分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

物理学の英和翻訳サンプル
物理科学・工学チームが対応する英日翻訳・英文校正

物理学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

物理学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Shock phenomena such as a global shock resulting from a stellar pulsation or supernova explosion passing outward through a stellar envelope or perhaps a shock emanating from a point source such as a man-made explosion in the Earth’s atmosphere or an impulsive flare in the Sun’s atmosphere have tremendous importance in astrophysics and space sciences. Shock waves are common in the interstellar medium because of a great variety of supersonic motions and energetic events, such as cloud–cloud collision, bipolar outflow from young protostellar objects, powerful mass losses by massive stars in a late stage of their evolution (stellar winds), supernova explosions, central part of star burst galaxies, etc. Shock waves are also associated with spiral density waves, radio galaxies and quasars. Similar phenomena also occur in laboratory situations, for example, when a piston is driven rapidly into a tube of gas (a shock tube), when a projectile or aircraft moves supersonically through the atmosphere, in the blast wave produced by a strong explosion, or when rapidly flowing gas encounters a constriction in a flow channel or runs into a wall.

The analysis and explanation for the internal motion in stars is one of the basic problems in astrophysics. According to the observational data, the unsteady motion of a large mass of gas followed by sudden release of energy results flare-ups in novae and supernovae. A qualitative behavior of the gaseous mass may be discussed with the help of the equations of motion and equilibrium taking gravitational forces into account. Numerical solutions for self-similar adiabatic flows in self-gravitating gas were obtained by Sedov [1] and Carrus et al. [2], independently. Purohit [3] and Singh and Vishwakarma [4] have discussed homothermal flows behind a spherical shock wave in a self-gravitating gas using similarity method. Nath et al. [5] have studied the above problem assuming the flow to be adiabatic and self-similar and obtained the effects of the presence of a magnetic field. Shock waves through a variable-density medium have been treated by Sedov [1], Sakurai [6], Nath [7], Rogers [8], Rosenau and Frankenthal [9], Nath et al. [5], Vishwakarma and Yadav [10] and others. Their results are more applicable to the shock formed in the deep interior of stars.

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

Open Access

This article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License which permits any use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author(s) and the source are credited.

星の脈動によって起こる大局的な衝撃波、恒星の外層を通過する超新星爆発、地球の大気中で起こされる人為的な爆発や太陽大気のimpulsiveフレアのような点源から広がる衝撃波、このような衝撃波は、天体物理学と宇宙科学では極めて重要な現象である。星間物質では多様な超音速の運動や爆発的な現象が起こるため、衝撃波はありふれたものになる。星間雲の衝突、若い原始星からの双極ジェット、大質量星の進化過程末期で起こる強力な質量損失(恒星風)、超新星爆発、スターバースト銀河の中心部などがそういった現象の例である。衝撃波はまた、銀河のらせん状の密度波、ラジオ銀河、クエーサーにも随伴している。類似の現象は実験室でも発生する。例えばピストンをガスチューブに高速で駆動する際(衝撃波管)、発射体や航空機が超音速で大気中を飛行する際、強力な爆発により発生する爆風、高速ガス流の流路が圧縮されたり壁にぶつかったりする際などである。

星の内部運動の分析と説明は、天体物理学の根本問題の1つである。観測データから、大きな質量のガスの不安定な運動に、急なエネルギー放出が続く場合、新星や超新星の発生に繋がる事が 知られている。ガスの定性的な振る舞いは、運動方程式と、重力を考慮に入れた平衡状態を使って論じることが出来る。ガスの自己重力系で起こる自己相似な断熱流の数値解は、Sedov [1]とCarrus et al. [2]によって独立に得られた。Purohit [3]とSingh and Vishwakarma [4]は、ガスの自己重力系内の球状の衝撃波の後ろで起こる等温流を、相似性を利用して論じている。Nath et al. [5]は上の問題を、流れを断熱的で自己相似と仮定することで、磁場の及ぼす効果を得た。密度が一定ではない媒体を通過する衝撃波については、Sedov [1]、Sakurai [6]、Nath [7]、Rogers [8]、Rosenau and Frankenthal [9]、Nath et al. [5]、Vishwakarma and Yadav [10]などが論じている。これらの結果は、恒星の深部で発生する衝撃波によりよく適用できる。

