分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

ビジネス・経済経営学の英和翻訳サンプル
ビジネス・経済学チームが対応する英日翻訳・英文校正

ビジネス・経済経営学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

ビジネス・経済経営学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

The objective of the survey was to find out whether there was any relationship between financial decision makers and their level of qualification. In fact, there is a different involvement of respondents to the survey. Figure 7 shows the formal educational qualifications of the decision makers of the respondents.

The research highlights that the decision makers that did have a high school diploma mainly used bank loans or overdrafts as compared to those that received formal training. However, an in-depth analysis revealed that the use of much more sophisticated financial instruments (factoring, leasing, etc.) was much more popular with those who received formal accounting-finance training. A closer look at the companies that used more than one source of finance indicates that the majority of them belonged to the post graduate category.

Another important step of the research was the analysis of the responses given per category of firms. The results confirm the theory that SMEs have a preference for financial sources: bank loans. In fact, about 70 % used bank loans or overdrafts, and as companies increase in size, they begin to use more financial sources.

External financial sources present an important cost: interests. In our interviews, we asked CFOs for the interest rates. This aspect is fundamental because this is a signal of entrepreneurial awareness in financial choices. The research highlights that the SMEs decision makers are not particularly aware of the interest rates on loans. They consider an interest rate as a fixed amount, but this is a crude approximation to reality.

Decision makers play a key role in financial choices. Different organizations use different decision makers to make their financial choices. Table 5 shows that decision makers are responsible for the selection of better financial sources according to the size of the companies.

(296)

https://innovation-entrepreneurship.springeropen.com/articles/10.1186/s13731-015-0031-7

https://www.springeropen.com/about/open-access

本調査の目的は、財務に関する意思決定を行う者と有している資格レベルの間における関係性の有無を明らかにすることであった。実際、調査には様々な回答者が参加している。図7に回答者のうち意思決定者の正式な学歴を示す。

本研究は、正式な研修などを受けた者と比べ、高卒の意思決定者は主に銀行によるローンや借り越しを使っていることを浮き彫りにしている。しかし、正式な会計・財務的な訓練を受けた者の間では格段に洗練された金融商品(ファクタリング、リース!@#!@#など)の活用が一般的であることも、詳細な分析によって明らかにした。二つ以上の財源を用いている会社も詳しく見ると、その多くが院卒の分類に含まれることを示している。

本調査のもう一つの重要なステップとして、企業のカテゴリ別に行った回答の分析がある。分析結果は、中小企業が銀行のローンという財源を優先する傾向にあるという説を裏付けている。実際、銀行のローンや借り越しを使っていた企業は70%程度で、企業の規模が大きくなるにつれて別の財源も活用するようになる。

外部財源は利子という重要なコストを伴う。我々のヒアリングでは、金利についてもCEOに質問をした。これは金融の選択に対する起業家の意識を示唆するため、根本的な視点に触れるものである。本研究からは、中小企業における意思決定者は必ずしもローンの金利に関する意識を持っていないことが分かる。金利を一定の金額として見做しているが、これは現実と比べて甘い認識である。

意思決定者は金融の選択肢を選ぶ上で重要な役割を果たしている。各企業は様々な意思決定者を通じて金融的選択を行っている。表5に、企業の規模に応じてより良い財源を選択することに対して意思決定者が責任を負っていることを示している。

本調査の目的は、財務に関する意思決定を行う者と彼らがしている資格レベルの間における関連関係性の有無を明らかにすることであった。実際、調査には様々な回答者が参加している。図7に回答者のうち意思決定者の正規教育の正式な学歴を示す。

本研究は、正式な研修などを受けた者と比べ、高卒の意思決定者は主に銀行によるローンや借り越しを使っていることを浮き彫りにしている。しかし、正式な会計・財務的な訓練を受けた者の間ではより格段に洗練された金融商品(ファクタリング、リース!@#!@#など)の活用が一般的であるこより盛んであるこ、詳細な分析によって明らかになった。二つ以上の財源を用いている会社詳しく見ると、その多くの意思決定者 大学レベル学歴分類に含まれることを示している。

本調査のもう一つの重要なステップとして、企業のカテゴリ別に行った回答の分析であったがある。分析結果は、中小企業が銀行のローンという財源として優先する傾向にあるという説を裏付けている。実際、銀行のローンや借り越しを使っていた企業は70%程度で、企業の規模が大きくなるにつれて別の財源も活用するようになる。

外部財源は利子という重要なコストを伴う。我々のヒアリングでは、金利についてCFEO(最高財務責任者)利子率を聞い質問をした。これは金融の選択に対する起業家の意識を示唆するため、根本的な視点に側面に触れる質問であるものである。本研究からは、中小企業における意思決定者は必ずしもローンの子率について特別によく知っているいう訳ではないに関する意識持っていないことが分かる。彼らは子率一定の金額固定された金額として見しているが、れは大雑把な現実と比べて甘い現状認識である。

