分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)
年末年始も元旦も通常営業中 

化学の英和翻訳サンプル
物理科学・工学チームが対応する英日翻訳・英文校正

化学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

化学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Acetamidines are the starting materials of many entities, that find usage for compounds of biochemical activity manufacture. However, the free acetamidine base absorbs moisture from the atmosphere, decomposes at elevated temperature, and is converted into acetamidinium carbonate when stored in contact with air for short while at room temperature. So acetamidinium salts are preferred alternatives to acetamidines. Many synthetic routes for acetamidinium salts have been reviewed. Among the various acetamidinium salts available, acetamidinium chloride is the most commonly used salt of acetamidine, and prepared by the addition of ammonia to the intermediate imine ether after the mixing of acetonitrile and alcohol in the presence of hydrogen chloride. The main disadvantage of acetaminium chloride is its release of the free base in methanol in the presence of a methoxide, producing sodium chloride, which is partly soluble in methanol. This conversion is unfavourable in certain syntheses, and the complete removal is tedious.

アセトアミジンは様々な実体の出発物質で、生化学的活動製造の化合物として使用される。しかし、遊離アセトアミジン塩基は大気より水分を吸収し、昇温で分解、または短時間室温で空気と接触して保存されるとアセトアミジニウム炭酸塩へ変換される。そのため、アセトアミジンよりもアセトアミジニウム塩が望ましい選択肢である。多数のアセトアミジニウム塩の合成経路が見直された。複数の利用可能なアセトアミジニウム塩の中でも、アセトアミジニウム塩化化合物は最も一般的に使用されるアセトアミジン塩で、アセトニトリルとアルコールを塩化水素存在下で混合し、その後中間体のイミンエーテルにアンモニアを加える事によって製造される。アセトアミジニウム塩化化合物の最大の不利点は、メトキシド存在下のメタノール内で遊泳塩基を放出し、メタノールに一部溶解性であり塩化ナトリウムを生産する。この転換は、特定の合成では不利であり、完全な除去には手間が掛かる。

アセトアミジンは様々な物質実体の出発原料物質で、生化学活性活動製造の化合物として使用される。しかし、遊離アセトアミジン塩基は大気より水分を吸収し、温で分解または短時間室温で空気と接触して保存されるとアセトアミジニウム炭酸塩へ変換される。そのため、アセトアミジンよりもアセトアミジニウム塩が望ましい選択肢である。多数のアセトアミジニウム塩の多数の合成経路が見直された。幾つかの複数の利用可能なアセトアミジニウム塩の中でも、アセトアミジニウム塩酸塩塩化化合物は最も一般的に使用されるアセトアミジン塩で、アセトニトリルとアルコールを塩化水素存在下で混合し、その後中間体のイミンエーテルにアンモニアを加える事によって製造される。アセトアミジニウム塩化化合物塩酸塩の最大の不利点は、メトキシド存在下のメタノール内で遊泳塩基を放出し、メタノールに一部溶解性であ塩化ナトリウムを生産することである。この転換は、特定の合成では不利であり、完全な除去には手間が掛かる。

アセトアミジンは様々な物質実体の出発原料物質で、生化学活性活動製造の化合物として使用される。しかし、遊離アセトアミジン塩基は大気より水分を吸収し、温で分解または短時間室温で空気と接触して保存されるとアセトアミジニウム炭酸塩へ変換される。そのため、アセトアミジンよりもアセトアミジニウム塩が望ましい選択肢である。多数のアセトアミジニウム塩の多数の合成経路が見直された。幾つかの複数の利用可能なアセトアミジニウム塩の中でも、アセトアミジニウム塩酸塩塩化化合物は最も一般的に使用されるアセトアミジン塩で、アセトニトリルとアルコールを塩化水素存在下で混合し、その後中間体のイミンエーテルにアンモニアを加える事によって製造される。アセトアミジニウム塩化化合物塩酸塩の最大の不利点は、メトキシド存在下のメタノール内で遊泳塩基を放出し、メタノールに一部溶解性であ塩化ナトリウムを生産することである。この転換は、特定の合成では不利であり、完全な除去には手間が掛かる。

Acetamidines are the starting materials of many entities, that find usage for compounds of biochemical activity manufacture. However, the free acetamidine base absorbs moisture from the atmosphere, decomposes at elevated temperature, and is converted into acetamidinium carbonate when stored in contact with air for short while at room temperature. So acetamidinium salts are preferred alternatives to acetamidines. Many synthetic routes for acetamidinium salts have been reviewed. Among the various acetamidinium salts available, acetamidinium chloride is the most commonly used salt of acetamidine, and prepared by the addition of ammonia to the intermediate imine ether after the mixing of acetonitrile and alcohol in the presence of hydrogen chloride. The main disadvantage of acetaminium chloride is its release of the free base in methanol in the presence of a methoxide, producing sodium chloride, which is partly soluble in methanol. This conversion is unfavourable in certain syntheses, and the complete removal is tedious.