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

オープンアクセス

この論文はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション・ライセンスの下で配布されています。いかなる使用、配布、いかなる媒体での複製も、原作者とソースがクレジットされている限り許可されます。

星の脈動によって起こる大局的な衝撃波、恒星の外層を通過する超新星爆発、地球の大気中で起こされる人為的な爆発や太陽大気におこる衝撃的なimpulsiveフレアのような点源から広がる衝撃波など、このといったような衝撃現象は、天体物理学と宇宙科学では極めて重要な現象である。星間物質非常に多様な超音速の運動や爆発的な現象が起こるため、衝撃波ありふれていたものになる。星間雲同士の衝突、若い原始星からの双極ジェット、大質量星の進化過程末期で起こる強力な質量損失(恒星風)、超新星爆発、スターバースト銀河の中心部などがそういった現象の例である。衝撃波はまた、銀河のらせん状の渦巻密度波、電波ラジオ銀河、クエーサーにも随伴している。類似の現象は実験室でも発生する。例えばピストンをガスチューブ内にて高速駆動する際(衝撃波管)、発射体や航空機が超音速で大気中を飛行する際、強力な爆発により発生する爆風、高速ガス流の流路が圧縮されたり壁にぶつかったりする際などが挙げられる。

星の内部運動の分析と説明は、天体物理学の根本問題のひとつ1である。観測データから、大きな質量のガスの不安定な運動に、急なエネルギー放出が続く場合、新星や超新星の発生に繋がる事が 知られている。ガスの定性的な振る舞いは、運動方程式と、重力を考慮に入れた平衡状態を使って論じることが出来る。ガスの自己重力系で起こる自己相似な断熱流の数値解は、Sedov [1]とCarrus et al. [2]によって独立個別に得られている。Purohit [3]とSingh and Vishwakarma [4]は、ガスの自己重力系内の球状の衝撃波の後ろで起こる等温流を、相似性を利用して論じている。Nath et al. [5]は上の問題を、流れを断熱的で自己相似と仮定することで、磁場の及ぼす効果を得た。密度が一定ではない媒体を通過する衝撃波については、Sedov [1]、Sakurai [6]、Nath [7]、Rogers [8]、Rosenau and Frankenthal [9]、Nath et al. [5]、Vishwakarma and Yadav [10]などが論じている。これら彼らの結果は、どちらかといえば恒星の内深深部で発生する衝撃波よりよくを検討する上で有効である適用できる

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

オープンアクセス

この論文はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション・ライセンスの下で配布されています。いかなる使用、配布、そしていかなる媒体での複製であれ、原作者とソース出典クレジットされ述べられている限り許可されます。

 星の脈動によって起こる大局的な衝撃波、恒星の外層を通過する超新星爆発、地球の大気中で起こされる人為的な爆発や太陽大気のimpulsive衝動的なフレアのような点源から広がる衝撃波、このような衝撃波は、天体物理学と宇宙科学では極めて重要な現象である。星間物質では多様な超音速の運動や爆発的な現象が起こるため、衝撃波はありふれたものになるごく一般的である。星間雲の衝突、若い原始星からの双極ジェット、大質量星の進化過程末期で起こる強力な質量損失(恒星風)、超新星爆発、スターバースト銀河の中心部などがそういった現象の例である。衝撃波はまた、銀河のらせん状の密度波、ラジオ銀河、クエーサーにも随伴している。類似の現象は実験室でも発生する。例えばピストンをガスチューブに高速で駆動する際(衝撃波管)、発射体や航空機が超音速で大気中を飛行する際、強力な爆発により発生する爆風、高速ガス流の流路が圧縮されたり壁にぶつかったりする際などである。

