分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

コンピューターサイエンスの英和翻訳サンプル
物理科学・工学チームが対応する英日翻訳・英文校正

コンピューターサイエンスの英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

コンピューターサイエンス系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Self-organization has been a research focus for several years.Publications like Mathematik der Selbstorganisation [2] or Self-Organization [3] deal with basic principles of self-organizing systems, e.g., emergent behavior, reproduction, etc. Regarding self-organization in computer science, several projects and initiatives can be listed…

DNA computing uses molecular biology instead of silicon-based chips for computation purposes.In JY Lee et al., e.g., the traveling salesman problem is solved by DNA molecules [22].Our approach relies on classical computing hardware using DNA-like structures for the description and building of the system.This enhances the self-organization and self-healing features of embedded systems, especially when these systems are getting more and more complex and difficult to handle using conventional techniques.Our approach is also differaent from generative descriptions, where production rules are used to produce different arbitrary entities (e.g., robots) while we are using DNA as a building plan for a dedicated embedded system.

To realize DNA-like structures, we have to describe the building plan of an embedded system in a compact way so it can be stored in each processor core.Therefore, we have adapted well-known techniques like netlists and data flow models (e.g., the actor model ) to achieve this description.However, in contrast to such classical techniques, our approach uses this description to build the embedded system dynamically at run-time in a self-organizing way.The description acts like a DNA in biological systems.It shapes the system autonomously to the available distributed multi/many-core hardware platform and re-shapes it in case of platform and environment changes (e.g., core failures, temperature hotspots, reconfigurations like adding new cores, removing cores, changing core connections, etc.).This is also a major difference to model-based or platform-based design, where the mapping of the desired system to the hardware platform is done by tools at design time (e.g., a Matlab model).Our approach allows very high flexibility and robustness due to self-organization and self-configuration at run-time while still providing real-time capabilities.

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

自己組織化は、数年間にわたって、研究の焦点となってきた。Mathematik der Selbstorganisation [2]やSelf-Organization [3]のような出版物は、自己組織系の基本原則(例えば、創発的行為、再現など)を扱う。コンピュータサイエンスの自己組織化に関しては、いくつかのプロジェクトと取り組みを列挙できる。

DNAコンピューティングは、計算目的でシリコンベースのチップの代わりに分子生物学を使用する。JY Lee らでは、例えば、巡回セールスマン問題がDNA分子によって解決される[22]。我々のアプローチは、システムの記述と構築にDNAのような構造を使用する古典的なコンピューティングハードウェアに依存する。これにより、特に、組み込みシステムがますます複雑になり、従来の技術を使用して扱いにくくなってきているときに、これらのシステムの自己組織化および自己修復機能が強化される。また、我々のアプローチは、生産ルールを使用して異なる任意のエンティティ(例えばロボット)を生産する生成的記述とは異なり、DNAを専用の組み込みシステムの構築設計として使用する。

DNAのような構造を実現するためには、組み込みシステムの構築設計を、各プロセッサコアに格納できるようにコンパクトに記述する必要がある。したがって、我々は、この記述を達成するために、ネットリストおよびデータフローモデル(例えば、アクターモデル)のような周知技術を適応させた。しかし、このような古典的な手法とは対照的に、我々のアプローチでは、この記述を使用して、組み込みシステムを実行時に動的に自己組織的に構築する。この記述は、生物系のDNAのように機能する。  それは、利用可能な分散マルチ/メニーコアハードウェアプラットフォームに自律的にシステムを形作り、プラットフォームや環境が変化した場合(例えば、コアの故障、ホットスポット、新しいコアの追加、コアの除去、コア接続の変更などの再構成)には再構成する。これは、所望のシステムのハードウェアプラットフォームへのマッピングが設計時にツールによって行われるモデルベースまたはプラットフォームベースの設計(例えば、Matlabモデル)との大きな相違点でもある。我々のアプローチでは、リアルタイム機能を備えながら、実行時の自己組織化と自己構成によって非常に高い柔軟性と堅牢性が得られる。

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

自己組織化は、数年間にわたって、研究の焦点となってきた。Mathematik der Selbstorganisation [2]やSelf-Organization [3]のような出版刊行物は、創発的行動や生殖などの自己組織化システムの基本原則(例えば、創発的行為、再現など)を扱っているコンピュータサイエンス計算機科学における自己組織化に関しては、いくつかのプロジェクトと取り組みを列挙できる。

