分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)
GW中の祝日も全て通常営業

材料科学の英和翻訳サンプル
物理科学・工学チームが対応する英日翻訳・英文校正

材料科学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

材料科学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Metallic glasses are structurally amorphous metallic alloys whose compositions are designed to prevent crystallization upon cooling from the melt [1]. Owing to their low elastic moduli high hardness metallic glasses have been reported to provide low friction and low wear rates [2–4]. Studies comparing the macro-scale wear behavior of metallic glasses and their crystalline counter-parts or steel have reported ambiguous results. Kwon et al. [5] compared the wear behaviour of a Zr-based bulk metallic glass with hardened steel. While the friction coefficients of both materials were similar, the authors reported a significantly lower wear resistance for the Zr-based bulk metallic glass and discussed the difference of underlying wear mechanisms: brittle wear in the case of the Zr-based bulk metallic glass and adhesive wear in the case of the hardened steel. Tam and Shek reported a higher friction coefficient for metallic glasses than for their crystalline counterparts despite their higher mechanical strength and hardness [6], while Yoon et al. [7] observed an increase in hardness upon crystallization of a Ni-based metallic glass but also an increase in the friction coefficient and of the wear rate. No unique correlation between the hardness and the tribological behaviour of metallic glasses has been established so far. At the macro-scale the tribological mechanisms are complex and involve a combination of plasticity, structural relaxation and transformation [8], and material transfer [9], or mixing [10, 11] with subsequent chemical reactions and structural changes.

 

Meanwhile, metallic glasses have been recognized as potential materials for micro-electromechanical applications, such as micro-gears and media-storage devices [12, 13]. This potential owes to their excellent thermoplastic formability down to the nm-scale within their undercooled liquid region [14]. For such applications, the tribological performance of metallic glasses at the nanometer scale is of crucial importance. Recently, some of the authors have investigated the nanoscopic friction and wear mechanisms of a Pt-based metallic glass surface in UHV after its native oxide removal in comparison to a Pt(111) surface [15]. We found that the wear-less friction coefficient was barely measurable on both surfaces with an inert diamond counter-body, while it significantly increased with a SiOx counter-body. This observation demonstrates the effect of surface chemistry on tribological processes that may involve interfacial alloying.

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

Open Access: The articles published in this journal are distributed under the terms of the Creative Commons Attribution 4.0 International License (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/), which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided you give appropriate credit to the original author(s) and the source, provide a link to the Creative Commons license, and indicate if changes were made.

金属ガラスとは、アモルファス構造を持つ合金で、溶かした後で冷却しても結晶化が起こらないように組成を調整したものを言う[1]。その弾性率の低さと硬度の高さから、金属ガラスは摩擦係数と摩耗率が低い事が報告されている[2-4]。金属ガラスと、対応する金属結晶や鋼の巨視的な摩耗挙動を比較した研究では、両義的な結果が報告されている。Kwon et al. [5]はZr基バルク金属ガラスと焼入鋼の摩耗挙動を比較した。著者らは、両者の摩擦係数は同等だったのに対し、Zr基バルク金属ガラスの耐摩耗性が目立って低い事を報告し、根本的な摩耗過程の違いについて議論した:Zr基バルク金属ガラスで起こるのは脆性材料の摩耗なのに対し、焼入鋼の場合は凝着摩耗が起こる。Tam and Shekは、金属ガラスは対応する金属結晶よりも機械的強度や硬度が高いのに関わらず、摩擦係数も高い事を報告した[6]。一方Yoon et al. [7]は、Ni基金属ガラスを結晶化する際に硬度が上昇するが、摩擦係数と摩耗率も上昇する事を観測した。金属ガラスの硬度と摩擦特性の間には、一意的な相関は確立されていない。摩擦過程は巨視的スケールでは複雑で、可塑性、構造緩和と変化[8]、物質の移着[9]、または混合[10, 11]とそれによる化学反応や構造変化が関わっている。