意思決定者は金融の選択肢を選ぶ上で重要な役割を果たしている企業よって、 様々な意思決定者を通じて金融的選択を行う意思決定者は異なるっている。表5、企業の規模に応じより良い財源選択すること対して意思決定者が責任を負っていることを示している。

本調査の目的は、財務に関する意思決定を行う者と有している資格レベルの間における関係性の有無を明らかにすることであった。実際、調査には様々な回答者が参加している。図7に回答者のうち意思決定者の正式な学歴を示す。

本研究は、正式な研修などを受けた者と比べ、高卒の意思決定者は主に銀行によるローンや借り越しを使っていることを浮き彫りにしている。しかし、正式な会計・財務的な訓練を受けた者の間では格段に洗練された金融商品(ファクタリング、リース!@#!@#など)の活用が一般的であることも、詳細な分析によって明らかにした。二つ以上の財源を用いている会社も詳しく見ると、その多くが院卒の分類に含まれることを示している。

本調査のもう一つの重要なステップとして、企業のカテゴリ別に行った回答の分析がある。分析結果は、中小企業が銀行のローンという財源を優先する傾向にあるという説を裏付けている。実際、銀行のローンや借り越しを使っていた企業は70%程度で、企業の規模が大きくなるにつれて別の財源も活用するようになる。

外部財源は利子という重要なコストを伴う。我々のヒアリングでは、金利についてもCEOCFOに質問をした。これは金融の選択に対する起業家の意識を示唆するため、根本的な視点に触れるものである。本研究からは、中小企業における意思決定者は必ずしもローンの金利に関する意識を持っていないことが分かる。金利を一定の金額として見做しているが、これは現実と比べて甘い認識である。

意思決定者は金融の選択肢を選ぶ上で重要な役割を果たしている。各企業は様々な意思決定者を通じて金融的選択を行っている。表5に、企業の規模に応じてより良い財源を選択することに対して意思決定者が責任を負っていることを示している。

The objective of the survey was to find out whether there was any relationship between financial decision makers and their level of qualification. In fact, there is a different involvement of respondents to the survey. Figure 7 shows the formal educational qualifications of the decision makers of the respondents.

The research highlights that the decision makers that did have a high school diploma mainly used bank loans or overdrafts as compared to those that received formal training. However, an in-depth analysis revealed that the use of much more sophisticated financial instruments (factoring, leasing, etc.) was much more popular with those who received formal accounting-finance training. A closer look at the companies that used more than one source of finance indicates that the majority of them belonged to the post graduate category.

Another important step of the research was the analysis of the responses given per category of firms. The results confirm the theory that SMEs have a preference for financial sources: bank loans. In fact, about 70 % used bank loans or overdrafts, and as companies increase in size, they begin to use more financial sources.

External financial sources present an important cost: interests. In our interviews, we asked CFOs for the interest rates. This aspect is fundamental because this is a signal of entrepreneurial awareness in financial choices. The research highlights that the SMEs decision makers are not particularly aware of the interest rates on loans. They consider an interest rate as a fixed amount, but this is a crude approximation to reality.

Decision makers play a key role in financial choices. Different organizations use different decision makers to make their financial choices. Table 5 shows that decision makers are responsible for the selection of better financial sources according to the size of the companies.

(296)

https://innovation-entrepreneurship.springeropen.com/articles/10.1186/s13731-015-0031-7

https://www.springeropen.com/about/open-access

本調査の目的は、財務に関する意思決定を行う者と有している資格レベルの間における関係性の有無を明らかにすることであった。実際、調査には様々な回答者が参加している。図7に回答者のうち意思決定者の正式な学歴を示す。

本研究は、正式な研修などを受けた者と比べ、高卒の意思決定者は主に銀行によるローンや借り越しを使っていることを浮き彫りにしている。しかし、正式な会計・財務的な訓練を受けた者の間では格段に洗練された金融商品(ファクタリング、リース!@#!@#など)の活用が一般的であることも、詳細な分析によって明らかにした。二つ以上の財源を用いている会社も詳しく見ると、その多くが院卒の分類に含まれることを示している。

本調査のもう一つの重要なステップとして、企業のカテゴリ別に行った回答の分析がある。分析結果は、中小企業が銀行のローンという財源を優先する傾向にあるという説を裏付けている。実際、銀行のローンや借り越しを使っていた企業は70%程度で、企業の規模が大きくなるにつれて別の財源も活用するようになる。

外部財源は利子という重要なコストを伴う。我々のヒアリングでは、金利についてもCEOに質問をした。これは金融の選択に対する起業家の意識を示唆するため、根本的な視点に触れるものである。本研究からは、中小企業における意思決定者は必ずしもローンの金利に関する意識を持っていないことが分かる。金利を一定の金額として見做しているが、これは現実と比べて甘い認識である。

意思決定者は金融の選択肢を選ぶ上で重要な役割を果たしている。各企業は様々な意思決定者を通じて金融的選択を行っている。表5に、企業の規模に応じてより良い財源を選択することに対して意思決定者が責任を負っていることを示している。

