分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)
年末年始も元旦も通常営業中 

工学の英和翻訳サンプル
物理科学・工学チームが対応する英日翻訳・英文校正

工学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

工学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

In this study, three different 1/3rd scaled precast specimens with different wet connections are constructed and tested to study the behavior of wet connection during progressive collapse situations. In precast wet connection-1 (PC-CRW), continuity between beam and column is maintained by welding the top beam reinforcement bars protruding toward the column face with those projecting out from the column. The length of each reinforcement bar projecting from beam as well as column is 100 mm with the weld length of 80 mm within connection zone. The beam length resting on the corbel is kept as 50 mm. Apart from this two 12-mm-diameter bars with 50 mm length are projecting from the RC corbel into the connection zone. The empty spaces as shown in Fig. 6 are filled with cast in place micro concrete.

Precast beam is casted with normal cast in place concrete for only 90 mm portion from bottom face for precast wet connection-2 (PC-CRS). The remaining part of beam with 45 mm from top face is kept open as shown in Fig. 6, to provide continuity by inserting two 10-mm-diameter reinforcement bars of length 400 mm projecting from column into the stirrups of beam in open area. The beam length resting on the corbel is kept 50 mm. Apart from this two 12-mm-diameter bars with 50 mm length are projecting from the RC corbel into the connection zone. After inserting column reinforcement bars into the stirrups, the empty portion of 45 mm from top face of beam and connection region is filled with cast in place micro concrete. For precast wet connection-3 (PC-BRS) as shown in Fig. 6, RC corbel is replaced with the steel billet by keeping all other details are as it is. A hollow rectangular steel section is used as steel billet. The photographs of typical connection details for all the precast specimens are shown in Fig. 6.

M25 grade of concrete and Fe415 grade of steel are used for casting of all specimens. Material test includes testing of compressive strength of concrete. Because of reduced scale and small cross section aggregate of size 10 mm are used. Specific gravity of coarse aggregates (10 mm) and fine aggregate used for casting are 2.78 and 2.54, respectively.

(371)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40091-014-0072-3

https://www.springeropen.com/about/open-access

この研究では、3つの異なる1/3プレキャスト試験片と異なる湿潤接続を作り、それが徐々に崩れていく中、湿潤接続状況が変わる様子を図っていました。プレキャスト湿潤接続1(PC-CRW)では、柱面に向かって突出する上部の梁の補強バーを、柱から突出したものと溶接することによって、梁と柱との間の連続性が維持させました。梁と柱から突出している各補強バーの長さは100 mmで、接続ゾーン内の溶接長さは80 mmです。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。図6に示されているような空きスペースは、マイクロコンクリートの鋳込みで充填されています。

プレキャストビームは、プレキャスト湿潤接続-2(PC-CRS)の底面からわずか90mmの部分だけ通常のコンクリートで鋳造されます。上面から45mmの梁の残りの部分は、図6に示すように開いており、2本の10mm直径で長さ400mmの補強バーを挿入することによって継続させています。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。ストラップに柱補強バーを挿入した後、梁と接続領域の上面から45mmの空き部分に、マイクロコンクリートを充填ました。図6に示すように、プレキャストウェット接続3(PC-BRS)の場合、RCコーベルは、他のすべての詳細をそのまま維持して鋼ビレットに交換しました。鋼ビレットとして中空の長方形の鋼を用いました。すべてのプレキャスト標本の典型的な接続の詳細の写真は図6として掲載しています。

すべての試験片を鋳造には、M25級のコンクリートとFe415級の鋼を使用しました。材料試験には、コンクリートの圧縮強度の試験が含まれます。縮尺が小さく、断面が小さいため、サイズ10mmの集合体が使用されました。粗骨材(10mm)および鋳造に使用される細骨材の比重は、それぞれ2.78および2.54です。

 この研究では、進行性崩壊状況下でのウェットジョイント接合部挙動を調べるた3異なる方法ウェット・ジョイント接合された1/3スケールのプレキャスト試験異なる湿潤接続を試験にかけり、それ徐々に崩れていく中、湿潤接続状況が変わる様子を図っていました。プレキャスト湿潤ウェット・ジョイント接続1(PC-CRW)では、柱面に向かって突出する上部の梁の補強鉄筋バー柱から突出したものと溶接することによって、梁と柱との間の連続性維持させました。梁と柱から突出している各補強バー鉄筋の長さは100 mm接続ゾーン接合部内の溶接長さは80 mmとしたです。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれていますめた。これとは別に、2本の直径12mm長さ50mmの鉄筋バー、RCコーベルから接続ゾーン接合部に突出しています。図6に示されているような空きスペースは、現場打ちマイクロコンクリートの鋳込みで充填されていますした

