分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)
GW中の祝日も全て通常営業

動物科学・植物科学の英和翻訳サンプル
生命科学チームが対応する英日翻訳・英文校正

動物科学・植物科学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

動物科学・植物科学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Plants use three major levels of strategic defense to protect themselves from herbivores (Figure 2). Firstly, physical protection consists of thorns, spines and strengthened cell walls, which cause ligneous, hard shelled bodies that deter animals from galling.

 Secondly, PSMs provide chemical protection. PSMs can cause herbivore aversion by bitter taste, bad flavor or smell. Furthermore, PSMs can be toxic and induce vomiting, illness or dizziness in animals after plant consumption. The third defense strategy represents metabolic defenses. Many PSMs act as pro-drugs in animals, i.e. they need to be metabolized by CYP450 enzymes to deploy their toxic effects in the body. Some plants are able to reduce the effectiveness of PSM detoxification by inhibiting efflux pumps (phase III proteins).55 Efflux transporters have initially raised interest in cancer biology and clinical oncology as pumps for anticancer drugs that maintain the level of anticancer drugs at sublethal concentration in cancer cells thereby leading to threatened multidrug resistance phenotypes failure of chemotherapy and fatal outcome for cancer patients.  More recently, it was recognized that efflux transporters play a crucial role for the absorption and bioavailability of pharmaceuticals in general and xenobiotic compounds taken up with food.  This also implies a fundamental role of the evolutionary arms race between animals and plants.

On the other hand, animals defend themselves against these plant attacks at several strategic levels. Analogous to the physical plant defenses, animals developed robust physical attributes such as strong dermis, tight furs or coat, strengthened dentition, etc. At the secondary stage, animals developed protective strategies against the chemical toxins produced by plants. This includes specific feeding habits to avoid toxic plasma levels as well as the development of detoxifying mechanisms.

 In detail, there are four steps in plant chemical toxicity that can theoretically be countered by mutations. The uptake of xenobiotics into a cell is described as “Phase 0”, and of course it is in the animals’ best interest to prevent the diffusion or uptake of toxic compounds. “Phase I” comprises the metabolism of xenobiotics via CYP450 enzymes. Adaptation in the enzymes’ structure or in their induction leads to increased detoxifying potential.

(350)

https://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs13659-013-0004-0.pdf

https://link.springer.com/article/10.1007/s13659-013-0004-0

(This article is published under license to BioMed Central Ltd. This article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License which permits any use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author(s) and source are credited.)

植物は草食動物から身を守るため、3つの主要なレベルの戦略防御を使用する(図2)。一つ目に、茎針、茎針または強化された細胞壁から成る物理的防護により木質の硬い皮の体を引き起こし、動物をイライラさせる。

 二つ目に、植物の二次代謝産物(PSMs)は化学的防御を提供する。PSMsは苦味、悪い味または匂いにより草食動物へ嫌悪感を引き起こす。その上、PSMsは有毒で、植物を摂取後に嘔吐、病気またはめまいをを生じさせる。三つ目の戦略防御は代謝防御を示す。多くのPSMsは、身体に毒性作用を及ぼすためにはCPY450酵素による代謝が必要など、動物においてプロドラッグとしての機能を果たす。いくつかの植物は、efflux pumps (phase III proteins) を抑制することによってPSMの解毒の有効性を減らすことができる。55のEfflux transportersが、癌生物学または臨床腫瘍学においてがん細胞の亜致死濃度で抗癌剤のレベルを維持する抗癌剤のためのポンプとして最初に関心を高め、その結果、多剤耐性表現型の化学療法の失敗および癌患者の致死的転帰に対し威嚇した。最近では、efflux transportersが医薬品全般または食べ物と一緒に摂取された生体異物の吸収および生体利用効率において重要な役割を果たす事が認識された。これはまた、動物と植物による進化における激しい競争の基本的な役割を暗示させる。

一方では、動物は植物による攻撃から複数の戦略レベルで自己防衛する。植物と同様に、動物は強い真皮、高密な毛皮や外套、強化された歯列などの堅固な物理的特性が発達した。第2段階では、動物は、植物が生産する化学毒素に対して防御戦略を発達させた。これは特定の食性により毒性血漿中濃度を回避し、また解毒機構を発達させた。

