分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

環境科学の英和翻訳サンプル
物理科学・工学チームが対応する英日翻訳・英文校正

環境科学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

環境科学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Another risk that nuclear power plants pose is inherent to their design and serves to highlight why it is critical that the design of a reactor that contains fissionable fuel rods during its normal operation be centered on safety. The Mark 1 containment vessel, first produced by GE in the 1960s and still in use at Fukushima NPP at the time of the accident there, contributed to the catastrophic events of 2011 (Zeller 2011). As early as 1975, it was known that there had not been sufficient testing of the containment design and that any flaws that might persist could compromise the safety of the plant and its surroundings. But the warning did not lead to a halt in the operating of the design because it had by that time been widely accepted throughout the nuclear power industry. Harold Denton, a retired NRC (U.S. Nuclear Regulatory Commission) official, pointed out that the probability of a Mark 1-type reactor bursting if the fuel rods were to enter into meltdown was approximately 90 % (Denton 1987). In the United States, there remain 23 Mark 1 reactors that are exactly the same reactor design as those four reactors damaged at the Fukushima NPP site still in operation, located at 16 NPPs, including: Oyster Creek, New Jersey; Dresden, Illinois; and Monticello, Minnesota. The host communities of NPPs that still operate Mark 1 reactors are at greater risk of exposure to a Fukushima-like disaster than sites with safer reactor designs. Nuclear power plants are also vulnerable to seismic events of the type that played a role in triggering the catastrophe at Fukushima. The NPPs sited along the U.S. eastern seaboard in particular do not include in their designs any kind of measures meant to shield against the aftereffects of a strong earthquake (Koch 2011).

 

At the core of many of these concerns regarding NPPs is the fact that radiation poses a risk to public health. Radiation is a public health concern for two main reasons. First, humans’ ability to structure their environment, as individuals, is rapidly decreasing because of population implosion. This results in the inability to completely avoid exposure from human-made sources of radiation. Second, radiation health effects are not unique and are detected only statistically.

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

原子力発電所の提起するもう一つのリスクは、その設計に内在しており、通常操業時に核分裂性の制御棒を内包する原子炉が安全性を重視して設計されることの重要性を明示している。1960年代にGEにより生産されたMark-I型原子炉格納容器は、2011年の事故時にも福島原発にて使われ続けており、大災害の一要因であった(ゼラー 2011)。当該格納容器の設計に対して十分な検査が行われておらず、どのような欠陥であっても継続する際には原子炉及び周辺の安全性が脅かされる可能性があることは、早くも1975年には指摘されていた。しかし、当該型原子炉が原子力産業において広く受け入れられていたため、その警笛は操業停止には至らなかった。米国の原子力規制委員会(NRC)を退官したハロルド・デントン氏は、核燃料棒が炉心融解状態になった際にMark-I型格納容器が爆発する可能性は約90%である旨指摘している(デントン 1987)。現在、米国では福島原子力発電所で損害を受けた4基と同一設計のMark-I型原子炉が23基稼働しており、それらはニュージャージ州オイスタークリーク、イリノイ州ドレスデン、ミネソタ州モンティチェロを含む16の原子力発電所に設置されている。Mark-I型原子炉を操業させ続ける原子力発電所を受け入れた市町村は、より安全な設計を有する原子炉の所在地に比べて、福島原発級の災害に見舞われるリスクにさらされている。また、原子力発電所は、福島で大災害を引き起こした規模の地震に対して脆弱である。特に米東海岸に沿って建設された原子力発電所は、強い地震発生後の作用から守るための設計が全く含まれていない (コッチ 2011).

 

これら原子力発電所に対する懸念の核心には、放射能が国民の健康をリスクに晒すことにある。放射能は、2つの理由から国民の健康への影響が懸念される。第一に、人間が自らの住環境を選択することが人口増によってより困難になってきており、人的要因により発生する放射能被ばくを完全に防ぐことができないことが挙げられる。第二に、放射能による健康被害が検出できるのは個々人レベルではなく統計上のみであることも懸念材料である。