DNAコンピューティングは、計算目的でのために、シリコンベースのチップの代わりに分子生物学を使用利用する。例えば、JY Lee らの研究では、例えば、巡回セールスマン問題がDNA分子によって解決される[22]。我々のアプローチは古典的なコンピューティングハードウェアに依拠し、システムの記述と構築にDNAのような様の構造を使用する古典的なコンピューティングハードウェアに依存する。これにより、組込みシステムの自己組織化および自己修復機能が強化される。特に、込みシステムがますます複雑になり化し、従来技術を使用してでは扱いにくくなってきているときに場合は殊のほかこれらのシステムの自己組織化および自己修復機能が強化されるこれが有効である。また、我々のアプローチは、生産規則ルールを使用して異なる任意の異なるエンティティ(例えばロボット)を生産する生成的記述とは異なり、DNAを専用の組込みシステムの構築設計設計図として使用する。

 

DNAのような様の構造を実現するためには、組込みシステムの構築設計設計図を、各プロセッサコアに格納できるようにコンパクトに記述する必要がある。したがって、我々は、この記述を達成実現するために、ネットリストおよびデータフローモデル(例えば、アクターモデル)のような周知広く知られた技術手法を適応させた。しかし、このような古典的な手法とは対照的に、我々のアプローチでは、この記述を使用して、組込みシステムを実行時に動的且つ自己組織的な仕方構築する。この記述は生物系におけるDNAのように機能する振る舞う。  それは、利用可能な分散マルチ/メニーコアハードウェアプラットフォームに自律的にシステムを構築し形作り、プラットフォームや環境が変化した場合(例えば、コアの故障、ホットスポット高温部の出現、新しいコアの追加コアの除去コア接続の変更などの再構成)には再構成する。これもまた、所望のシステムのハードウェアプラットフォームへのマッピングが設計時にツールによって行われるモデルベースまたはプラットフォームベースの設計(例えば、Matlabモデル)との大きな相違点である。我々のアプローチは、リアルタイム機能を備えながら提供しつつ、実行時の自己組織化と自己構成によって非常に極めて高い柔軟性と堅牢性が得られるを実現する

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

自己組織化は、数年間にわたって研究の焦点となってきた。Mathematik der Selbstorganisation [2]2] Self-Organization [3]のような3] のような出版物は、自己組織系の基本原則(例えば、創発的行為、再現など)を扱う。コンピュータサイエンスの自己組織化に関しては、いくつかのプロジェクトと取り組みを列挙できる。

DNAコンピューティングは、計算目的でシリコンベースのチップの代わりに分子生物学を使用する。JY Lee らは、例えば、巡回セールスマン問題DNA分子によって解決される[22]。我々のアプローチは、システムの記述と構築にDNAのような構造を使用する古典的なコンピューティングハードウェアに依存する。これにより、特に、組み込みシステムがますます複雑になり、従来の技術を使用して扱いにくくなってきているときに、これらのシステムの自己組織化および自己修復機能が強化される。また、我々のアプローチは、生産ルールを使用して異なる任意のエンティティ(例えばロボット)を生産する生成的記述とは異なり、DNAを専用の組み込みシステムの構築設計として使用する。

DNAのような構造を実現するためには、組み込みシステムの構築設計を、各プロセッサコアに格納できるようにコンパクトに記述する必要がある。したがって、我々は、この記述を達成するために、ネットリストおよびデータフローモデル(例えば、アクターモデル)のような周知技術を適応させた。しかし、このような古典的な手法とは対照的に、我々のアプローチでは、この記述を使用して、組み込みシステムを実行時に動的に自己組織的に構築する。この記述は、生物系のDNAのように機能する。  それは、利用可能な分散マルチ/メニーコアハードウェアプラットフォームに自律的にシステムを形作り、プラットフォームや環境が変化した場合(例えば、コアの故障、ホットスポット、新しいコアの追加、コアの除去、コア接続の変更などの再構成)には再構成する。これは、所望のシステムのハードウェアプラットフォームへのマッピングが設計時にツールによって行われるモデルベースまたはプラットフォームベースの設計(例えば、Matlabモデル)との大きな相違点でもある。我々のアプローチでは、リアルタイム機能を備えながら、実行時の自己組織化と自己構成によって非常に高い柔軟性と堅牢性が得られる。

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

Self-organization has been a research focus for several years.Publications like Mathematik der Selbstorganisation [2] or Self-Organization [3] deal with basic principles of self-organizing systems, e.g., emergent behavior, reproduction, etc. Regarding self-organization in computer science, several projects and initiatives can be listed…

DNA computing uses molecular biology instead of silicon-based chips for computation purposes.In JY Lee et al., e.g., the traveling salesman problem is solved by DNA molecules [22].Our approach relies on classical computing hardware using DNA-like structures for the description and building of the system.This enhances the self-organization and self-healing features of embedded systems, especially when these systems are getting more and more complex and difficult to handle using conventional techniques.Our approach is also differaent from generative descriptions, where production rules are used to produce different arbitrary entities (e.g., robots) while we are using DNA as a building plan for a dedicated embedded system.