 

一方、金属ガラスはマイクロ電子機械部品、例えばマイクロギアや記録媒体[12, 13]、の素材の候補としても認識されている。この可能性は、過冷却液体状態の金属ガラスの、ナノメートルスケールまでの優れた成形性によるものである[14]。このような応用には、ナノメートルスケールでの金属ガラスの摩擦特性が決定的な重要性を持つ。近年、著者の数人は超高真空中でPt基金属ガラス表面とPt(111)表面のナノスケールの摩擦と摩耗の過程を比較する研究を行った[15]。どちらの表面も、相手材に不活性なダイアモンドを使った摩擦係数は辛うじて測れる大きさだった一方、SiOxを相手材に使った場合にははっきりと増加する事を我々は発見した。この観測は摩擦過程に、界面での合金化を含むかもしれない表面化学の影響がある事を示している。

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

オープンアクセス:このジャーナルで出版されている記事はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション4.0インターナショナル・ライセンスの下で配布されています(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)。原作者とソースへの適切なクレジットと、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスへのリンクをし、改変した場合にはその旨を記している場合、あらゆる媒体において無制限の使用、配布、複製が許可されています。

金属ガラスとは、アモルファス非晶質構造を持つ合金で、溶かした後で冷却しても結晶化が起こらないように組成を調整したものを言う[1]。その弾性率の低さと硬度の高さから、金属ガラスは摩擦係数と摩耗率が低い事が報告されている[2-4]。金属ガラスと、対応する金属結晶や鋼の巨視的な摩耗挙動を比較した研究では、両義的な結果が報告されている。Kwon et al. [5]はZr基バルク金属ガラスと焼入鋼の摩耗挙動を比較した。著者らは、両者の摩擦係数は同等だったのに対し、Zr基バルク金属ガラスの耐摩耗性が目立って低い事を報告し、根本的な摩耗過程の違いについて議論した具体的にはZr基バルク金属ガラスで起こるのは脆性材料の摩耗なのに対し、焼入鋼の場合は凝着摩耗が起こる指摘する。Tam and Shekは、金属ガラスは対応する金属結晶よりも機械的強度や硬度が高いのに関わらず、摩擦係数も高い事を報告した[6]。一方Yoon et al. [7]は、Ni基金属ガラスを結晶化する際に硬度が上昇するが、摩擦係数と摩耗率も上昇する事を観測した。金属ガラスの硬度と摩擦特性の間には、一意的な相関は確立されていない。摩擦過程は巨視的スケールでは複雑で、可塑性、構造緩和と変化[8]、物質の移着[9]、または混合[10, 11]とそれによる化学反応や構造変化が関わっている。

 

一方、金属ガラスはマイクロ電子機械部品としての応用、例えばマイクロギアや記録媒体[12, 13]の素材の候補としても認識されている[12, 13]。この可能性は、過冷却液体状態の金属ガラスの、ナノメートルスケールまでの優れた成形性によるものである[14]。このような応用には、ナノメートルスケールでの金属ガラスの摩擦特性が決定的な重要性を持つ。近年最近、著者うちの数人は超高真空中においての自然酸化被膜の除去後のPt基金属ガラス表面とPt(111)表面のナノスケールの摩擦と摩耗の過程を比較する研究を行っている[15]。どちらの表面も、相手材に不活性なダイアモンドを使った場合の摩耗摩擦係数は辛うじて測れる大きさだったほど低いものであった一方、SiOxを相手材に使った場合有意にはっきりと増加する事を我々は発見した。この観測は摩擦過程に、界面での合金化を含むかもしれない表面化学の影響がある事を示している。

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

オープンアクセス:このジャーナルで出版されている記事はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション4.0インターナショナル・ライセンスの下で配布されています(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)。原作者とソース出典元への適切クレジット明記され、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスへのリンクを提供し、改変した場合にはその旨を記している場合において、あらゆる媒体において無制限の使用、配布、複製が許可されています。

