分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

大気科学の英和翻訳サンプル
物理科学・工学チームが対応する英日翻訳・英文校正

大気科学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

大気科学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

The lower atmosphere, where meteorological processes take place, is the primary source of internal atmospheric waves: gravity waves (GWs), planetary (Rossby) waves, and solar tides. These waves can propagate upward and influence the dynamics and thermal state of the middle and upper atmosphere [see, e.g., the reviews of Fritts and Alexander (2003), Laštovička (2006), Yiğit and Medvedev (2015)]. Waves transfer their energy and momentum to the mean flow via breaking and dissipative processes, such as radiative damping, eddy viscosity, nonlinear diffusion, molecular diffusion and thermal conduction, and ion drag (Yiğit et al. 2008). Sudden stratospheric warmings (SSWs) are spectacular events that disturb the circulation in the winter hemisphere. They affect not only the stratosphere, but also their influence extends to the mesosphere and thermosphere. In the upper atmosphere, plasma processes, such as Joule and auroral heating, ion friction, are important processes that shape the morphology and dynamics. Thus, interactions between the lower and upper atmosphere should be considered within the framework of the atmosphere–ionosphere system.

Such coupled upper atmosphere–ionosphere system is subject to the following internal and external influences:

  • Meteorological effects that encompass internal wave impacts and transient processes of lower atmospheric origin,
  • Internal processes due to nonlinearity,
  • Space weather effects that are associated with the solar and magnetospheric phenomena.

Among the meteorological effects, we distinguish a direct influence of internal GWs on the upper regions of the atmosphere. Although transient events such as SSWs are technically categorized as stratospheric processes, and, thus, take place above the region of weather-dominated phenomena, they are often referred to as meteorological effects in the context of the upper atmosphere research.

The thermosphere–ionosphere system is highly nonlinear. In the real atmosphere, ion and neutral parameters vary simultaneously, and the resulting changes in the heating ought to contain higher order terms, which is indicative of the nonlinear nature of the system (Yiğit and Ridley 2011a). The atmosphere–ionosphere system is subject to the influence of space weather, which can enhance these nonlinear processes and impact the upper atmosphere (Prölss 2011 and references therein).

In this paper, we report on the recent advances in understanding the meteorological effects in the upper atmosphere, focusing primarily on the links between SSWs, small-scale GWs, and thermosphere–ionosphere dynamics.

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

気象現象の起こる下層大気は、大気での内部波の主な発生源である:重力波(GW)、プラネタリー(ロスビー)波、大気潮汐波。これらの波は上に向かって伝播し、中層・上層大気のダイナミクスや熱状態に影響を与える事が出来る[Fritt and Alexander (2003)、Laštovička (2006)、Yiğit and Medvedev (2015)のレビュー論文等を参照]。放射減衰、乱流粘性、非線形拡散、分子拡散、イオンドラッグ等の砕波や散逸の過程で、波はエネルギーと運動量を平均流に伝達する(Yiğit et al. 2008)。成層圏突然昇温(SSW)は、冬半球の大気循環を乱す劇的な現象である。SSWの影響は成層圏だけでなく、中間圏と熱圏にも及ぶ。上層大気では、ジュール加熱、オーロラ加熱、イオン摩擦といったプラズマ過程が、大気の構造やダイナミクスを決める重要な過程になる。つまり、下層大気と上層大気の相互作用は、大気と電離層を1つの系とした枠組みで考える必要がある。

このような大気・電離層の結合系は、内部、外部から以下のような影響を受ける:

  • 内部波の衝突や、下層大気で発生する一時的な現象を含む気象効果
  • 非線形性によって起こる内部過程
  • 太陽や磁気圏での現象と関連した宇宙天気の効果

気象効果の中でも、内部重力波が大気の上方に直接与える影響は個別に扱う。SSWのような一時的な事象は、分類的には成層圏の現象で、天気に支配される現象より上の層で起こるものだが、上層大気研究の文脈では気象現象と呼ばれる事が多い。

