分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

政治学・歴史学の英和翻訳サンプル
人文社会学チームが対応する英日翻訳・英文校正

政治学・歴史学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

政治学・歴史学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

The enormous growth in bilateral trade between China and Ethiopia has raised several issues. China as the world's second largest economy with manufacturing industrial sector as its economic basis is far advanced than that of Ethiopia, whose economy is mostly concentrated on agricultural products. Even then, their bilateral trade has been on the upswing where China has been exporting low cost manufactured consumer products in return for access to Ethiopia’s relatively large market and resources within the Horn of African region. A significant quantity of manufactured goods and machineries and transport equipment’s are utilized by much of the Chinese firms in Ethiopia for the various infrastructural projects (Marcy-Francoise 2011:16). In contexts where there is asymmetry in trade relations challenges in terms of the extent of trade reciprocities, trade imbalances, economic benefits, are inevitable. Problems of such nature are usually overcome through appropriate institutional mechanisms such as the WTO in order that it becomes obligatory for signatories to agree to abide by the institutional rules and regulations that have been put in place so that economic interactions can take place within an agreed framework effectively, and at the same allowing transparency and predictability in the relationships. In other words, the WTO agreements especially those involving reduction in tariff barriers have contributed towards the creation of a framework for an open trading system worldwide. Essentially therefore, it is not only the issue of asymmetric ties but also the potentiality of appropriate trade regimes that will be applicable in contexts where one trading partner, in view of its larger economic standing may be perceived in due course of time of benefiting more from the transactions. Although bilateral trade agreements provide scope for mutual observance of the same, there is little or no information on whether they are strictly adhered to. Such bilateral and multilateral agreements have been embarked upon by many countries including that of Ethiopia by undertaking several economic reforms aimed at overcoming economic crisis that have plagued them for many years.

(330)

https://bandungjournal.springeropen.com/articles/10.1186/s40728-014-0007-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

中国とエチオピアの二国間貿易における多大な成長はいくつかの問題を引き起こしている。中国は経済基盤として製造産業の領域で世界第二の経済大国であり、経済のほとんどが農業製品に集中しているエチオピアに比べはるかに進化している。それでもこの二国間貿易はここしばらく急増しており、中国はアフリカの角地域内にあるエチオピアの比較的大きな市場と資源へのアクセスを得る見返りとして、低価格で製造した消費者向け製品を輸出してきた。そして膨大な量の製造品、機械、そして輸送設備はエチオピアににある多くの中国企業により様々なインフラ事業で利用されている Marcy-Francoise 2011:16)。貿易関係が非対称な状況下においては、貿易の互恵性、貿易不均衡、そして経済利益に関連する課題は不可避である。このような問題は、通常WTOのような適切な機関的仕組みにより、協定の枠組み内で経済が効果的に相互に作用し、それと同時に国家間での透明性と予測性が保たれるよう、加盟国が制度的規則や法規に従うという合意を義務化することによって克服される。言い換えると、WTO協定、特に関税障壁削減に関わる協定内容は、世界中で開かれた貿易体制のための枠組み作成に向けて寄与したのだ。故に、本質的にここで対象となるのは非対称的な絆の問題だけでなく、ある貿易国が相手国に比べ取引からより多くの利益を得ているような状況において、その貿易国の大きな経済地位を考慮すると、適宜な貿易体制の可能性も対象となるのである。相互貿易協定は同じ内容を共通して順守するという範囲を提供するが、それが厳守されているかに関する情報はほとんどあるいは全く存在しない。このような二国間、そして多国間協定は、エチオピアを含めた多くの国が、長年彼らを苦しめてきた経済危機を打開することを目的としたいくつかの経済改革の取り組みに着手することにより始まった。