金属ガラスは、アモルファス構造を持つ合金で、溶かした後で冷却しても結晶化が起こらないように組成を調整した構造的に非晶質の金属合金であるものを言う[1]。その弾性率の低さと硬度の高さから、金属ガラスは摩擦係数と摩耗率が低い事が報告されている[2-4]。金属ガラスと、対応する金属結晶や鋼の巨視的な摩耗挙動を比較した研究では、両義的な結果が報告されている。Kwon et al. [5]Zrバルク金属ガラスと焼入鋼の摩耗挙動を比較した。著者らは5] Zr基バルク金属ガラスと焼入鋼の摩耗挙動を比較した。著者らは、両者の摩擦係数は同等だったのにが類似しているのに対し、Zr基バルク金属ガラスの耐摩耗性が目立って低い事を報告し、根本的な摩耗過程の違いについて議論したZr基バルク金属ガラスで起こるのは脆性材料の摩耗なのに対し、焼入鋼の場合は凝着摩耗が起こる。Tam and Shekは、金属ガラスは対応する金属結晶よりも機械的強度や硬度が高い関わらず、摩擦係数も高い事を報告した[した [6]。一方Yoon et al. [7]は、Ni基金属ガラスを結晶化する際に硬度が上昇するが、摩擦係数と摩耗率も上昇する事を観測した。金属ガラスの硬度と摩擦特性の間には、一意的な相関は確立されていない。摩擦過程は巨視的マクロスケールでは複雑で、可塑性、構造緩和と変化[8]、物質の移着[9]、または混合[10, 11]とそれによる化学反応や構造変化が関わっている。

 

一方、金属ガラスはマイクロ電子機械部品、例えばマイクロギアや記録媒体[12, 13]、の素材の候補としても認識されている。この可能性は、過冷却液体状態の金属ガラスの、ナノメートルスケールまでの優れた熱可塑性成形性によるものである[14]。このような応用には、ナノメートルスケールでの金属ガラスの摩擦特性が決定的な重要性を持つ。近年、著者の数人は超高真空中でPt基金属ガラス表面とPt(111)表面のナノスケールの摩擦と摩耗の過程を比較する研究を行った[15]。どちらの表面も、相手材に不活性なダイアモンドを使った摩擦係数は辛うじて測れる大きさだった一方、SiOxを相手材に使った場合にははっきりと増加する事を我々は発見した。この観測は摩擦過程に、界面での合金化を含むかもしれない表面化学の影響がある事を示している。

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

オープンアクセス:このジャーナルで出版されている記事はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション4.0インターナショナル・ライセンスの下で配布されています(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)。原作者とソースへの適切なクレジットと、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスへのリンクを提供し、改変した場合にはその旨を記している場合、あらゆる媒体において無制限の使用、配布、複製が許可されています。

Metallic glasses are structurally amorphous metallic alloys whose compositions are designed to prevent crystallization upon cooling from the melt [1]. Owing to their low elastic moduli high hardness metallic glasses have been reported to provide low friction and low wear rates [2–4]. Studies comparing the macro-scale wear behavior of metallic glasses and their crystalline counter-parts or steel have reported ambiguous results. Kwon et al. [5] compared the wear behaviour of a Zr-based bulk metallic glass with hardened steel. While the friction coefficients of both materials were similar, the authors reported a significantly lower wear resistance for the Zr-based bulk metallic glass and discussed the difference of underlying wear mechanisms: brittle wear in the case of the Zr-based bulk metallic glass and adhesive wear in the case of the hardened steel. Tam and Shek reported a higher friction coefficient for metallic glasses than for their crystalline counterparts despite their higher mechanical strength and hardness [6], while Yoon et al. [7] observed an increase in hardness upon crystallization of a Ni-based metallic glass but also an increase in the friction coefficient and of the wear rate. No unique correlation between the hardness and the tribological behaviour of metallic glasses has been established so far. At the macro-scale the tribological mechanisms are complex and involve a combination of plasticity, structural relaxation and transformation [8], and material transfer [9], or mixing [10, 11] with subsequent chemical reactions and structural changes.