To realize DNA-like structures, we have to describe the building plan of an embedded system in a compact way so it can be stored in each processor core.Therefore, we have adapted well-known techniques like netlists and data flow models (e.g., the actor model ) to achieve this description.However, in contrast to such classical techniques, our approach uses this description to build the embedded system dynamically at run-time in a self-organizing way.The description acts like a DNA in biological systems.It shapes the system autonomously to the available distributed multi/many-core hardware platform and re-shapes it in case of platform and environment changes (e.g., core failures, temperature hotspots, reconfigurations like adding new cores, removing cores, changing core connections, etc.).This is also a major difference to model-based or platform-based design, where the mapping of the desired system to the hardware platform is done by tools at design time (e.g., a Matlab model).Our approach allows very high flexibility and robustness due to self-organization and self-configuration at run-time while still providing real-time capabilities.

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

自己組織化は、数年間にわたって、研究の焦点となってきた。Mathematik der Selbstorganisation [2]やSelf-Organization [3]のような出版物は、自己組織系の基本原則(例えば、創発的行為、再現など)を扱う。コンピュータサイエンスの自己組織化に関しては、いくつかのプロジェクトと取り組みを列挙できる。

DNAコンピューティングは、計算目的でシリコンベースのチップの代わりに分子生物学を使用する。JY Lee らでは、例えば、巡回セールスマン問題がDNA分子によって解決される[22]。我々のアプローチは、システムの記述と構築にDNAのような構造を使用する古典的なコンピューティングハードウェアに依存する。これにより、特に、組み込みシステムがますます複雑になり、従来の技術を使用して扱いにくくなってきているときに、これらのシステムの自己組織化および自己修復機能が強化される。また、我々のアプローチは、生産ルールを使用して異なる任意のエンティティ(例えばロボット)を生産する生成的記述とは異なり、DNAを専用の組み込みシステムの構築設計として使用する。

DNAのような構造を実現するためには、組み込みシステムの構築設計を、各プロセッサコアに格納できるようにコンパクトに記述する必要がある。したがって、我々は、この記述を達成するために、ネットリストおよびデータフローモデル(例えば、アクターモデル)のような周知技術を適応させた。しかし、このような古典的な手法とは対照的に、我々のアプローチでは、この記述を使用して、組み込みシステムを実行時に動的に自己組織的に構築する。この記述は、生物系のDNAのように機能する。  それは、利用可能な分散マルチ/メニーコアハードウェアプラットフォームに自律的にシステムを形作り、プラットフォームや環境が変化した場合(例えば、コアの故障、ホットスポット、新しいコアの追加、コアの除去、コア接続の変更などの再構成)には再構成する。これは、所望のシステムのハードウェアプラットフォームへのマッピングが設計時にツールによって行われるモデルベースまたはプラットフォームベースの設計(例えば、Matlabモデル)との大きな相違点でもある。我々のアプローチでは、リアルタイム機能を備えながら、実行時の自己組織化と自己構成によって非常に高い柔軟性と堅牢性が得られる。

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

自己組織化は、数年間にわたって、研究の焦点となってきた。Mathematik der Selbstorganisation [2]やSelf-Organization [3]のような出版刊行物は、創発的行動や生殖などの自己組織化システムの基本原則(例えば、創発的行為、再現など)を扱っているコンピュータサイエンス計算機科学における自己組織化に関しては、いくつかのプロジェクトと取り組みを列挙できる。

DNAコンピューティングは、計算目的でのために、シリコンベースのチップの代わりに分子生物学を使用利用する。例えば、JY Lee らの研究では、例えば、巡回セールスマン問題がDNA分子によって解決される[22]。我々のアプローチは古典的なコンピューティングハードウェアに依拠し、システムの記述と構築にDNAのような様の構造を使用する古典的なコンピューティングハードウェアに依存する。これにより、組込みシステムの自己組織化および自己修復機能が強化される。特に、込みシステムがますます複雑になり化し、従来技術を使用してでは扱いにくくなってきているときに場合は殊のほかこれらのシステムの自己組織化および自己修復機能が強化されるこれが有効である。また、我々のアプローチは、生産規則ルールを使用して異なる任意の異なるエンティティ(例えばロボット)を生産する生成的記述とは異なり、DNAを専用の組込みシステムの構築設計設計図として使用する。