中国とエチオピアの二国間貿易における多大な途方もない成長はいくつかの問題を引き起こしている。中国は、製造産業を経済基盤として製造産業の領域で世界第二の経済大国であり、経済のほとんどが農業製品に集中しているエチオピアに比べはるかに進化している。それでもこの二国間貿易はここしばらく急増しており増大傾向にあり、中国はアフリカの角地域内にあるエチオピアの比較的大きな市場と資源へのアクセスを得る見返りとして、低価格で製造した消費者向け製品を輸出してきた。そして膨大な量の製造品、機械、そして輸送設備はエチオピアにある多くの中国企業により様々なインフラ事業で利用されている Marcy-Francoise 2011:16)。貿易関係が非対称な状況下においては、貿易の互恵性、貿易不均衡、そして経済利益に関連する課題は不可避である。このような問題は、通常世界貿易機関(WTOのような適切な機関的制度的仕組みにより、協定の枠組み内で経済が効果的に相互に作用し、それと同時に国家間での透明性と予測性が保たれるよう、加盟国が制度的規則や法規に従うという合意を義務化することによって克服される。言い換えると、WTO協定、特に関税障壁削減縮小に関わる協定内容は、世界中で開かれた貿易体制のための枠組み作成構築に向けて寄与したのだてきたゆえに、本質的にここで対象となるのは非対称的な関係の問題だけでなく、ある貿易国が貿易相手国に比べ取引からより多くの利益を得ているような状況において、その貿易国の大きな経済地位を考慮すると、適宜な適切な貿易体制の可能性も対象となるのである相互二国間貿易協定は同じ内容を共通して順守するという範囲を提供するが盛り込まれているが、それが厳守されているかに関する情報はほとんどあるいは全く存在しない。このような二国間、そして多国間協定への着手は、エチオピアを含めた多くの国、長年彼らを苦しめてきた経済危機を打開することを目的としたいくつかの経済改革の取り組みに着手することにより始まった。

中国とエチオピアの二国間貿易における多大な成長はいくつかの問題を引き起こしている。中国は経済基盤として製造産業の領域で世界第二の経済大国であり、経済のほとんどが農業製品に集中しているエチオピアに比べはるかに進化している。それでもこの二国間貿易はここしばらく急増しており、中国はアフリカの角地域内にあるエチオピアの比較的大きな市場と資源へのアクセスを得る見返りとして、低価格で製造した消費者向け製品を輸出してきた。そして膨大な量の製造品、機械、そして輸送設備はエチオピアにある多くの中国企業により様々なインフラ事業で利用されている Marcy-Francoise 2011:16)。貿易関係が非対称な状況下においては、貿易の互恵性、貿易不均衡、そして経済利益に関連する課題は不可避である。このような問題は、通常WTOのような適切な機関的仕組みにより、協定の枠組み内で経済が効果的に相互に作用し、それと同時に国家間での透明性と予測性が保たれるよう、加盟国が制度的規則や法規に従うという合意を義務化することによって克服される。言い換えると、WTO協定、特に関税障壁削減に関わる協定内容は、世界中で開かれた貿易体制のための枠組み作成に向けて寄与したのだ。故に、本質的にここで対象となるのは非対称的な絆の問題だけでなく、ある貿易国が相手国に比べ取引からより多くの利益を得ているような状況において、その貿易国の大きな経済地位を考慮すると、適宜な貿易体制の可能性も対象となるのである。相互貿易協定は同じ内容を共通して順守するという範囲を提供するが、それが厳守されているかに関する情報はほとんどあるいは全く存在しない。このような二国間、そして多国間協定は、エチオピアを含めた多くの国が、長年彼らを苦しめてきた経済危機を打開することを目的としたいくつかの経済改革の取り組みに着手することにより始まった。