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

原子力発電所の提起するもう一つのリスクは、その設計に内在しており、通常操業時に核分裂性の制御棒燃料棒を内包する原子炉が安全性を重視して設計されることの重要性を明示している。1960年代にGEにより生産されたMark-I型原子炉格納容器は、2011年の事故時にも福島原発にて使われ続けており、大災害大惨事の一要因であったとなった(Zeller ゼラー 2011)。当該格納容器の設計に対して十分な検査試験が行われておらず、どのような欠陥であっても対処しなければ継続する際には原子炉及び周辺の安全性が脅かされる可能性があることは、早くも1975年には指摘されていた。しかし、当該型原子炉が原子力産業において広く受け入れられていたため、その警笛は操業停止には至らなかった。米国の原子力規制委員会(NRC)を退官したハロルド・デントン氏は、核燃料棒が炉心融解溶融状態になった際にMark-I型格納容器が爆発する可能性は約90%である旨指摘している(Dentonデントン 1987)。現在、米国では福島原子力電所で損害を受けた4基と同一設計のMark-I型原子炉が23基稼働しており、それらはニュージャージ州オイスタークリーク、イリノイ州ドレスデン、ミネソタ州モンティチェロを含む16の原子力電所に設置されている。未だにMark-I型原子炉を操業させ続けている原子力電所を受け入れている市町村は、より安全な設計を有する原子炉の所在地に比べて、福島原発の様な災害に見舞われる可能性が高いといリスクにさらされている。また、原子力発電所は、福島で大災害を引き起こした規模の地震に対して脆弱である。特に米東海岸に沿って建設された原子力電所に関しては、強い地震発生後の作用から守るための設計が全く含まれていない (Koch コッチ 2011).

 

これら原子力電所に対する懸念の核心には、放射能が国民公衆の健康をリスクに晒すことにある。放射能は、2つの理由から国民公衆の健康への影響が懸念される。第一に、人間が自らの住環境を選択することが人口増によってより困難になってきており、人的要因により発生する放射能被ばくを完全に防ぐことができないことが挙げられる。第二に、放射能による健康被害が検出できるのは個々人レベルではなくは特有ではなく統計上のみ検出可能であることも懸念材料である。

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

原子力発電所の提起するもう一つのリスクは、その設計に内在しており、通常操業時に核分裂性の制御棒を内包する原子炉が安全性を重視して設計されることの重要性を明示している。1960年代にGEにより生産されたMark-I型原子炉格納容器は、2011年の事故時にも福島原発にて使われ続けており、大災害の一要因であった(ゼラー 2011)。当該格納容器の設計に対して十分な検査が行われておらず、どのような欠陥であっても継続する際には原子炉及び周辺の安全性が脅かされる可能性があることは、早くも1975年には既に指摘されていた。しかし、当該型原子炉が原子力産業において広く受け入れられていたため、その警笛は操業停止には至らなかった。米国の原子力規制委員会(NRC)を退官したハロルド・デントン氏は、核燃料棒が炉心融解状態になった際にMark-I型格納容器が爆発する可能性は約90%である旨指摘している(デントン 1987)。現在、米国では福島原子力発電所で損害を受けた4基と同一設計のMark-I型原子炉が23基稼働しており、それらはニュージャージ州オイスタークリーク、イリノイ州ドレスデン、ミネソタ州モンティチェロを含む16の原子力発電所に設置されている。Mark-I型原子炉を操業させ続ける原子力発電所を受け入れた市町村は、より安全な設計を有する原子炉の所在地に比べて、福島原発級の災害に見舞われるリスクにさらされている。また、原子力発電所は、福島で大災害を引き起こした規模の地震に対して脆弱である。特に米東海岸に沿って建設された原子力発電所は、強い地震発生後の作用から守るための設計が全く含まれていない (コッチ 2011).

 

これら原子力発電所に対する懸念の核心には、放射能が国民の健康をリスクに晒すことにある。放射能は、2つの理由から国民の健康への影響が懸念される。第一に、人間が自らの住環境を選択することが人口増によってより困難になってきており、人的要因により発生する放射能被ばくを完全に防ぐことができないことが挙げられる。第二に、放射能による健康被害が検出できるのは個々人レベルではなく統計上のみであることも懸念材料である。

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

Another risk that nuclear power plants pose is inherent to their design and serves to highlight why it is critical that the design of a reactor that contains fissionable fuel rods during its normal operation be centered on safety. The Mark 1 containment vessel, first produced by GE in the 1960s and still in use at Fukushima NPP at the time of the accident there, contributed to the catastrophic events of 2011 (Zeller 2011). As early as 1975, it was known that there had not been sufficient testing of the containment design and that any flaws that might persist could compromise the safety of the plant and its surroundings. But the warning did not lead to a halt in the operating of the design because it had by that time been widely accepted throughout the nuclear power industry. Harold Denton, a retired NRC (U.S. Nuclear Regulatory Commission) official, pointed out that the probability of a Mark 1-type reactor bursting if the fuel rods were to enter into meltdown was approximately 90 % (Denton 1987). In the United States, there remain 23 Mark 1 reactors that are exactly the same reactor design as those four reactors damaged at the Fukushima NPP site still in operation, located at 16 NPPs, including: Oyster Creek, New Jersey; Dresden, Illinois; and Monticello, Minnesota. The host communities of NPPs that still operate Mark 1 reactors are at greater risk of exposure to a Fukushima-like disaster than sites with safer reactor designs. Nuclear power plants are also vulnerable to seismic events of the type that played a role in triggering the catastrophe at Fukushima. The NPPs sited along the U.S. eastern seaboard in particular do not include in their designs any kind of measures meant to shield against the aftereffects of a strong earthquake (Koch 2011).