熱圏・電離層系は非常に非線形である。実際の大気では、イオンと中性大気のパラメータは同時に変動し、それによって起こる加熱の変化には、非線形性を示す高次の項が含まれていなければならない(Yiğit and Ridley 2011a)。大気・電離層系は宇宙天気の影響を受けており、これはこのような非線形過程を強め、上層大気にインパクトを与える事が出来る(Prölss 2011と参考文献を参照)。

本稿では、気象現象が上層大気に与える影響についての近年の研究成果、特にSSW、小規模重力波、熱圏・電離層ダイナミクスの間にある関係について報告する。

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

 気象現象の起こる下層大気は、重力波(GWs)、プラネタリー(ロスビー)波、太陽潮汐といった大気の内部波の主な発生源である重力波(GW)、プラネタリー(ロスビー)波、大気潮汐波。これらの波は上に向かって伝播する事ができ、中層・上層大気のダイナミクス力学や熱状態に影響を与える事が出来 [Fritts and Alexander (2003)Laštovička (2006)Yiğit and Medvedev (2015)のレビュー論文等を参照]。放射減衰、乱流粘性、非線形拡散、分子拡散、イオンドラッグ等の砕波や散逸の過程で、波はエネルギーと運動量を平均流に伝達する(Yiğit et al. 2008)。成層圏突然昇温(SSW)は、冬半球の大気循環を乱す劇的な現象である。SSWの影響は成層圏だけでなく、中間圏と熱圏にも及ぶ。上層大気では、ジュール加熱、オーロラ加熱、イオン摩擦といったプラズマ過程が、大気の構造やダイナミクス力学を決める重要な過程になる。つまり、下層大気と上層大気の相互作用は、大気と電離層を1つの系とした枠組みで考える必要がある。

このような大気上層大気・電離層の結合系は、内部、外部から以下のような影響を受ける

  • 内部波の衝突や、下層大気で発生する一時的な現象を含む気象効果
  • 非線形性によって起こる内部過程
  • 太陽や磁気圏での現象と関連した宇宙天気の効果

 気象効果の中でも、内部重力波が大気の上方に直接与える影響は個別に扱う。SSWのような一時的な事象は、分類的には成層圏の現象で、天気に支配される現象より上の層で起こるものだが、上層大気研究の文脈では気象現象と呼ばれる事が多い。

 熱圏・電離層系は非常に非線形である。実際の大気では、イオンと中性大気のパラメータは同時に変動し、それによって起こる加熱の変化には、非線形性を示す高次の項が含まれていなければならない(Yiğit and Ridley 2011a)。大気・電離層系は宇宙天気の影響を受けており、これはこのような非線形過程を強め、上層大気にインパクト影響を与える事が出来る(Prölss 2011その中の参考文献を参照)。

 本稿では、気象現象が上層大気に与える影響についての近年の研究成果、特にSSW、小規模重力波、熱圏・電離層ダイナミクス力学の間にある関係について報告する。

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

気象現象の起こる下層大気は、重力波(GWs)、プラネタリー(ロスビー)波、太陽潮汐といった大気の内部波の主な発生源である重力波(GW)、プラネタリー(ロスビー)波、大気潮汐波。これらの波は上に向かって伝播する事ができ、中層・上層大気のダイナミクス力学や熱状態に影響を与える事が出来 [Fritts and Alexander (2003)Laštovička (2006)Yiğit and Medvedev (2015)のレビュー論文等を参照]。放射減衰、乱流粘性、非線形拡散、分子拡散、イオンドラッグ等の砕波や散逸の過程で、波はエネルギーと運動量を平均流に伝達する(Yiğit et al. 2008)。成層圏突然昇温(SSW)は、冬半球の大気循環を乱す劇的な現象である。SSWの影響は成層圏だけでなく、中間圏と熱圏にも及ぶ。上層大気では、ジュール加熱、オーロラ加熱、イオン摩擦といったプラズマ過程が、大気の構造やダイナミクス力学を決める重要な過程になる。つまり、下層大気と上層大気の相互作用は、大気と電離層を1つの系とした枠組みで考える必要がある。