本調査の目的は、財務に関する意思決定を行う者と彼らがしている資格レベルの間における関連関係性の有無を明らかにすることであった。実際、調査には様々な回答者が参加している。図7に回答者のうち意思決定者の正規教育の正式な学歴を示す。

本研究は、正式な研修などを受けた者と比べ、高卒の意思決定者は主に銀行によるローンや借り越しを使っていることを浮き彫りにしている。しかし、正式な会計・財務的な訓練を受けた者の間ではより格段に洗練された金融商品(ファクタリング、リース!@#!@#など)の活用が一般的であるこより盛んであるこ、詳細な分析によって明らかになった。二つ以上の財源を用いている会社詳しく見ると、その多くの意思決定者 大学レベル学歴分類に含まれることを示している。

本調査のもう一つの重要なステップとして、企業のカテゴリ別に行った回答の分析であったがある。分析結果は、中小企業が銀行のローンという財源として優先する傾向にあるという説を裏付けている。実際、銀行のローンや借り越しを使っていた企業は70%程度で、企業の規模が大きくなるにつれて別の財源も活用するようになる。

外部財源は利子という重要なコストを伴う。我々のヒアリングでは、金利についてCFEO(最高財務責任者)利子率を聞い質問をした。これは金融の選択に対する起業家の意識を示唆するため、根本的な視点に側面に触れる質問であるものである。本研究からは、中小企業における意思決定者は必ずしもローンの子率について特別によく知っているいう訳ではないに関する意識持っていないことが分かる。彼らは子率一定の金額固定された金額として見しているが、れは大雑把な現実と比べて甘い現状認識である。

意思決定者は金融の選択肢を選ぶ上で重要な役割を果たしている企業よって、 様々な意思決定者を通じて金融的選択を行う意思決定者は異なるっている。表5、企業の規模に応じより良い財源選択すること対して意思決定者が責任を負っていることを示している。

The objective of the survey was to find out whether there was any relationship between financial decision makers and their level of qualification. In fact, there is a different involvement of respondents to the survey. Figure 7 shows the formal educational qualifications of the decision makers of the respondents.

The research highlights that the decision makers that did have a high school diploma mainly used bank loans or overdrafts as compared to those that received formal training. However, an in-depth analysis revealed that the use of much more sophisticated financial instruments (factoring, leasing, etc.) was much more popular with those who received formal accounting-finance training. A closer look at the companies that used more than one source of finance indicates that the majority of them belonged to the post graduate category.

Another important step of the research was the analysis of the responses given per category of firms. The results confirm the theory that SMEs have a preference for financial sources: bank loans. In fact, about 70 % used bank loans or overdrafts, and as companies increase in size, they begin to use more financial sources.

External financial sources present an important cost: interests. In our interviews, we asked CFOs for the interest rates. This aspect is fundamental because this is a signal of entrepreneurial awareness in financial choices. The research highlights that the SMEs decision makers are not particularly aware of the interest rates on loans. They consider an interest rate as a fixed amount, but this is a crude approximation to reality.

Decision makers play a key role in financial choices. Different organizations use different decision makers to make their financial choices. Table 5 shows that decision makers are responsible for the selection of better financial sources according to the size of the companies.

(296)

https://innovation-entrepreneurship.springeropen.com/articles/10.1186/s13731-015-0031-7

https://www.springeropen.com/about/open-access

本調査の目的は、財務に関する意思決定を行う者と有している資格レベルの間における関係性の有無を明らかにすることであった。実際、調査には様々な回答者が参加している。図7に回答者のうち意思決定者の正式な学歴を示す。

本研究は、正式な研修などを受けた者と比べ、高卒の意思決定者は主に銀行によるローンや借り越しを使っていることを浮き彫りにしている。しかし、正式な会計・財務的な訓練を受けた者の間では格段に洗練された金融商品(ファクタリング、リース!@#!@#など)の活用が一般的であることも、詳細な分析によって明らかにした。二つ以上の財源を用いている会社も詳しく見ると、その多くが院卒の分類に含まれることを示している。

本調査のもう一つの重要なステップとして、企業のカテゴリ別に行った回答の分析がある。分析結果は、中小企業が銀行のローンという財源を優先する傾向にあるという説を裏付けている。実際、銀行のローンや借り越しを使っていた企業は70%程度で、企業の規模が大きくなるにつれて別の財源も活用するようになる。

外部財源は利子という重要なコストを伴う。我々のヒアリングでは、金利についてもCEOに質問をした。これは金融の選択に対する起業家の意識を示唆するため、根本的な視点に触れるものである。本研究からは、中小企業における意思決定者は必ずしもローンの金利に関する意識を持っていないことが分かる。金利を一定の金額として見做しているが、これは現実と比べて甘い認識である。

意思決定者は金融の選択肢を選ぶ上で重要な役割を果たしている。各企業は様々な意思決定者を通じて金融的選択を行っている。表5に、企業の規模に応じてより良い財源を選択することに対して意思決定者が責任を負っていることを示している。

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>