 

At the core of many of these concerns regarding NPPs is the fact that radiation poses a risk to public health. Radiation is a public health concern for two main reasons. First, humans’ ability to structure their environment, as individuals, is rapidly decreasing because of population implosion. This results in the inability to completely avoid exposure from human-made sources of radiation. Second, radiation health effects are not unique and are detected only statistically.

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

原子力発電所の提起するもう一つのリスクは、その設計に内在しており、通常操業時に核分裂性の制御棒を内包する原子炉が安全性を重視して設計されることの重要性を明示している。1960年代にGEにより生産されたMark-I型原子炉格納容器は、2011年の事故時にも福島原発にて使われ続けており、大災害の一要因であった(ゼラー 2011)。当該格納容器の設計に対して十分な検査が行われておらず、どのような欠陥であっても継続する際には原子炉及び周辺の安全性が脅かされる可能性があることは、早くも1975年には指摘されていた。しかし、当該型原子炉が原子力産業において広く受け入れられていたため、その警笛は操業停止には至らなかった。米国の原子力規制委員会(NRC)を退官したハロルド・デントン氏は、核燃料棒が炉心融解状態になった際にMark-I型格納容器が爆発する可能性は約90%である旨指摘している(デントン 1987)。現在、米国では福島原子力発電所で損害を受けた4基と同一設計のMark-I型原子炉が23基稼働しており、それらはニュージャージ州オイスタークリーク、イリノイ州ドレスデン、ミネソタ州モンティチェロを含む16の原子力発電所に設置されている。Mark-I型原子炉を操業させ続ける原子力発電所を受け入れた市町村は、より安全な設計を有する原子炉の所在地に比べて、福島原発級の災害に見舞われるリスクにさらされている。また、原子力発電所は、福島で大災害を引き起こした規模の地震に対して脆弱である。特に米東海岸に沿って建設された原子力発電所は、強い地震発生後の作用から守るための設計が全く含まれていない (コッチ 2011).

 

これら原子力発電所に対する懸念の核心には、放射能が国民の健康をリスクに晒すことにある。放射能は、2つの理由から国民の健康への影響が懸念される。第一に、人間が自らの住環境を選択することが人口増によってより困難になってきており、人的要因により発生する放射能被ばくを完全に防ぐことができないことが挙げられる。第二に、放射能による健康被害が検出できるのは個々人レベルではなく統計上のみであることも懸念材料である。

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

原子力発電所の提起するもう一つのリスクは、その設計に内在しており、通常操業時に核分裂性の制御棒燃料棒を内包する原子炉が安全性を重視して設計されることの重要性を明示している。1960年代にGEにより生産されたMark-I型原子炉格納容器は、2011年の事故時にも福島原発にて使われ続けており、大災害大惨事の一要因であったとなった(Zeller ゼラー 2011)。当該格納容器の設計に対して十分な検査試験が行われておらず、どのような欠陥であっても対処しなければ継続する際には原子炉及び周辺の安全性が脅かされる可能性があることは、早くも1975年には指摘されていた。しかし、当該型原子炉が原子力産業において広く受け入れられていたため、その警笛は操業停止には至らなかった。米国の原子力規制委員会(NRC)を退官したハロルド・デントン氏は、核燃料棒が炉心融解溶融状態になった際にMark-I型格納容器が爆発する可能性は約90%である旨指摘している(Dentonデントン 1987)。現在、米国では福島原子力電所で損害を受けた4基と同一設計のMark-I型原子炉が23基稼働しており、それらはニュージャージ州オイスタークリーク、イリノイ州ドレスデン、ミネソタ州モンティチェロを含む16の原子力電所に設置されている。未だにMark-I型原子炉を操業させ続けている原子力電所を受け入れている市町村は、より安全な設計を有する原子炉の所在地に比べて、福島原発の様な災害に見舞われる可能性が高いといリスクにさらされている。また、原子力発電所は、福島で大災害を引き起こした規模の地震に対して脆弱である。特に米東海岸に沿って建設された原子力電所に関しては、強い地震発生後の作用から守るための設計が全く含まれていない (Koch コッチ 2011).