このような大気上層大気・電離層の結合系は、内部、外部から以下のような影響を受ける

  • 内部波の衝突や、下層大気で発生する一時的な現象を含む気象効果
  • 非線形性によって起こる内部過程
  • 太陽や磁気圏での現象と関連した宇宙天気の効果

 気象効果の中でも、内部重力波が大気の上方に直接与える影響は個別に扱う。SSWのような一時的な事象は、分類的には成層圏の現象で、天気に支配される現象より上の層で起こるものだが、上層大気研究の文脈では気象現象効果と呼ばれる事が多い。

 熱圏・電離層系は非常に非線形である。実際の大気では、イオンと中性大気のパラメータは同時に変動し、それによって起こる加熱の変化には、非線形性を示す高次の項が含まれていなければならない(Yiğit and Ridley 2011a)。大気・電離層系は宇宙天気の影響を受けており、これはこのような非線形過程を強め、上層大気にインパクト影響を与える可能性がある事が出来るPrölss 2011その中の参考文献を参照)。

 本稿では、気象現象効果が上層大気に与える影響についての近年の研究成果、特にSSW、小規模重力波、熱圏・電離層ダイナミクス力学の間にある関係について報告する。

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

The lower atmosphere, where meteorological processes take place, is the primary source of internal atmospheric waves: gravity waves (GWs), planetary (Rossby) waves, and solar tides. These waves can propagate upward and influence the dynamics and thermal state of the middle and upper atmosphere [see, e.g., the reviews of Fritts and Alexander (2003), Laštovička (2006), Yiğit and Medvedev (2015)]. Waves transfer their energy and momentum to the mean flow via breaking and dissipative processes, such as radiative damping, eddy viscosity, nonlinear diffusion, molecular diffusion and thermal conduction, and ion drag (Yiğit et al. 2008). Sudden stratospheric warmings (SSWs) are spectacular events that disturb the circulation in the winter hemisphere. They affect not only the stratosphere, but also their influence extends to the mesosphere and thermosphere. In the upper atmosphere, plasma processes, such as Joule and auroral heating, ion friction, are important processes that shape the morphology and dynamics. Thus, interactions between the lower and upper atmosphere should be considered within the framework of the atmosphere–ionosphere system.

Such coupled upper atmosphere–ionosphere system is subject to the following internal and external influences:

  • Meteorological effects that encompass internal wave impacts and transient processes of lower atmospheric origin,
  • Internal processes due to nonlinearity,
  • Space weather effects that are associated with the solar and magnetospheric phenomena.

Among the meteorological effects, we distinguish a direct influence of internal GWs on the upper regions of the atmosphere. Although transient events such as SSWs are technically categorized as stratospheric processes, and, thus, take place above the region of weather-dominated phenomena, they are often referred to as meteorological effects in the context of the upper atmosphere research.

The thermosphere–ionosphere system is highly nonlinear. In the real atmosphere, ion and neutral parameters vary simultaneously, and the resulting changes in the heating ought to contain higher order terms, which is indicative of the nonlinear nature of the system (Yiğit and Ridley 2011a). The atmosphere–ionosphere system is subject to the influence of space weather, which can enhance these nonlinear processes and impact the upper atmosphere (Prölss 2011 and references therein).

In this paper, we report on the recent advances in understanding the meteorological effects in the upper atmosphere, focusing primarily on the links between SSWs, small-scale GWs, and thermosphere–ionosphere dynamics.

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

気象現象の起こる下層大気は、大気での内部波の主な発生源である:重力波(GW)、プラネタリー(ロスビー)波、大気潮汐波。これらの波は上に向かって伝播し、中層・上層大気のダイナミクスや熱状態に影響を与える事が出来る[Fritt and Alexander (2003)、Laštovička (2006)、Yiğit and Medvedev (2015)のレビュー論文等を参照]。放射減衰、乱流粘性、非線形拡散、分子拡散、イオンドラッグ等の砕波や散逸の過程で、波はエネルギーと運動量を平均流に伝達する(Yiğit et al. 2008)。成層圏突然昇温(SSW)は、冬半球の大気循環を乱す劇的な現象である。SSWの影響は成層圏だけでなく、中間圏と熱圏にも及ぶ。上層大気では、ジュール加熱、オーロラ加熱、イオン摩擦といったプラズマ過程が、大気の構造やダイナミクスを決める重要な過程になる。つまり、下層大気と上層大気の相互作用は、大気と電離層を1つの系とした枠組みで考える必要がある。