 プレキャストビームは、プレキャスト・ウェット・ジョイントプレキャスト湿潤接続-2(PC-CRS)の底面からわずか90mmの部分だけ通常の現場打ちコンクリートで鋳造したされます。上面から45mmの梁の残りの部分は、図6に示すように開いており、2本の直径10mm直径で長さ400mmの補強バー補強鉄筋を挿入することによって継続させています。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに留めたに保たれています。これとは別に、2本の直径12mm長さ50mmのバー鉄筋は、RCコーベルから接続ゾーン接合部に突出していますあばら筋ストラップに柱補強鉄筋バーを挿入した後、梁と接続領域の上面から45mmの空き部分に現場打ちマイクロコンクリートを充填した。図6に示すように、プレキャスト・ウェット・ジョイントプレキャストウェット接続3(PC-BRS)の場合、RCコーベルは、他のすべての詳細そのまま維持RCコーベルのみを鋼ビレットに交換しました。鋼ビレットとして中空の長方形のの中空構造セクションを用いました。すべてのプレキャスト標本試験典型的代表的接続結合部の詳細の写真は図6として掲載しています

 すべての試験片を鋳造には、に使用したM25コンクリートは粒度調整砕石のグレードM-25のものをFe415級のFe 415等級のものを使用した。材料試験には、コンクリートの圧縮強度の試験を含めたが含まれます。縮尺が小さく、断面が小さいため、サイズ10mm集合体骨材が使用されました。粗骨材(10mm)および鋳造に使用され細骨材の比重は、それぞれ2.78および2.54った

この研究では、3つの異なる1/3プレキャスト試験片と異なる湿潤接続を作り、それが徐々に崩れていく中、湿潤接続状況が変わる様子を図っていました検査する。プレキャスト湿潤接続1(PC-CRW)では、柱面に向かって突出する上部の梁の補強バーを、柱から突出したものと溶接することによって、梁と柱との間の連続性が維持させましたれる。梁と柱から突出している各補強バーの長さは100 mmで、接続ゾーン内の溶接長さは80 mmです。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。図6に示されているような空きスペースは、マイクロコンクリートの鋳込みで充填されています

プレキャストビームは、プレキャスト湿潤接続-2(PC-CRS)の底面からわずか90mmの部分だけ通常のコンクリートで鋳造されます。上面から45mmの梁の残りの部分は、図6に示すように開いており、2本の10mm直径で長さ400mmの補強バーを挿入することによって継続させていますコーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。ストラップに柱補強バーを挿入した後、梁と接続領域の上面から45mmの空き部分に、マイクロコンクリートを充填ましたした。図6に示すように、プレキャストウェット接続3(PC-BRS)の場合、RCコーベルは、他のすべての詳細をそのまま維持して鋼ビレットに交換しましたされる。鋼ビレットとして中空の長方形の鋼を用いました使用した。すべてのプレキャスト標本の典型的な接続の詳細の写真は図6として掲載していますする

すべての試験片を鋳造には、M25級のコンクリートとFe415級の鋼を使用しました。材料試験には、コンクリートの圧縮強度の試験が含まれます。縮尺が小さく、断面が小さいため、サイズ10mmの集合体使用されましたする。粗骨材(10mm)および鋳造に使用される細骨材の比重は、それぞれ2.78および2.54である

In this study, three different 1/3rd scaled precast specimens with different wet connections are constructed and tested to study the behavior of wet connection during progressive collapse situations. In precast wet connection-1 (PC-CRW), continuity between beam and column is maintained by welding the top beam reinforcement bars protruding toward the column face with those projecting out from the column. The length of each reinforcement bar projecting from beam as well as column is 100 mm with the weld length of 80 mm within connection zone. The beam length resting on the corbel is kept as 50 mm. Apart from this two 12-mm-diameter bars with 50 mm length are projecting from the RC corbel into the connection zone. The empty spaces as shown in Fig. 6 are filled with cast in place micro concrete.