 

これら原子力電所に対する懸念の核心には、放射能が国民公衆の健康をリスクに晒すことにある。放射能は、2つの理由から国民公衆の健康への影響が懸念される。第一に、人間が自らの住環境を選択することが人口増によってより困難になってきており、人的要因により発生する放射能被ばくを完全に防ぐことができないことが挙げられる。第二に、放射能による健康被害が検出できるのは個々人レベルではなくは特有ではなく統計上のみ検出可能であることも懸念材料である。

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

Another risk that nuclear power plants pose is inherent to their design and serves to highlight why it is critical that the design of a reactor that contains fissionable fuel rods during its normal operation be centered on safety. The Mark 1 containment vessel, first produced by GE in the 1960s and still in use at Fukushima NPP at the time of the accident there, contributed to the catastrophic events of 2011 (Zeller 2011). As early as 1975, it was known that there had not been sufficient testing of the containment design and that any flaws that might persist could compromise the safety of the plant and its surroundings. But the warning did not lead to a halt in the operating of the design because it had by that time been widely accepted throughout the nuclear power industry. Harold Denton, a retired NRC (U.S. Nuclear Regulatory Commission) official, pointed out that the probability of a Mark 1-type reactor bursting if the fuel rods were to enter into meltdown was approximately 90 % (Denton 1987). In the United States, there remain 23 Mark 1 reactors that are exactly the same reactor design as those four reactors damaged at the Fukushima NPP site still in operation, located at 16 NPPs, including: Oyster Creek, New Jersey; Dresden, Illinois; and Monticello, Minnesota. The host communities of NPPs that still operate Mark 1 reactors are at greater risk of exposure to a Fukushima-like disaster than sites with safer reactor designs. Nuclear power plants are also vulnerable to seismic events of the type that played a role in triggering the catastrophe at Fukushima. The NPPs sited along the U.S. eastern seaboard in particular do not include in their designs any kind of measures meant to shield against the aftereffects of a strong earthquake (Koch 2011).

 

At the core of many of these concerns regarding NPPs is the fact that radiation poses a risk to public health. Radiation is a public health concern for two main reasons. First, humans’ ability to structure their environment, as individuals, is rapidly decreasing because of population implosion. This results in the inability to completely avoid exposure from human-made sources of radiation. Second, radiation health effects are not unique and are detected only statistically.

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

原子力発電所の提起するもう一つのリスクは、その設計に内在しており、通常操業時に核分裂性の制御棒を内包する原子炉が安全性を重視して設計されることの重要性を明示している。1960年代にGEにより生産されたMark-I型原子炉格納容器は、2011年の事故時にも福島原発にて使われ続けており、大災害の一要因であった(ゼラー 2011)。当該格納容器の設計に対して十分な検査が行われておらず、どのような欠陥であっても継続する際には原子炉及び周辺の安全性が脅かされる可能性があることは、早くも1975年には指摘されていた。しかし、当該型原子炉が原子力産業において広く受け入れられていたため、その警笛は操業停止には至らなかった。米国の原子力規制委員会(NRC)を退官したハロルド・デントン氏は、核燃料棒が炉心融解状態になった際にMark-I型格納容器が爆発する可能性は約90%である旨指摘している(デントン 1987)。現在、米国では福島原子力発電所で損害を受けた4基と同一設計のMark-I型原子炉が23基稼働しており、それらはニュージャージ州オイスタークリーク、イリノイ州ドレスデン、ミネソタ州モンティチェロを含む16の原子力発電所に設置されている。Mark-I型原子炉を操業させ続ける原子力発電所を受け入れた市町村は、より安全な設計を有する原子炉の所在地に比べて、福島原発級の災害に見舞われるリスクにさらされている。また、原子力発電所は、福島で大災害を引き起こした規模の地震に対して脆弱である。特に米東海岸に沿って建設された原子力発電所は、強い地震発生後の作用から守るための設計が全く含まれていない (コッチ 2011).

 

これら原子力発電所に対する懸念の核心には、放射能が国民の健康をリスクに晒すことにある。放射能は、2つの理由から国民の健康への影響が懸念される。第一に、人間が自らの住環境を選択することが人口増によってより困難になってきており、人的要因により発生する放射能被ばくを完全に防ぐことができないことが挙げられる。第二に、放射能による健康被害が検出できるのは個々人レベルではなく統計上のみであることも懸念材料である。

(373)

https://link.springer.com/article/10.1007/s13753-015-0075-0

https://www.springeropen.com/about/open-access

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>