このような大気・電離層の結合系は、内部、外部から以下のような影響を受ける:

  • 内部波の衝突や、下層大気で発生する一時的な現象を含む気象効果
  • 非線形性によって起こる内部過程
  • 太陽や磁気圏での現象と関連した宇宙天気の効果

気象効果の中でも、内部重力波が大気の上方に直接与える影響は個別に扱う。SSWのような一時的な事象は、分類的には成層圏の現象で、天気に支配される現象より上の層で起こるものだが、上層大気研究の文脈では気象現象と呼ばれる事が多い。

熱圏・電離層系は非常に非線形である。実際の大気では、イオンと中性大気のパラメータは同時に変動し、それによって起こる加熱の変化には、非線形性を示す高次の項が含まれていなければならない(Yiğit and Ridley 2011a)。大気・電離層系は宇宙天気の影響を受けており、これはこのような非線形過程を強め、上層大気にインパクトを与える事が出来る(Prölss 2011と参考文献を参照)。

本稿では、気象現象が上層大気に与える影響についての近年の研究成果、特にSSW、小規模重力波、熱圏・電離層ダイナミクスの間にある関係について報告する。

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

 気象現象の起こる下層大気は、重力波(GWs)、プラネタリー(ロスビー)波、太陽潮汐といった大気の内部波の主な発生源である重力波(GW)、プラネタリー(ロスビー)波、大気潮汐波。これらの波は上に向かって伝播する事ができ、中層・上層大気のダイナミクス力学や熱状態に影響を与える事が出来 [Fritts and Alexander (2003)Laštovička (2006)Yiğit and Medvedev (2015)のレビュー論文等を参照]。放射減衰、乱流粘性、非線形拡散、分子拡散、イオンドラッグ等の砕波や散逸の過程で、波はエネルギーと運動量を平均流に伝達する(Yiğit et al. 2008)。成層圏突然昇温(SSW)は、冬半球の大気循環を乱す劇的な現象である。SSWの影響は成層圏だけでなく、中間圏と熱圏にも及ぶ。上層大気では、ジュール加熱、オーロラ加熱、イオン摩擦といったプラズマ過程が、大気の構造やダイナミクス力学を決める重要な過程になる。つまり、下層大気と上層大気の相互作用は、大気と電離層を1つの系とした枠組みで考える必要がある。

このような大気上層大気・電離層の結合系は、内部、外部から以下のような影響を受ける

  • 内部波の衝突や、下層大気で発生する一時的な現象を含む気象効果
  • 非線形性によって起こる内部過程
  • 太陽や磁気圏での現象と関連した宇宙天気の効果

 気象効果の中でも、内部重力波が大気の上方に直接与える影響は個別に扱う。SSWのような一時的な事象は、分類的には成層圏の現象で、天気に支配される現象より上の層で起こるものだが、上層大気研究の文脈では気象現象と呼ばれる事が多い。

 熱圏・電離層系は非常に非線形である。実際の大気では、イオンと中性大気のパラメータは同時に変動し、それによって起こる加熱の変化には、非線形性を示す高次の項が含まれていなければならない(Yiğit and Ridley 2011a)。大気・電離層系は宇宙天気の影響を受けており、これはこのような非線形過程を強め、上層大気にインパクト影響を与える事が出来る(Prölss 2011その中の参考文献を参照)。

 本稿では、気象現象が上層大気に与える影響についての近年の研究成果、特にSSW、小規模重力波、熱圏・電離層ダイナミクス力学の間にある関係について報告する。

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

The lower atmosphere, where meteorological processes take place, is the primary source of internal atmospheric waves: gravity waves (GWs), planetary (Rossby) waves, and solar tides. These waves can propagate upward and influence the dynamics and thermal state of the middle and upper atmosphere [see, e.g., the reviews of Fritts and Alexander (2003), Laštovička (2006), Yiğit and Medvedev (2015)]. Waves transfer their energy and momentum to the mean flow via breaking and dissipative processes, such as radiative damping, eddy viscosity, nonlinear diffusion, molecular diffusion and thermal conduction, and ion drag (Yiğit et al. 2008). Sudden stratospheric warmings (SSWs) are spectacular events that disturb the circulation in the winter hemisphere. They affect not only the stratosphere, but also their influence extends to the mesosphere and thermosphere. In the upper atmosphere, plasma processes, such as Joule and auroral heating, ion friction, are important processes that shape the morphology and dynamics. Thus, interactions between the lower and upper atmosphere should be considered within the framework of the atmosphere–ionosphere system.