DNAのような様の構造を実現するためには、組込みシステムの構築設計設計図を、各プロセッサコアに格納できるようにコンパクトに記述する必要がある。したがって、我々は、この記述を達成実現するために、ネットリストおよびデータフローモデル(例えば、アクターモデル)のような周知広く知られた技術手法を適応させた。しかし、このような古典的な手法とは対照的に、我々のアプローチでは、この記述を使用して、組込みシステムを実行時に動的且つ自己組織的な仕方構築する。この記述は生物系におけるDNAのように機能する振る舞う。  それは、利用可能な分散マルチ/メニーコアハードウェアプラットフォームに自律的にシステムを構築し形作り、プラットフォームや環境が変化した場合(例えば、コアの故障、ホットスポット高温部の出現、新しいコアの追加コアの除去コア接続の変更などの再構成)には再構成する。これもまた、所望のシステムのハードウェアプラットフォームへのマッピングが設計時にツールによって行われるモデルベースまたはプラットフォームベースの設計(例えば、Matlabモデル)との大きな相違点である。我々のアプローチは、リアルタイム機能を備えながら提供しつつ、実行時の自己組織化と自己構成によって非常に極めて高い柔軟性と堅牢性が得られるを実現する

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

Self-organization has been a research focus for several years.Publications like Mathematik der Selbstorganisation [2] or Self-Organization [3] deal with basic principles of self-organizing systems, e.g., emergent behavior, reproduction, etc. Regarding self-organization in computer science, several projects and initiatives can be listed…

DNA computing uses molecular biology instead of silicon-based chips for computation purposes.In JY Lee et al., e.g., the traveling salesman problem is solved by DNA molecules [22].Our approach relies on classical computing hardware using DNA-like structures for the description and building of the system.This enhances the self-organization and self-healing features of embedded systems, especially when these systems are getting more and more complex and difficult to handle using conventional techniques.Our approach is also differaent from generative descriptions, where production rules are used to produce different arbitrary entities (e.g., robots) while we are using DNA as a building plan for a dedicated embedded system.

To realize DNA-like structures, we have to describe the building plan of an embedded system in a compact way so it can be stored in each processor core.Therefore, we have adapted well-known techniques like netlists and data flow models (e.g., the actor model ) to achieve this description.However, in contrast to such classical techniques, our approach uses this description to build the embedded system dynamically at run-time in a self-organizing way.The description acts like a DNA in biological systems.It shapes the system autonomously to the available distributed multi/many-core hardware platform and re-shapes it in case of platform and environment changes (e.g., core failures, temperature hotspots, reconfigurations like adding new cores, removing cores, changing core connections, etc.).This is also a major difference to model-based or platform-based design, where the mapping of the desired system to the hardware platform is done by tools at design time (e.g., a Matlab model).Our approach allows very high flexibility and robustness due to self-organization and self-configuration at run-time while still providing real-time capabilities.

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

自己組織化は、数年間にわたって、研究の焦点となってきた。Mathematik der Selbstorganisation [2]やSelf-Organization [3]のような出版物は、自己組織系の基本原則(例えば、創発的行為、再現など)を扱う。コンピュータサイエンスの自己組織化に関しては、いくつかのプロジェクトと取り組みを列挙できる。

DNAコンピューティングは、計算目的でシリコンベースのチップの代わりに分子生物学を使用する。JY Lee らでは、例えば、巡回セールスマン問題がDNA分子によって解決される[22]。我々のアプローチは、システムの記述と構築にDNAのような構造を使用する古典的なコンピューティングハードウェアに依存する。これにより、特に、組み込みシステムがますます複雑になり、従来の技術を使用して扱いにくくなってきているときに、これらのシステムの自己組織化および自己修復機能が強化される。また、我々のアプローチは、生産ルールを使用して異なる任意のエンティティ(例えばロボット)を生産する生成的記述とは異なり、DNAを専用の組み込みシステムの構築設計として使用する。

DNAのような構造を実現するためには、組み込みシステムの構築設計を、各プロセッサコアに格納できるようにコンパクトに記述する必要がある。したがって、我々は、この記述を達成するために、ネットリストおよびデータフローモデル(例えば、アクターモデル)のような周知技術を適応させた。しかし、このような古典的な手法とは対照的に、我々のアプローチでは、この記述を使用して、組み込みシステムを実行時に動的に自己組織的に構築する。この記述は、生物系のDNAのように機能する。  それは、利用可能な分散マルチ/メニーコアハードウェアプラットフォームに自律的にシステムを形作り、プラットフォームや環境が変化した場合(例えば、コアの故障、ホットスポット、新しいコアの追加、コアの除去、コア接続の変更などの再構成)には再構成する。これは、所望のシステムのハードウェアプラットフォームへのマッピングが設計時にツールによって行われるモデルベースまたはプラットフォームベースの設計(例えば、Matlabモデル)との大きな相違点でもある。我々のアプローチでは、リアルタイム機能を備えながら、実行時の自己組織化と自己構成によって非常に高い柔軟性と堅牢性が得られる。

(322)

https://jes-eurasipjournals.springeropen.com/articles/10.1186/s13639-016-0066-2

https://www.springeropen.com/about/open-access

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>