Precast beam is casted with normal cast in place concrete for only 90 mm portion from bottom face for precast wet connection-2 (PC-CRS). The remaining part of beam with 45 mm from top face is kept open as shown in Fig. 6, to provide continuity by inserting two 10-mm-diameter reinforcement bars of length 400 mm projecting from column into the stirrups of beam in open area. The beam length resting on the corbel is kept 50 mm. Apart from this two 12-mm-diameter bars with 50 mm length are projecting from the RC corbel into the connection zone. After inserting column reinforcement bars into the stirrups, the empty portion of 45 mm from top face of beam and connection region is filled with cast in place micro concrete. For precast wet connection-3 (PC-BRS) as shown in Fig. 6, RC corbel is replaced with the steel billet by keeping all other details are as it is. A hollow rectangular steel section is used as steel billet. The photographs of typical connection details for all the precast specimens are shown in Fig. 6.

M25 grade of concrete and Fe415 grade of steel are used for casting of all specimens. Material test includes testing of compressive strength of concrete. Because of reduced scale and small cross section aggregate of size 10 mm are used. Specific gravity of coarse aggregates (10 mm) and fine aggregate used for casting are 2.78 and 2.54, respectively.

(371)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40091-014-0072-3

https://www.springeropen.com/about/open-access

この研究では、3つの異なる1/3プレキャスト試験片と異なる湿潤接続を作り、それが徐々に崩れていく中、湿潤接続状況が変わる様子を図っていました。プレキャスト湿潤接続1(PC-CRW)では、柱面に向かって突出する上部の梁の補強バーを、柱から突出したものと溶接することによって、梁と柱との間の連続性が維持させました。梁と柱から突出している各補強バーの長さは100 mmで、接続ゾーン内の溶接長さは80 mmです。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。図6に示されているような空きスペースは、マイクロコンクリートの鋳込みで充填されています。

プレキャストビームは、プレキャスト湿潤接続-2(PC-CRS)の底面からわずか90mmの部分だけ通常のコンクリートで鋳造されます。上面から45mmの梁の残りの部分は、図6に示すように開いており、2本の10mm直径で長さ400mmの補強バーを挿入することによって継続させています。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。ストラップに柱補強バーを挿入した後、梁と接続領域の上面から45mmの空き部分に、マイクロコンクリートを充填ました。図6に示すように、プレキャストウェット接続3(PC-BRS)の場合、RCコーベルは、他のすべての詳細をそのまま維持して鋼ビレットに交換しました。鋼ビレットとして中空の長方形の鋼を用いました。すべてのプレキャスト標本の典型的な接続の詳細の写真は図6として掲載しています。

すべての試験片を鋳造には、M25級のコンクリートとFe415級の鋼を使用しました。材料試験には、コンクリートの圧縮強度の試験が含まれます。縮尺が小さく、断面が小さいため、サイズ10mmの集合体が使用されました。粗骨材(10mm)および鋳造に使用される細骨材の比重は、それぞれ2.78および2.54です。

 この研究では、進行性崩壊状況下でのウェットジョイント接合部挙動を調べるた3異なる方法ウェット・ジョイント接合された1/3スケールのプレキャスト試験異なる湿潤接続を試験にかけり、それ徐々に崩れていく中、湿潤接続状況が変わる様子を図っていました。プレキャスト湿潤ウェット・ジョイント接続1(PC-CRW)では、柱面に向かって突出する上部の梁の補強鉄筋バー柱から突出したものと溶接することによって、梁と柱との間の連続性維持させました。梁と柱から突出している各補強バー鉄筋の長さは100 mm接続ゾーン接合部内の溶接長さは80 mmとしたです。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれていますめた。これとは別に、2本の直径12mm長さ50mmの鉄筋バー、RCコーベルから接続ゾーン接合部に突出しています。図6に示されているような空きスペースは、現場打ちマイクロコンクリートの鋳込みで充填されていますした

 プレキャストビームは、プレキャスト・ウェット・ジョイントプレキャスト湿潤接続-2(PC-CRS)の底面からわずか90mmの部分だけ通常の現場打ちコンクリートで鋳造したされます。上面から45mmの梁の残りの部分は、図6に示すように開いており、2本の直径10mm直径で長さ400mmの補強バー補強鉄筋を挿入することによって継続させています。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに留めたに保たれています。これとは別に、2本の直径12mm長さ50mmのバー鉄筋は、RCコーベルから接続ゾーン接合部に突出していますあばら筋ストラップに柱補強鉄筋バーを挿入した後、梁と接続領域の上面から45mmの空き部分に現場打ちマイクロコンクリートを充填した。図6に示すように、プレキャスト・ウェット・ジョイントプレキャストウェット接続3(PC-BRS)の場合、RCコーベルは、他のすべての詳細そのまま維持RCコーベルのみを鋼ビレットに交換しました。鋼ビレットとして中空の長方形のの中空構造セクションを用いました。すべてのプレキャスト標本試験典型的代表的接続結合部の詳細の写真は図6として掲載しています