The enormous growth in bilateral trade between China and Ethiopia has raised several issues. China as the world's second largest economy with manufacturing industrial sector as its economic basis is far advanced than that of Ethiopia, whose economy is mostly concentrated on agricultural products. Even then, their bilateral trade has been on the upswing where China has been exporting low cost manufactured consumer products in return for access to Ethiopia’s relatively large market and resources within the Horn of African region. A significant quantity of manufactured goods and machineries and transport equipment’s are utilized by much of the Chinese firms in Ethiopia for the various infrastructural projects (Marcy-Francoise 2011:16). In contexts where there is asymmetry in trade relations challenges in terms of the extent of trade reciprocities, trade imbalances, economic benefits, are inevitable. Problems of such nature are usually overcome through appropriate institutional mechanisms such as the WTO in order that it becomes obligatory for signatories to agree to abide by the institutional rules and regulations that have been put in place so that economic interactions can take place within an agreed framework effectively, and at the same allowing transparency and predictability in the relationships. In other words, the WTO agreements especially those involving reduction in tariff barriers have contributed towards the creation of a framework for an open trading system worldwide. Essentially therefore, it is not only the issue of asymmetric ties but also the potentiality of appropriate trade regimes that will be applicable in contexts where one trading partner, in view of its larger economic standing may be perceived in due course of time of benefiting more from the transactions. Although bilateral trade agreements provide scope for mutual observance of the same, there is little or no information on whether they are strictly adhered to. Such bilateral and multilateral agreements have been embarked upon by many countries including that of Ethiopia by undertaking several economic reforms aimed at overcoming economic crisis that have plagued them for many years.

(330)

https://bandungjournal.springeropen.com/articles/10.1186/s40728-014-0007-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

中国とエチオピアの二国間貿易における多大な成長はいくつかの問題を引き起こしている。中国は経済基盤として製造産業の領域で世界第二の経済大国であり、経済のほとんどが農業製品に集中しているエチオピアに比べはるかに進化している。それでもこの二国間貿易はここしばらく急増しており、中国はアフリカの角地域内にあるエチオピアの比較的大きな市場と資源へのアクセスを得る見返りとして、低価格で製造した消費者向け製品を輸出してきた。そして膨大な量の製造品、機械、そして輸送設備はエチオピアににある多くの中国企業により様々なインフラ事業で利用されている Marcy-Francoise 2011:16)。貿易関係が非対称な状況下においては、貿易の互恵性、貿易不均衡、そして経済利益に関連する課題は不可避である。このような問題は、通常WTOのような適切な機関的仕組みにより、協定の枠組み内で経済が効果的に相互に作用し、それと同時に国家間での透明性と予測性が保たれるよう、加盟国が制度的規則や法規に従うという合意を義務化することによって克服される。言い換えると、WTO協定、特に関税障壁削減に関わる協定内容は、世界中で開かれた貿易体制のための枠組み作成に向けて寄与したのだ。故に、本質的にここで対象となるのは非対称的な絆の問題だけでなく、ある貿易国が相手国に比べ取引からより多くの利益を得ているような状況において、その貿易国の大きな経済地位を考慮すると、適宜な貿易体制の可能性も対象となるのである。相互貿易協定は同じ内容を共通して順守するという範囲を提供するが、それが厳守されているかに関する情報はほとんどあるいは全く存在しない。このような二国間、そして多国間協定は、エチオピアを含めた多くの国が、長年彼らを苦しめてきた経済危機を打開することを目的としたいくつかの経済改革の取り組みに着手することにより始まった。

中国とエチオピアの二国間貿易における多大な途方もない成長はいくつかの問題を引き起こしている。中国は、製造産業を経済基盤として製造産業の領域で世界第二の経済大国であり、経済のほとんどが農業製品に集中しているエチオピアに比べはるかに進化している。それでもこの二国間貿易はここしばらく急増しており増大傾向にあり、中国はアフリカの角地域内にあるエチオピアの比較的大きな市場と資源へのアクセスを得る見返りとして、低価格で製造した消費者向け製品を輸出してきた。そして膨大な量の製造品、機械、そして輸送設備はエチオピアにある多くの中国企業により様々なインフラ事業で利用されている Marcy-Francoise 2011:16)。貿易関係が非対称な状況下においては、貿易の互恵性、貿易不均衡、そして経済利益に関連する課題は不可避である。このような問題は、通常世界貿易機関(WTOのような適切な機関的制度的仕組みにより、協定の枠組み内で経済が効果的に相互に作用し、それと同時に国家間での透明性と予測性が保たれるよう、加盟国が制度的規則や法規に従うという合意を義務化することによって克服される。言い換えると、WTO協定、特に関税障壁削減縮小に関わる協定内容は、世界中で開かれた貿易体制のための枠組み作成構築に向けて寄与したのだてきたゆえに、本質的にここで対象となるのは非対称的な関係の問題だけでなく、ある貿易国が貿易相手国に比べ取引からより多くの利益を得ているような状況において、その貿易国の大きな経済地位を考慮すると、適宜な適切な貿易体制の可能性も対象となるのである相互二国間貿易協定は同じ内容を共通して順守するという範囲を提供するが盛り込まれているが、それが厳守されているかに関する情報はほとんどあるいは全く存在しない。このような二国間、そして多国間協定への着手は、エチオピアを含めた多くの国、長年彼らを苦しめてきた経済危機を打開することを目的としたいくつかの経済改革の取り組みに着手することにより始まった。