 星の内部運動の分析と説明は、天体物理学の根本問題の1ひとつである。観測データから、大きな質量のガスの不安定な運動に、急なエネルギー放出が続く場合、新星や超新星の発生に繋がる事が 知られている。ガスの定性的な振る舞いは、運動方程式と、重力を考慮に入れた平衡状態を使って論じることが出来る。ガスの自己重力系で起こる自己相似な断熱流の数値解は、Sedov [1]とCarrus et al. [2]によって2] によって独立に得られた。Purohit [3]3] Singh and Vishwakarma [4]4] 、ガスの自己重力系内の球状の衝撃波の後ろで起こる等温流を、相似性を利用して論じている。Nath et al. [5]5] の問題を、流れを断熱的で自己相似と仮定することで、磁場の及ぼす効果を得た。密度が一定ではない媒体を通過する衝撃波については、Sedov [1]、Sakurai [6]、Nath [7]、Rogers [8]、Rosenau and Frankenthal [9]、Nath et al. [5]、Vishwakarma and Yadav [10]などが論じている。これらの結果は、恒星の深部で発生する衝撃波によりよく適用できる。

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

オープンアクセス

この論文はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション・ライセンスの下で配布されています。いかなる使用、配布、いかなる媒体での複製も、原作者とソースがクレジットされている限り許可されます。

Shock phenomena such as a global shock resulting from a stellar pulsation or supernova explosion passing outward through a stellar envelope or perhaps a shock emanating from a point source such as a man-made explosion in the Earth’s atmosphere or an impulsive flare in the Sun’s atmosphere have tremendous importance in astrophysics and space sciences. Shock waves are common in the interstellar medium because of a great variety of supersonic motions and energetic events, such as cloud–cloud collision, bipolar outflow from young protostellar objects, powerful mass losses by massive stars in a late stage of their evolution (stellar winds), supernova explosions, central part of star burst galaxies, etc. Shock waves are also associated with spiral density waves, radio galaxies and quasars. Similar phenomena also occur in laboratory situations, for example, when a piston is driven rapidly into a tube of gas (a shock tube), when a projectile or aircraft moves supersonically through the atmosphere, in the blast wave produced by a strong explosion, or when rapidly flowing gas encounters a constriction in a flow channel or runs into a wall.

The analysis and explanation for the internal motion in stars is one of the basic problems in astrophysics. According to the observational data, the unsteady motion of a large mass of gas followed by sudden release of energy results flare-ups in novae and supernovae. A qualitative behavior of the gaseous mass may be discussed with the help of the equations of motion and equilibrium taking gravitational forces into account. Numerical solutions for self-similar adiabatic flows in self-gravitating gas were obtained by Sedov [1] and Carrus et al. [2], independently. Purohit [3] and Singh and Vishwakarma [4] have discussed homothermal flows behind a spherical shock wave in a self-gravitating gas using similarity method. Nath et al. [5] have studied the above problem assuming the flow to be adiabatic and self-similar and obtained the effects of the presence of a magnetic field. Shock waves through a variable-density medium have been treated by Sedov [1], Sakurai [6], Nath [7], Rogers [8], Rosenau and Frankenthal [9], Nath et al. [5], Vishwakarma and Yadav [10] and others. Their results are more applicable to the shock formed in the deep interior of stars.

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

Open Access

This article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License which permits any use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author(s) and the source are credited.

星の脈動によって起こる大局的な衝撃波、恒星の外層を通過する超新星爆発、地球の大気中で起こされる人為的な爆発や太陽大気のimpulsiveフレアのような点源から広がる衝撃波、このような衝撃波は、天体物理学と宇宙科学では極めて重要な現象である。星間物質では多様な超音速の運動や爆発的な現象が起こるため、衝撃波はありふれたものになる。星間雲の衝突、若い原始星からの双極ジェット、大質量星の進化過程末期で起こる強力な質量損失(恒星風)、超新星爆発、スターバースト銀河の中心部などがそういった現象の例である。衝撃波はまた、銀河のらせん状の密度波、ラジオ銀河、クエーサーにも随伴している。類似の現象は実験室でも発生する。例えばピストンをガスチューブに高速で駆動する際(衝撃波管)、発射体や航空機が超音速で大気中を飛行する際、強力な爆発により発生する爆風、高速ガス流の流路が圧縮されたり壁にぶつかったりする際などである。