 

Meanwhile, metallic glasses have been recognized as potential materials for micro-electromechanical applications, such as micro-gears and media-storage devices [12, 13]. This potential owes to their excellent thermoplastic formability down to the nm-scale within their undercooled liquid region [14]. For such applications, the tribological performance of metallic glasses at the nanometer scale is of crucial importance. Recently, some of the authors have investigated the nanoscopic friction and wear mechanisms of a Pt-based metallic glass surface in UHV after its native oxide removal in comparison to a Pt(111) surface [15]. We found that the wear-less friction coefficient was barely measurable on both surfaces with an inert diamond counter-body, while it significantly increased with a SiOx counter-body. This observation demonstrates the effect of surface chemistry on tribological processes that may involve interfacial alloying.

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

Open Access: The articles published in this journal are distributed under the terms of the Creative Commons Attribution 4.0 International License (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/), which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided you give appropriate credit to the original author(s) and the source, provide a link to the Creative Commons license, and indicate if changes were made.

金属ガラスとは、アモルファス構造を持つ合金で、溶かした後で冷却しても結晶化が起こらないように組成を調整したものを言う[1]。その弾性率の低さと硬度の高さから、金属ガラスは摩擦係数と摩耗率が低い事が報告されている[2-4]。金属ガラスと、対応する金属結晶や鋼の巨視的な摩耗挙動を比較した研究では、両義的な結果が報告されている。Kwon et al. [5]はZr基バルク金属ガラスと焼入鋼の摩耗挙動を比較した。著者らは、両者の摩擦係数は同等だったのに対し、Zr基バルク金属ガラスの耐摩耗性が目立って低い事を報告し、根本的な摩耗過程の違いについて議論した:Zr基バルク金属ガラスで起こるのは脆性材料の摩耗なのに対し、焼入鋼の場合は凝着摩耗が起こる。Tam and Shekは、金属ガラスは対応する金属結晶よりも機械的強度や硬度が高いのに関わらず、摩擦係数も高い事を報告した[6]。一方Yoon et al. [7]は、Ni基金属ガラスを結晶化する際に硬度が上昇するが、摩擦係数と摩耗率も上昇する事を観測した。金属ガラスの硬度と摩擦特性の間には、一意的な相関は確立されていない。摩擦過程は巨視的スケールでは複雑で、可塑性、構造緩和と変化[8]、物質の移着[9]、または混合[10, 11]とそれによる化学反応や構造変化が関わっている。

 

一方、金属ガラスはマイクロ電子機械部品、例えばマイクロギアや記録媒体[12, 13]、の素材の候補としても認識されている。この可能性は、過冷却液体状態の金属ガラスの、ナノメートルスケールまでの優れた成形性によるものである[14]。このような応用には、ナノメートルスケールでの金属ガラスの摩擦特性が決定的な重要性を持つ。近年、著者の数人は超高真空中でPt基金属ガラス表面とPt(111)表面のナノスケールの摩擦と摩耗の過程を比較する研究を行った[15]。どちらの表面も、相手材に不活性なダイアモンドを使った摩擦係数は辛うじて測れる大きさだった一方、SiOxを相手材に使った場合にははっきりと増加する事を我々は発見した。この観測は摩擦過程に、界面での合金化を含むかもしれない表面化学の影響がある事を示している。

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

オープンアクセス:このジャーナルで出版されている記事はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション4.0インターナショナル・ライセンスの下で配布されています(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)。原作者とソースへの適切なクレジットと、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスへのリンクをし、改変した場合にはその旨を記している場合、あらゆる媒体において無制限の使用、配布、複製が許可されています。