アセトアミジンは様々な実体の出発物質で、生化学的活動製造の化合物として使用される。しかし、遊離アセトアミジン塩基は大気より水分を吸収し、昇温で分解、または短時間室温で空気と接触して保存されるとアセトアミジニウム炭酸塩へ変換される。そのため、アセトアミジンよりもアセトアミジニウム塩が望ましい選択肢である。多数のアセトアミジニウム塩の合成経路が見直された。複数の利用可能なアセトアミジニウム塩の中でも、アセトアミジニウム塩化化合物は最も一般的に使用されるアセトアミジン塩で、アセトニトリルとアルコールを塩化水素存在下で混合し、その後中間体のイミンエーテルにアンモニアを加える事によって製造される。アセトアミジニウム塩化化合物の最大の不利点は、メトキシド存在下のメタノール内で遊泳塩基を放出し、メタノールに一部溶解性であり塩化ナトリウムを生産する。この転換は、特定の合成では不利であり、完全な除去には手間が掛かる。

アセトアミジンは様々な物質実体の出発原料物質で、生化学活性活動製造の化合物として使用される。しかし、遊離アセトアミジン塩基は大気より水分を吸収し、温で分解または短時間室温で空気と接触して保存されるとアセトアミジニウム炭酸塩へ変換される。そのため、アセトアミジンよりもアセトアミジニウム塩が望ましい選択肢である。多数のアセトアミジニウム塩の多数の合成経路が見直された。幾つかの複数の利用可能なアセトアミジニウム塩の中でも、アセトアミジニウム塩酸塩塩化化合物は最も一般的に使用されるアセトアミジン塩で、アセトニトリルとアルコールを塩化水素存在下で混合し、その後中間体のイミンエーテルにアンモニアを加える事によって製造される。アセトアミジニウム塩化化合物塩酸塩の最大の不利点は、メトキシド存在下のメタノール内で遊泳塩基を放出し、メタノールに一部溶解性であ塩化ナトリウムを生産することである。この転換は、特定の合成では不利であり、完全な除去には手間が掛かる。

Acetamidines are the starting materials of many entities, that find usage for compounds of biochemical activity manufacture. However, the free acetamidine base absorbs moisture from the atmosphere, decomposes at elevated temperature, and is converted into acetamidinium carbonate when stored in contact with air for short while at room temperature. So acetamidinium salts are preferred alternatives to acetamidines. Many synthetic routes for acetamidinium salts have been reviewed. Among the various acetamidinium salts available, acetamidinium chloride is the most commonly used salt of acetamidine, and prepared by the addition of ammonia to the intermediate imine ether after the mixing of acetonitrile and alcohol in the presence of hydrogen chloride. The main disadvantage of acetaminium chloride is its release of the free base in methanol in the presence of a methoxide, producing sodium chloride, which is partly soluble in methanol. This conversion is unfavourable in certain syntheses, and the complete removal is tedious.

アセトアミジンは様々な実体の出発物質で、生化学的活動製造の化合物として使用される。しかし、遊離アセトアミジン塩基は大気より水分を吸収し、昇温で分解、または短時間室温で空気と接触して保存されるとアセトアミジニウム炭酸塩へ変換される。そのため、アセトアミジンよりもアセトアミジニウム塩が望ましい選択肢である。多数のアセトアミジニウム塩の合成経路が見直された。複数の利用可能なアセトアミジニウム塩の中でも、アセトアミジニウム塩化化合物は最も一般的に使用されるアセトアミジン塩で、アセトニトリルとアルコールを塩化水素存在下で混合し、その後中間体のイミンエーテルにアンモニアを加える事によって製造される。アセトアミジニウム塩化化合物の最大の不利点は、メトキシド存在下のメタノール内で遊泳塩基を放出し、メタノールに一部溶解性であり塩化ナトリウムを生産する。この転換は、特定の合成では不利であり、完全な除去には手間が掛かる。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>