 詳しくは、これは4つのステップの植物化学毒性によって成り立ち、突然異変による反撃が理論上可能である。生体異物の細胞への摂取は「フェーズ・ゼロ」とされ、当然ながら毒性化合物の拡散や摂取を防ぐことが動物への最善の利益である。「フェーズ1」はCYP450酵素による生体異物の代謝で成る。酵素の構造または誘導の適応は解毒潜在的可能性を高める。

植物は草食動物から身を守るため、3つの主要なレベルの戦略防御を使用する(図2)。一つ目に、茎針、茎針または強化された細胞壁から成る物理的防護により木質の硬い皮のような状態の体を引き起こし、動物から食べられるのを防ぐをイライラさせる

 二つ目に、植物の二次代謝産物(PSMs)は化学的防御を提供する。PSMsは苦味、悪い味または匂いにより草食動物へ嫌悪感を引き起こす。その上、PSMsは有毒な場合もあり、植物を摂取後に嘔吐、病気またはめまいをを生じさせる。三つ目の戦略防御は代謝防御を示す。多くのPSMsは、身体に毒性作用を及ぼすためにはCPY450酵素による代謝が必要など、動物においてプロドラッグとしての機能を果たす。いくつかの植物は、efflux pumps (phase III proteins) を抑制することによってPSMの解毒の有効性を減らすことができる植物もある。55のEfflux transportersが、癌生物学または臨床腫瘍学においてがん細胞の亜致死濃度で抗癌剤のレベルを維持する抗癌剤のためのポンプとして最初に関心を集め高め、その結果、多剤耐性表現型の化学療法の失敗および癌患者の致死的転帰の恐れとつながったに対し威嚇した。最近では、efflux transportersが医薬品全般または食べ物と一緒に摂取された生体異物の吸収および生体利用効率において重要な役割を果たす事が認識された。これはまた、動物と植物による進化における激しい競争の基本的な役割を暗示させる。

一方では、動物は植物による攻撃から複数の戦略レベルで自己防衛する。植物と同様に、動物は強い真皮、高密な毛皮や外套、強化された歯列などの堅固な物理的特性が発達した。第2段階では、動物は、植物が生産する化学毒素に対して防御戦略を発達させた。これは特定の食性により毒性血漿中濃度を回避し、また解毒機構を発達させた。

 詳しく述べると、は、これは4つのステップの植物化学毒性は4つのステップによって成り立ち、突然異変による反撃が理論上可能である。生体異物の細胞への摂取は「フェーズ・ゼロ」とされ、当然ながら毒性化合物の拡散や摂取を防ぐことが動物の最も大切な目的への最善の利益である。「フェーズ1」はCYP450酵素による生体異物の代謝で成る。酵素の構造またはその誘導の適応は解毒潜在的可能性を高める。

植物は草食動物から身を守るため、3つの主要なレベルの戦略防御を使用する(図2)。一つ目に、茎針、茎針または強化された細胞壁から成る物理的防護により体を木質の硬い皮のように変化させ体を引き起こし、動物から食べられることを防ぐをイライラさせる

 二つ目に、植物の二次代謝産物(PSMs)は化学的防御を提供する。PSMsは苦味、悪い味または匂いにより草食動物へ嫌悪感を引き起こす。その上、PSMsは有毒で、植物を摂取後に嘔吐、病気またはめまいをを生じさせることもある。三つ目の戦略防御は代謝防御を示す。多くのPSMsは、身体に毒性作用を及ぼすためにはCPY450酵素による代謝が必要など、動物においてプロドラッグとしての機能を果たす。いくつかの植物は、efflux pumps (phase III proteins) を抑制することによってPSMの解毒の有効性を減らすことができる植物もある。55のEfflux transportersが、癌生物学または臨床腫瘍学においてがん細胞の亜致死濃度で抗癌剤のレベルを維持する抗癌剤のためのポンプとして最初に関心を高め、その結果、多剤耐性表現型の化学療法の失敗および癌患者の致死的転帰の恐れとつながったに対し威嚇したつい最近では、efflux transportersが医薬品全般または食べ物と一緒に摂取された生体異物の吸収および生体利用効率において重要な役割を果たす事が認識された。これはまた、動物と植物による進化における激しい競争の基本的な役割を暗示させる。