 すべての試験片を鋳造には、に使用したM25コンクリートは粒度調整砕石のグレードM-25のものをFe415級のFe 415等級のものを使用した。材料試験には、コンクリートの圧縮強度の試験を含めたが含まれます。縮尺が小さく、断面が小さいため、サイズ10mm集合体骨材が使用されました。粗骨材(10mm)および鋳造に使用され細骨材の比重は、それぞれ2.78および2.54った

In this study, three different 1/3rd scaled precast specimens with different wet connections are constructed and tested to study the behavior of wet connection during progressive collapse situations. In precast wet connection-1 (PC-CRW), continuity between beam and column is maintained by welding the top beam reinforcement bars protruding toward the column face with those projecting out from the column. The length of each reinforcement bar projecting from beam as well as column is 100 mm with the weld length of 80 mm within connection zone. The beam length resting on the corbel is kept as 50 mm. Apart from this two 12-mm-diameter bars with 50 mm length are projecting from the RC corbel into the connection zone. The empty spaces as shown in Fig. 6 are filled with cast in place micro concrete.

Precast beam is casted with normal cast in place concrete for only 90 mm portion from bottom face for precast wet connection-2 (PC-CRS). The remaining part of beam with 45 mm from top face is kept open as shown in Fig. 6, to provide continuity by inserting two 10-mm-diameter reinforcement bars of length 400 mm projecting from column into the stirrups of beam in open area. The beam length resting on the corbel is kept 50 mm. Apart from this two 12-mm-diameter bars with 50 mm length are projecting from the RC corbel into the connection zone. After inserting column reinforcement bars into the stirrups, the empty portion of 45 mm from top face of beam and connection region is filled with cast in place micro concrete. For precast wet connection-3 (PC-BRS) as shown in Fig. 6, RC corbel is replaced with the steel billet by keeping all other details are as it is. A hollow rectangular steel section is used as steel billet. The photographs of typical connection details for all the precast specimens are shown in Fig. 6.

M25 grade of concrete and Fe415 grade of steel are used for casting of all specimens. Material test includes testing of compressive strength of concrete. Because of reduced scale and small cross section aggregate of size 10 mm are used. Specific gravity of coarse aggregates (10 mm) and fine aggregate used for casting are 2.78 and 2.54, respectively.

(371)

https://link.springer.com/article/10.1007/s40091-014-0072-3

https://www.springeropen.com/about/open-access

この研究では、3つの異なる1/3プレキャスト試験片と異なる湿潤接続を作り、それが徐々に崩れていく中、湿潤接続状況が変わる様子を図っていました。プレキャスト湿潤接続1(PC-CRW)では、柱面に向かって突出する上部の梁の補強バーを、柱から突出したものと溶接することによって、梁と柱との間の連続性が維持させました。梁と柱から突出している各補強バーの長さは100 mmで、接続ゾーン内の溶接長さは80 mmです。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。図6に示されているような空きスペースは、マイクロコンクリートの鋳込みで充填されています。

プレキャストビームは、プレキャスト湿潤接続-2(PC-CRS)の底面からわずか90mmの部分だけ通常のコンクリートで鋳造されます。上面から45mmの梁の残りの部分は、図6に示すように開いており、2本の10mm直径で長さ400mmの補強バーを挿入することによって継続させています。コーベルに載っている梁の長さは50 mmに保たれています。これとは別に、2本の直径12mmで長さ50mmのバーは、RCコーベルから接続ゾーンに突出しています。ストラップに柱補強バーを挿入した後、梁と接続領域の上面から45mmの空き部分に、マイクロコンクリートを充填ました。図6に示すように、プレキャストウェット接続3(PC-BRS)の場合、RCコーベルは、他のすべての詳細をそのまま維持して鋼ビレットに交換しました。鋼ビレットとして中空の長方形の鋼を用いました。すべてのプレキャスト標本の典型的な接続の詳細の写真は図6として掲載しています。

すべての試験片を鋳造には、M25級のコンクリートとFe415級の鋼を使用しました。材料試験には、コンクリートの圧縮強度の試験が含まれます。縮尺が小さく、断面が小さいため、サイズ10mmの集合体が使用されました。粗骨材(10mm)および鋳造に使用される細骨材の比重は、それぞれ2.78および2.54です。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>