Such coupled upper atmosphere–ionosphere system is subject to the following internal and external influences:

  • Meteorological effects that encompass internal wave impacts and transient processes of lower atmospheric origin,
  • Internal processes due to nonlinearity,
  • Space weather effects that are associated with the solar and magnetospheric phenomena.

Among the meteorological effects, we distinguish a direct influence of internal GWs on the upper regions of the atmosphere. Although transient events such as SSWs are technically categorized as stratospheric processes, and, thus, take place above the region of weather-dominated phenomena, they are often referred to as meteorological effects in the context of the upper atmosphere research.

The thermosphere–ionosphere system is highly nonlinear. In the real atmosphere, ion and neutral parameters vary simultaneously, and the resulting changes in the heating ought to contain higher order terms, which is indicative of the nonlinear nature of the system (Yiğit and Ridley 2011a). The atmosphere–ionosphere system is subject to the influence of space weather, which can enhance these nonlinear processes and impact the upper atmosphere (Prölss 2011 and references therein).

In this paper, we report on the recent advances in understanding the meteorological effects in the upper atmosphere, focusing primarily on the links between SSWs, small-scale GWs, and thermosphere–ionosphere dynamics.

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

気象現象の起こる下層大気は、大気での内部波の主な発生源である:重力波(GW)、プラネタリー(ロスビー)波、大気潮汐波。これらの波は上に向かって伝播し、中層・上層大気のダイナミクスや熱状態に影響を与える事が出来る[Fritt and Alexander (2003)、Laštovička (2006)、Yiğit and Medvedev (2015)のレビュー論文等を参照]。放射減衰、乱流粘性、非線形拡散、分子拡散、イオンドラッグ等の砕波や散逸の過程で、波はエネルギーと運動量を平均流に伝達する(Yiğit et al. 2008)。成層圏突然昇温(SSW)は、冬半球の大気循環を乱す劇的な現象である。SSWの影響は成層圏だけでなく、中間圏と熱圏にも及ぶ。上層大気では、ジュール加熱、オーロラ加熱、イオン摩擦といったプラズマ過程が、大気の構造やダイナミクスを決める重要な過程になる。つまり、下層大気と上層大気の相互作用は、大気と電離層を1つの系とした枠組みで考える必要がある。

このような大気・電離層の結合系は、内部、外部から以下のような影響を受ける:

  • 内部波の衝突や、下層大気で発生する一時的な現象を含む気象効果
  • 非線形性によって起こる内部過程
  • 太陽や磁気圏での現象と関連した宇宙天気の効果

気象効果の中でも、内部重力波が大気の上方に直接与える影響は個別に扱う。SSWのような一時的な事象は、分類的には成層圏の現象で、天気に支配される現象より上の層で起こるものだが、上層大気研究の文脈では気象現象と呼ばれる事が多い。

熱圏・電離層系は非常に非線形である。実際の大気では、イオンと中性大気のパラメータは同時に変動し、それによって起こる加熱の変化には、非線形性を示す高次の項が含まれていなければならない(Yiğit and Ridley 2011a)。大気・電離層系は宇宙天気の影響を受けており、これはこのような非線形過程を強め、上層大気にインパクトを与える事が出来る(Prölss 2011と参考文献を参照)。

本稿では、気象現象が上層大気に与える影響についての近年の研究成果、特にSSW、小規模重力波、熱圏・電離層ダイナミクスの間にある関係について報告する。

(372)

https://geoscienceletters.springeropen.com/articles/10.1186/s40562-016-0056-1

https://www.springeropen.com/about/open-access

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>