一方では、動物は植物による攻撃から複数の戦略レベルで自己防衛する。植物と同様に、動物は強い真皮、高密な毛皮や外套、強化された歯列などの堅固な物理的特性が発達した。第2段階では、動物は、植物が生産する化学毒素に対して防御戦略を発達させた。これは特定の食性により毒性血漿中濃度を回避するだけでなく、またし、また解毒機構を発達させた。

 詳しく述べるとこれは4つのステップの植物化学毒性によって成り立ち、突然異変による反撃が理論上可能である植物化学毒性には4つのステップがある。生体異物の細胞への摂取は「フェーズ・ゼロ」とされ、当然ながら毒性化合物の拡散や摂取を防ぐことが動物への最善の利益である。「フェーズ1」はCYP450酵素による生体異物の代謝で成る。酵素の構造または誘導の適応は解毒潜在的可能性を高める。

Plants use three major levels of strategic defense to protect themselves from herbivores (Figure 2). Firstly, physical protection consists of thorns, spines and strengthened cell walls, which cause ligneous, hard shelled bodies that deter animals from galling.

 Secondly, PSMs provide chemical protection. PSMs can cause herbivore aversion by bitter taste, bad flavor or smell. Furthermore, PSMs can be toxic and induce vomiting, illness or dizziness in animals after plant consumption. The third defense strategy represents metabolic defenses. Many PSMs act as pro-drugs in animals, i.e. they need to be metabolized by CYP450 enzymes to deploy their toxic effects in the body. Some plants are able to reduce the effectiveness of PSM detoxification by inhibiting efflux pumps (phase III proteins).55 Efflux transporters have initially raised interest in cancer biology and clinical oncology as pumps for anticancer drugs that maintain the level of anticancer drugs at sublethal concentration in cancer cells thereby leading to threatened multidrug resistance phenotypes failure of chemotherapy and fatal outcome for cancer patients.  More recently, it was recognized that efflux transporters play a crucial role for the absorption and bioavailability of pharmaceuticals in general and xenobiotic compounds taken up with food.  This also implies a fundamental role of the evolutionary arms race between animals and plants.

 

On the other hand, animals defend themselves against these plant attacks at several strategic levels. Analogous to the physical plant defenses, animals developed robust physical attributes such as strong dermis, tight furs or coat, strengthened dentition, etc. At the secondary stage, animals developed protective strategies against the chemical toxins produced by plants. This includes specific feeding habits to avoid toxic plasma levels as well as the development of detoxifying mechanisms.

 In detail, there are four steps in plant chemical toxicity that can theoretically be countered by mutations. The uptake of xenobiotics into a cell is described as “Phase 0”, and of course it is in the animals’ best interest to prevent the diffusion or uptake of toxic compounds. “Phase I” comprises the metabolism of xenobiotics via CYP450 enzymes. Adaptation in the enzymes’ structure or in their induction leads to increased detoxifying potential.

(350)

https://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs13659-013-0004-0.pdf

https://link.springer.com/article/10.1007/s13659-013-0004-0

(This article is published under license to BioMed Central Ltd. This article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License which permits any use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author(s) and source are credited.)

植物は草食動物から身を守るため、3つの主要なレベルの戦略防御を使用する(図2)。一つ目に、茎針、茎針または強化された細胞壁から成る物理的防護により木質の硬い皮の体を引き起こし、動物をイライラさせる。