金属ガラスとは、アモルファス非晶質構造を持つ合金で、溶かした後で冷却しても結晶化が起こらないように組成を調整したものを言う[1]。その弾性率の低さと硬度の高さから、金属ガラスは摩擦係数と摩耗率が低い事が報告されている[2-4]。金属ガラスと、対応する金属結晶や鋼の巨視的な摩耗挙動を比較した研究では、両義的な結果が報告されている。Kwon et al. [5]はZr基バルク金属ガラスと焼入鋼の摩耗挙動を比較した。著者らは、両者の摩擦係数は同等だったのに対し、Zr基バルク金属ガラスの耐摩耗性が目立って低い事を報告し、根本的な摩耗過程の違いについて議論した具体的にはZr基バルク金属ガラスで起こるのは脆性材料の摩耗なのに対し、焼入鋼の場合は凝着摩耗が起こる指摘する。Tam and Shekは、金属ガラスは対応する金属結晶よりも機械的強度や硬度が高いのに関わらず、摩擦係数も高い事を報告した[6]。一方Yoon et al. [7]は、Ni基金属ガラスを結晶化する際に硬度が上昇するが、摩擦係数と摩耗率も上昇する事を観測した。金属ガラスの硬度と摩擦特性の間には、一意的な相関は確立されていない。摩擦過程は巨視的スケールでは複雑で、可塑性、構造緩和と変化[8]、物質の移着[9]、または混合[10, 11]とそれによる化学反応や構造変化が関わっている。

 

一方、金属ガラスはマイクロ電子機械部品としての応用、例えばマイクロギアや記録媒体[12, 13]の素材の候補としても認識されている[12, 13]。この可能性は、過冷却液体状態の金属ガラスの、ナノメートルスケールまでの優れた成形性によるものである[14]。このような応用には、ナノメートルスケールでの金属ガラスの摩擦特性が決定的な重要性を持つ。近年最近、著者うちの数人は超高真空中においての自然酸化被膜の除去後のPt基金属ガラス表面とPt(111)表面のナノスケールの摩擦と摩耗の過程を比較する研究を行っている[15]。どちらの表面も、相手材に不活性なダイアモンドを使った場合の摩耗摩擦係数は辛うじて測れる大きさだったほど低いものであった一方、SiOxを相手材に使った場合有意にはっきりと増加する事を我々は発見した。この観測は摩擦過程に、界面での合金化を含むかもしれない表面化学の影響がある事を示している。

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

オープンアクセス:このジャーナルで出版されている記事はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション4.0インターナショナル・ライセンスの下で配布されています(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)。原作者とソース出典元への適切クレジット明記され、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスへのリンクを提供し、改変した場合にはその旨を記している場合において、あらゆる媒体において無制限の使用、配布、複製が許可されています。

Metallic glasses are structurally amorphous metallic alloys whose compositions are designed to prevent crystallization upon cooling from the melt [1]. Owing to their low elastic moduli high hardness metallic glasses have been reported to provide low friction and low wear rates [2–4]. Studies comparing the macro-scale wear behavior of metallic glasses and their crystalline counter-parts or steel have reported ambiguous results. Kwon et al. [5] compared the wear behaviour of a Zr-based bulk metallic glass with hardened steel. While the friction coefficients of both materials were similar, the authors reported a significantly lower wear resistance for the Zr-based bulk metallic glass and discussed the difference of underlying wear mechanisms: brittle wear in the case of the Zr-based bulk metallic glass and adhesive wear in the case of the hardened steel. Tam and Shek reported a higher friction coefficient for metallic glasses than for their crystalline counterparts despite their higher mechanical strength and hardness [6], while Yoon et al. [7] observed an increase in hardness upon crystallization of a Ni-based metallic glass but also an increase in the friction coefficient and of the wear rate. No unique correlation between the hardness and the tribological behaviour of metallic glasses has been established so far. At the macro-scale the tribological mechanisms are complex and involve a combination of plasticity, structural relaxation and transformation [8], and material transfer [9], or mixing [10, 11] with subsequent chemical reactions and structural changes.