The enormous growth in bilateral trade between China and Ethiopia has raised several issues. China as the world's second largest economy with manufacturing industrial sector as its economic basis is far advanced than that of Ethiopia, whose economy is mostly concentrated on agricultural products. Even then, their bilateral trade has been on the upswing where China has been exporting low cost manufactured consumer products in return for access to Ethiopia’s relatively large market and resources within the Horn of African region. A significant quantity of manufactured goods and machineries and transport equipment’s are utilized by much of the Chinese firms in Ethiopia for the various infrastructural projects (Marcy-Francoise 2011:16). In contexts where there is asymmetry in trade relations challenges in terms of the extent of trade reciprocities, trade imbalances, economic benefits, are inevitable. Problems of such nature are usually overcome through appropriate institutional mechanisms such as the WTO in order that it becomes obligatory for signatories to agree to abide by the institutional rules and regulations that have been put in place so that economic interactions can take place within an agreed framework effectively, and at the same allowing transparency and predictability in the relationships. In other words, the WTO agreements especially those involving reduction in tariff barriers have contributed towards the creation of a framework for an open trading system worldwide. Essentially therefore, it is not only the issue of asymmetric ties but also the potentiality of appropriate trade regimes that will be applicable in contexts where one trading partner, in view of its larger economic standing may be perceived in due course of time of benefiting more from the transactions. Although bilateral trade agreements provide scope for mutual observance of the same, there is little or no information on whether they are strictly adhered to. Such bilateral and multilateral agreements have been embarked upon by many countries including that of Ethiopia by undertaking several economic reforms aimed at overcoming economic crisis that have plagued them for many years.

(330)

https://bandungjournal.springeropen.com/articles/10.1186/s40728-014-0007-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

中国とエチオピアの二国間貿易における多大な成長はいくつかの問題を引き起こしている。中国は経済基盤として製造産業の領域で世界第二の経済大国であり、経済のほとんどが農業製品に集中しているエチオピアに比べはるかに進化している。それでもこの二国間貿易はここしばらく急増しており、中国はアフリカの角地域内にあるエチオピアの比較的大きな市場と資源へのアクセスを得る見返りとして、低価格で製造した消費者向け製品を輸出してきた。そして膨大な量の製造品、機械、そして輸送設備はエチオピアににある多くの中国企業により様々なインフラ事業で利用されている Marcy-Francoise 2011:16)。貿易関係が非対称な状況下においては、貿易の互恵性、貿易不均衡、そして経済利益に関連する課題は不可避である。このような問題は、通常WTOのような適切な機関的仕組みにより、協定の枠組み内で経済が効果的に相互に作用し、それと同時に国家間での透明性と予測性が保たれるよう、加盟国が制度的規則や法規に従うという合意を義務化することによって克服される。言い換えると、WTO協定、特に関税障壁削減に関わる協定内容は、世界中で開かれた貿易体制のための枠組み作成に向けて寄与したのだ。故に、本質的にここで対象となるのは非対称的な絆の問題だけでなく、ある貿易国が相手国に比べ取引からより多くの利益を得ているような状況において、その貿易国の大きな経済地位を考慮すると、適宜な貿易体制の可能性も対象となるのである。相互貿易協定は同じ内容を共通して順守するという範囲を提供するが、それが厳守されているかに関する情報はほとんどあるいは全く存在しない。このような二国間、そして多国間協定は、エチオピアを含めた多くの国が、長年彼らを苦しめてきた経済危機を打開することを目的としたいくつかの経済改革の取り組みに着手することにより始まった。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>