星の内部運動の分析と説明は、天体物理学の根本問題の1つである。観測データから、大きな質量のガスの不安定な運動に、急なエネルギー放出が続く場合、新星や超新星の発生に繋がる事が 知られている。ガスの定性的な振る舞いは、運動方程式と、重力を考慮に入れた平衡状態を使って論じることが出来る。ガスの自己重力系で起こる自己相似な断熱流の数値解は、Sedov [1]とCarrus et al. [2]によって独立に得られた。Purohit [3]とSingh and Vishwakarma [4]は、ガスの自己重力系内の球状の衝撃波の後ろで起こる等温流を、相似性を利用して論じている。Nath et al. [5]は上の問題を、流れを断熱的で自己相似と仮定することで、磁場の及ぼす効果を得た。密度が一定ではない媒体を通過する衝撃波については、Sedov [1]、Sakurai [6]、Nath [7]、Rogers [8]、Rosenau and Frankenthal [9]、Nath et al. [5]、Vishwakarma and Yadav [10]などが論じている。これらの結果は、恒星の深部で発生する衝撃波によりよく適用できる。

 

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

オープンアクセス

この論文はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション・ライセンスの下で配布されています。いかなる使用、配布、いかなる媒体での複製も、原作者とソースがクレジットされている限り許可されます。

星の脈動によって起こる大局的な衝撃波、恒星の外層を通過する超新星爆発、地球の大気中で起こされる人為的な爆発や太陽大気におこる衝撃的なimpulsiveフレアのような点源から広がる衝撃波など、このといったような衝撃現象は、天体物理学と宇宙科学では極めて重要な現象である。星間物質非常に多様な超音速の運動や爆発的な現象が起こるため、衝撃波ありふれていたものになる。星間雲同士の衝突、若い原始星からの双極ジェット、大質量星の進化過程末期で起こる強力な質量損失(恒星風)、超新星爆発、スターバースト銀河の中心部などがそういった現象の例である。衝撃波はまた、銀河のらせん状の渦巻密度波、電波ラジオ銀河、クエーサーにも随伴している。類似の現象は実験室でも発生する。例えばピストンをガスチューブ内にて高速駆動する際(衝撃波管)、発射体や航空機が超音速で大気中を飛行する際、強力な爆発により発生する爆風、高速ガス流の流路が圧縮されたり壁にぶつかったりする際などが挙げられる。

星の内部運動の分析と説明は、天体物理学の根本問題のひとつ1である。観測データから、大きな質量のガスの不安定な運動に、急なエネルギー放出が続く場合、新星や超新星の発生に繋がる事が 知られている。ガスの定性的な振る舞いは、運動方程式と、重力を考慮に入れた平衡状態を使って論じることが出来る。ガスの自己重力系で起こる自己相似な断熱流の数値解は、Sedov [1]とCarrus et al. [2]によって独立個別に得られている。Purohit [3]とSingh and Vishwakarma [4]は、ガスの自己重力系内の球状の衝撃波の後ろで起こる等温流を、相似性を利用して論じている。Nath et al. [5]は上の問題を、流れを断熱的で自己相似と仮定することで、磁場の及ぼす効果を得た。密度が一定ではない媒体を通過する衝撃波については、Sedov [1]、Sakurai [6]、Nath [7]、Rogers [8]、Rosenau and Frankenthal [9]、Nath et al. [5]、Vishwakarma and Yadav [10]などが論じている。これら彼らの結果は、どちらかといえば恒星の内深深部で発生する衝撃波よりよくを検討する上で有効である適用できる

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

オープンアクセス

この論文はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション・ライセンスの下で配布されています。いかなる使用、配布、そしていかなる媒体での複製であれ、原作者とソース出典クレジットされ述べられている限り許可されます。

