であり、臨床心理学から老年学、そして組織学及び経営学に至る幅広い研究分野を包括するものである。しかし、世紀の変わり目から、経済学が互恵性の研究を先導するようになった。急速に築かれた経済学のこのような優位性は、従来受け入れられてきた行為モデル(合理的選択)に対する異議申し立てがなされ経験的に拡張された分野である、経済学における、質的で経験・実験的研究の出版の急増によるものであると考えられる。経営学やビジネスを含む別の分野からの貢献が緩やかなペースで数の上で増大した(これは、部分的には経営学やビジネスのデータベースの方が、全体として経済学のデータベースよりも広範に及ぶものであったためである)。出版の分量に関する我々の分析は、互恵性が様々な社会科学に基礎付けられた基礎的な概念であるということをはっきりと示している。しかし、この構成概念の歴史は分野によって異なる。互恵性の研究に関するこのような歴史を辿るため、我々はこの概念の主要な研究分野の主要文献を同定する単純な引用分析を行った。表1のランキングは、図1で追跡した学会誌論文で最も頻繁に引用された「古典的」研究に基づくものである。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>