 二つ目に、植物の二次代謝産物(PSMs)は化学的防御を提供する。PSMsは苦味、悪い味または匂いにより草食動物へ嫌悪感を引き起こす。その上、PSMsは有毒で、植物を摂取後に嘔吐、病気またはめまいをを生じさせる。三つ目の戦略防御は代謝防御を示す。多くのPSMsは、身体に毒性作用を及ぼすためにはCPY450酵素による代謝が必要など、動物においてプロドラッグとしての機能を果たす。いくつかの植物は、efflux pumps (phase III proteins) を抑制することによってPSMの解毒の有効性を減らすことができる。55のEfflux transportersが、癌生物学または臨床腫瘍学においてがん細胞の亜致死濃度で抗癌剤のレベルを維持する抗癌剤のためのポンプとして最初に関心を高め、その結果、多剤耐性表現型の化学療法の失敗および癌患者の致死的転帰に対し威嚇した。最近では、efflux transportersが医薬品全般または食べ物と一緒に摂取された生体異物の吸収および生体利用効率において重要な役割を果たす事が認識された。これはまた、動物と植物による進化における激しい競争の基本的な役割を暗示させる。

一方では、動物は植物による攻撃から複数の戦略レベルで自己防衛する。植物と同様に、動物は強い真皮、高密な毛皮や外套、強化された歯列などの堅固な物理的特性が発達した。第2段階では、動物は、植物が生産する化学毒素に対して防御戦略を発達させた。これは特定の食性により毒性血漿中濃度を回避し、また解毒機構を発達させた。

 詳しくは、これは4つのステップの植物化学毒性によって成り立ち、突然異変による反撃が理論上可能である。生体異物の細胞への摂取は「フェーズ・ゼロ」とされ、当然ながら毒性化合物の拡散や摂取を防ぐことが動物への最善の利益である。「フェーズ1」はCYP450酵素による生体異物の代謝で成る。酵素の構造または誘導の適応は解毒潜在的可能性を高める。

植物は草食動物から身を守るため、3つの主要なレベルの戦略防御を使用する(図2)。一つ目に、茎針、茎針または強化された細胞壁から成る物理的防護により木質の硬い皮のような状態の体を引き起こし、動物から食べられるのを防ぐをイライラさせる

 二つ目に、植物の二次代謝産物(PSMs)は化学的防御を提供する。PSMsは苦味、悪い味または匂いにより草食動物へ嫌悪感を引き起こす。その上、PSMsは有毒な場合もあり、植物を摂取後に嘔吐、病気またはめまいをを生じさせる。三つ目の戦略防御は代謝防御を示す。多くのPSMsは、身体に毒性作用を及ぼすためにはCPY450酵素による代謝が必要など、動物においてプロドラッグとしての機能を果たす。いくつかの植物は、efflux pumps (phase III proteins) を抑制することによってPSMの解毒の有効性を減らすことができる植物もある。55のEfflux transportersが、癌生物学または臨床腫瘍学においてがん細胞の亜致死濃度で抗癌剤のレベルを維持する抗癌剤のためのポンプとして最初に関心を集め高め、その結果、多剤耐性表現型の化学療法の失敗および癌患者の致死的転帰の恐れとつながったに対し威嚇した。最近では、efflux transportersが医薬品全般または食べ物と一緒に摂取された生体異物の吸収および生体利用効率において重要な役割を果たす事が認識された。これはまた、動物と植物による進化における激しい競争の基本的な役割を暗示させる。

一方では、動物は植物による攻撃から複数の戦略レベルで自己防衛する。植物と同様に、動物は強い真皮、高密な毛皮や外套、強化された歯列などの堅固な物理的特性が発達した。第2段階では、動物は、植物が生産する化学毒素に対して防御戦略を発達させた。これは特定の食性により毒性血漿中濃度を回避し、また解毒機構を発達させた。

 詳しく述べると、は、これは4つのステップの植物化学毒性は4つのステップによって成り立ち、突然異変による反撃が理論上可能である。生体異物の細胞への摂取は「フェーズ・ゼロ」とされ、当然ながら毒性化合物の拡散や摂取を防ぐことが動物の最も大切な目的への最善の利益である。「フェーズ1」はCYP450酵素による生体異物の代謝で成る。酵素の構造またはその誘導の適応は解毒潜在的可能性を高める。

Plants use three major levels of strategic defense to protect themselves from herbivores (Figure 2). Firstly, physical protection consists of thorns, spines and strengthened cell walls, which cause ligneous, hard shelled bodies that deter animals from galling.