 

Meanwhile, metallic glasses have been recognized as potential materials for micro-electromechanical applications, such as micro-gears and media-storage devices [12, 13]. This potential owes to their excellent thermoplastic formability down to the nm-scale within their undercooled liquid region [14]. For such applications, the tribological performance of metallic glasses at the nanometer scale is of crucial importance. Recently, some of the authors have investigated the nanoscopic friction and wear mechanisms of a Pt-based metallic glass surface in UHV after its native oxide removal in comparison to a Pt(111) surface [15]. We found that the wear-less friction coefficient was barely measurable on both surfaces with an inert diamond counter-body, while it significantly increased with a SiOx counter-body. This observation demonstrates the effect of surface chemistry on tribological processes that may involve interfacial alloying.

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

Open Access: The articles published in this journal are distributed under the terms of the Creative Commons Attribution 4.0 International License (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/), which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided you give appropriate credit to the original author(s) and the source, provide a link to the Creative Commons license, and indicate if changes were made.

 

金属ガラスとは、アモルファス構造を持つ合金で、溶かした後で冷却しても結晶化が起こらないように組成を調整したものを言う[1]。その弾性率の低さと硬度の高さから、金属ガラスは摩擦係数と摩耗率が低い事が報告されている[2-4]。金属ガラスと、対応する金属結晶や鋼の巨視的な摩耗挙動を比較した研究では、両義的な結果が報告されている。Kwon et al. [5]はZr基バルク金属ガラスと焼入鋼の摩耗挙動を比較した。著者らは、両者の摩擦係数は同等だったのに対し、Zr基バルク金属ガラスの耐摩耗性が目立って低い事を報告し、根本的な摩耗過程の違いについて議論した:Zr基バルク金属ガラスで起こるのは脆性材料の摩耗なのに対し、焼入鋼の場合は凝着摩耗が起こる。Tam and Shekは、金属ガラスは対応する金属結晶よりも機械的強度や硬度が高いのに関わらず、摩擦係数も高い事を報告した[6]。一方Yoon et al. [7]は、Ni基金属ガラスを結晶化する際に硬度が上昇するが、摩擦係数と摩耗率も上昇する事を観測した。金属ガラスの硬度と摩擦特性の間には、一意的な相関は確立されていない。摩擦過程は巨視的スケールでは複雑で、可塑性、構造緩和と変化[8]、物質の移着[9]、または混合[10, 11]とそれによる化学反応や構造変化が関わっている。

 

一方、金属ガラスはマイクロ電子機械部品、例えばマイクロギアや記録媒体[12, 13]、の素材の候補としても認識されている。この可能性は、過冷却液体状態の金属ガラスの、ナノメートルスケールまでの優れた成形性によるものである[14]。このような応用には、ナノメートルスケールでの金属ガラスの摩擦特性が決定的な重要性を持つ。近年、著者の数人は超高真空中でPt基金属ガラス表面とPt(111)表面のナノスケールの摩擦と摩耗の過程を比較する研究を行った[15]。どちらの表面も、相手材に不活性なダイアモンドを使った摩擦係数は辛うじて測れる大きさだった一方、SiOxを相手材に使った場合にははっきりと増加する事を我々は発見した。この観測は摩擦過程に、界面での合金化を含むかもしれない表面化学の影響がある事を示している。

https://link.springer.com/article/10.1007/s40544-017-0149-7

オープンアクセス:このジャーナルで出版されている記事はクリエイティブ・コモンズ・アトリビューション4.0インターナショナル・ライセンスの下で配布されています(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)。原作者とソースへの適切なクレジットと、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスへのリンクをし、改変した場合にはその旨を記している場合、あらゆる媒体において無制限の使用、配布、複製が許可されています。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>