Shock phenomena such as a global shock resulting from a stellar pulsation or supernova explosion passing outward through a stellar envelope or perhaps a shock emanating from a point source such as a man-made explosion in the Earth’s atmosphere or an impulsive flare in the Sun’s atmosphere have tremendous importance in astrophysics and space sciences. Shock waves are common in the interstellar medium because of a great variety of supersonic motions and energetic events, such as cloud–cloud collision, bipolar outflow from young protostellar objects, powerful mass losses by massive stars in a late stage of their evolution (stellar winds), supernova explosions, central part of star burst galaxies, etc. Shock waves are also associated with spiral density waves, radio galaxies and quasars. Similar phenomena also occur in laboratory situations, for example, when a piston is driven rapidly into a tube of gas (a shock tube), when a projectile or aircraft moves supersonically through the atmosphere, in the blast wave produced by a strong explosion, or when rapidly flowing gas encounters a constriction in a flow channel or runs into a wall.

The analysis and explanation for the internal motion in stars is one of the basic problems in astrophysics. According to the observational data, the unsteady motion of a large mass of gas followed by sudden release of energy results flare-ups in novae and supernovae. A qualitative behavior of the gaseous mass may be discussed with the help of the equations of motion and equilibrium taking gravitational forces into account. Numerical solutions for self-similar adiabatic flows in self-gravitating gas were obtained by Sedov [1] and Carrus et al. [2], independently. Purohit [3] and Singh and Vishwakarma [4] have discussed homothermal flows behind a spherical shock wave in a self-gravitating gas using similarity method. Nath et al. [5] have studied the above problem assuming the flow to be adiabatic and self-similar and obtained the effects of the presence of a magnetic field. Shock waves through a variable-density medium have been treated by Sedov [1], Sakurai [6], Nath [7], Rogers [8], Rosenau and Frankenthal [9], Nath et al. [5], Vishwakarma and Yadav [10] and others. Their results are more applicable to the shock formed in the deep interior of stars.

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

Open Access

This article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License which permits any use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author(s) and the source are credited.

星の脈動によって起こる大局的な衝撃波、恒星の外層を通過する超新星爆発、地球の大気中で起こされる人為的な爆発や太陽大気のimpulsiveフレアのような点源から広がる衝撃波、このような衝撃波は、天体物理学と宇宙科学では極めて重要な現象である。星間物質では多様な超音速の運動や爆発的な現象が起こるため、衝撃波はありふれたものになる。星間雲の衝突、若い原始星からの双極ジェット、大質量星の進化過程末期で起こる強力な質量損失(恒星風)、超新星爆発、スターバースト銀河の中心部などがそういった現象の例である。衝撃波はまた、銀河のらせん状の密度波、ラジオ銀河、クエーサーにも随伴している。類似の現象は実験室でも発生する。例えばピストンをガスチューブに高速で駆動する際(衝撃波管)、発射体や航空機が超音速で大気中を飛行する際、強力な爆発により発生する爆風、高速ガス流の流路が圧縮されたり壁にぶつかったりする際などである。

星の内部運動の分析と説明は、天体物理学の根本問題の1つである。観測データから、大きな質量のガスの不安定な運動に、急なエネルギー放出が続く場合、新星や超新星の発生に繋がる事が 知られている。ガスの定性的な振る舞いは、運動方程式と、重力を考慮に入れた平衡状態を使って論じることが出来る。ガスの自己重力系で起こる自己相似な断熱流の数値解は、Sedov [1]とCarrus et al. [2]によって独立に得られた。Purohit [3]とSingh and Vishwakarma [4]は、ガスの自己重力系内の球状の衝撃波の後ろで起こる等温流を、相似性を利用して論じている。Nath et al. [5]は上の問題を、流れを断熱的で自己相似と仮定することで、磁場の及ぼす効果を得た。密度が一定ではない媒体を通過する衝撃波については、Sedov [1]、Sakurai [6]、Nath [7]、Rogers [8]、Rosenau and Frankenthal [9]、Nath et al. [5]、Vishwakarma and Yadav [10]などが論じている。これらの結果は、恒星の深部で発生する衝撃波によりよく適用できる。

(368)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40094-014-0131-y

https://www.springeropen.com/about/open-access

オープンアクセス

この論文はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション・ライセンスの下で配布されています。いかなる使用、配布、いかなる媒体での複製も、原作者とソースがクレジットされている限り許可されます。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>