 Secondly, PSMs provide chemical protection. PSMs can cause herbivore aversion by bitter taste, bad flavor or smell. Furthermore, PSMs can be toxic and induce vomiting, illness or dizziness in animals after plant consumption. The third defense strategy represents metabolic defenses. Many PSMs act as pro-drugs in animals, i.e. they need to be metabolized by CYP450 enzymes to deploy their toxic effects in the body. Some plants are able to reduce the effectiveness of PSM detoxification by inhibiting efflux pumps (phase III proteins).55 Efflux transporters have initially raised interest in cancer biology and clinical oncology as pumps for anticancer drugs that maintain the level of anticancer drugs at sublethal concentration in cancer cells thereby leading to threatened multidrug resistance phenotypes failure of chemotherapy and fatal outcome for cancer patients.  More recently, it was recognized that efflux transporters play a crucial role for the absorption and bioavailability of pharmaceuticals in general and xenobiotic compounds taken up with food.  This also implies a fundamental role of the evolutionary arms race between animals and plants.

On the other hand, animals defend themselves against these plant attacks at several strategic levels. Analogous to the physical plant defenses, animals developed robust physical attributes such as strong dermis, tight furs or coat, strengthened dentition, etc. At the secondary stage, animals developed protective strategies against the chemical toxins produced by plants. This includes specific feeding habits to avoid toxic plasma levels as well as the development of detoxifying mechanisms.

 In detail, there are four steps in plant chemical toxicity that can theoretically be countered by mutations. The uptake of xenobiotics into a cell is described as “Phase 0”, and of course it is in the animals’ best interest to prevent the diffusion or uptake of toxic compounds. “Phase I” comprises the metabolism of xenobiotics via CYP450 enzymes. Adaptation in the enzymes’ structure or in their induction leads to increased detoxifying potential.

(350)

https://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs13659-013-0004-0.pdf

https://link.springer.com/article/10.1007/s13659-013-0004-0

(This article is published under license to BioMed Central Ltd. This article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License which permits any use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author(s) and source are credited.)

植物は草食動物から身を守るため、3つの主要なレベルの戦略防御を使用する(図2)。一つ目に、茎針、茎針または強化された細胞壁から成る物理的防護により木質の硬い皮の体を引き起こし、動物をイライラさせる。

 二つ目に、植物の二次代謝産物(PSMs)は化学的防御を提供する。PSMsは苦味、悪い味または匂いにより草食動物へ嫌悪感を引き起こす。その上、PSMsは有毒で、植物を摂取後に嘔吐、病気またはめまいをを生じさせる。三つ目の戦略防御は代謝防御を示す。多くのPSMsは、身体に毒性作用を及ぼすためにはCPY450酵素による代謝が必要など、動物においてプロドラッグとしての機能を果たす。いくつかの植物は、efflux pumps (phase III proteins) を抑制することによってPSMの解毒の有効性を減らすことができる。55のEfflux transportersが、癌生物学または臨床腫瘍学においてがん細胞の亜致死濃度で抗癌剤のレベルを維持する抗癌剤のためのポンプとして最初に関心を高め、その結果、多剤耐性表現型の化学療法の失敗および癌患者の致死的転帰に対し威嚇した。最近では、efflux transportersが医薬品全般または食べ物と一緒に摂取された生体異物の吸収および生体利用効率において重要な役割を果たす事が認識された。これはまた、動物と植物による進化における激しい競争の基本的な役割を暗示させる。

一方では、動物は植物による攻撃から複数の戦略レベルで自己防衛する。植物と同様に、動物は強い真皮、高密な毛皮や外套、強化された歯列などの堅固な物理的特性が発達した。第2段階では、動物は、植物が生産する化学毒素に対して防御戦略を発達させた。これは特定の食性により毒性血漿中濃度を回避し、また解毒機構を発達させた。

 詳しくは、これは4つのステップの植物化学毒性によって成り立ち、突然異変による反撃が理論上可能である。生体異物の細胞への摂取は「フェーズ・ゼロ」とされ、当然ながら毒性化合物の拡散や摂取を防ぐことが動物への最善の利益である。「フェーズ1」はCYP450酵素による生体異物の代謝で成る。酵素の構造または誘導の適応は解毒潜在的可能性を高める。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>