分野別の学術論文翻訳例を紹介。医学・生命科学、物理・工学、人文系等の各翻訳・校正サンプル

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 03-6868-3348 平日・祝日 9:30~24:0012:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

生化学・分子遺伝学の英和翻訳サンプル
生命科学チームが対応する英日翻訳・英文校正

生化学・分子遺伝学の英和翻訳/サービスレベル別翻訳サンプル

生化学・分子遺伝学系のサンプルをサービスレベル別にご用意しました。各々のサービスの英和翻訳プロセスで原稿がどのように仕上がっていくかご確認ください。

Recent advances in functional and chemical genomics have led to vast advances in both, the understanding of disease and the potential to discover effective therapeutics to combat otherwise intractable disease states such as cancer. The Wnt/wingless (wg) pathway is one of a core

set of evolutionarily conserved signaling pathways that regulates many aspects of development and homeostasis. Misregulation of the Wnt pathway can be detrimental since mutations in several components are associated with tumorigenesis of the breast, liver, colon, and the skin. It is therefore crucial to develop and implement new technologies in order to generate molecular tools that may be used to modulate the activity of the Wnt/wg signaling pathway. One of the key effectors of the Wnt pathway is encoded by beta-catenin (B-cat). Induction by Wnt ligands leads to stabilization of cytosolic B-cat, which subsequently translocates to the nucleus to activate target genes that regulate many aspects of cell proliferation, growth, differentiation and death. Since Catenin Responsive Transcription (CRT) has been implicated in the genesis of many cancers, it makes a good target for developing therapeutics that could modulate the nuclear activity of B-cat. Recently, we employed a novel methodology of integrating a ‘sensitized’ chemical genetic high-throughput screen (HTS) with RNA-interference (RNAi) screening technology in order to identify specific small molecule inhibitors of the Wnt pathway in Drosophila cells. The primary screen was performed in Drosophila derived Clone 8 cells, which afforded the advantage of a non-redundant genome. Subsequent secondary screens were performed in mammalian cell lines including the mouse mammary epithelial cell line, C57 mg; human epithelial cell line, HEK 293; the colon-cancer cell line, HCT-116; and the breast cancer cell line, MCF-7. Each of the aforementioned cell types is Wnt responsive and thus allowed for heterologous systems to validate the efficacy of the compounds on Wnt-signaling. We envisage that compounds identified in ours and similar future screens will serve as prototypes for the development of anti-tumor drugs targeted to B-cat responsive transcriptional programs involved in different cancers. Furthermore, this study paves the way for the development and implementation of a new technological advance for rapid screening of large compound libraries to identify modulators of specific signaling pathways.

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

ゲノム機能解析やケモゲノミクスにおける近年の進歩は、疾患についての理解を大いに深め、又、癌のような難治性の病気に有効である治療の発見の可能性の拡大へと繋がっている。Wnt/wingless (wg)シグナル経路は、発達や恒常性維持の様々な局面を制御する、進化上保存されてきたシグナル経路の核心の一つである。いくつかの部分(段階)で起こる(突然)変異は、乳房、肝臓、大腸、皮膚における腫瘍形成と関連しているため、Wntシグナル経路の誤制御は有害だ。従って、Wnt/wg シグナル経路の活動を調節する分子ツールを生成する為の新しい技術を発案し、実施する事が極めて重要である。Wntシグナル経路において重要なエフェクターの一つは、B-カテニン(B-cat)によりコードされている。Wntリガンドによる誘導は、細胞基質のB-カテニンを安定化する。続いてB-カテニンは、細胞増殖、成長、分化、細胞死の多くの局面を制御するターゲット遺伝子を活性化させる為、核へ移動する。カテニン反応性転写(CRT)は、多くの癌発生に関係があるとされ、B-カテニンの核内の活動を調節する治療の開発において良いターゲットとなる。最近、私達は、ショウジョウバエの細胞のWntシグナル経路における低分子阻害物質(インヒビター)を特定する為に、「感作させた」化学的遺伝的HTSとRNAi(RNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を使用した。第一スクリーニングは、非重複のゲノムという利点を持つショウジョウバエ由来のクローン8細胞に対して行われた。続く第二スクリーニングは、マウス乳腺上皮細胞株 C57 mg、ヒト上皮細胞株 HEK293、大腸癌細胞株 HCT-116、乳がん細胞株MCF-7を含む哺乳動物細胞株に対して行われた。前述の細胞型のそれぞれが、Wnt反応性である為、異種体系を使うことで、低分子阻害物質のWntシグナルへの効能を確証することができる。今回私達が特定したり、将来行われるであろう同様のスクリーンで特定される阻害物質は、様々な癌に関連するB-カテニン反応性転写プログラムを標的にした抗腫瘍薬の開発の為の原型となるであろう。更にこの研究は、特定のシグナル経路のモジュレーターを鑑定する為に行う化合物ライブラリーの迅速なスクリーニングの技術的進歩を促進させ、実施させる道を開くはずだ。

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

ゲノム機能解析やケモゲノミクスにおける近年の進歩は、疾患についての理解を大いに深め、又、癌のような難治性の病気に有効である治療の発見の可能性の拡大へと繋がっている。Wnt/wingless (wg)シグナル経路は、発達や恒常性維持の様々な局面を制御する、進化的に保存されてきたシグナル経路の核心の一つである。いくつかの部分(段階)で起こる(突然)変異は、乳房、肝臓、大腸、皮膚における腫瘍形成と関連しているため、Wntシグナル経路の誤制御は有害だ。したがって、Wnt/wg シグナル経路の活動を調節する分子ツールを生成する為の新しい技術を発案し、実施その技術を活用することが極めて重要である。Wntシグナル経路において重要なエフェクターの一つは、B-カテニン(B-cat)によりコードされている。Wntリガンドによる誘導は、細胞基質のB-カテニンを安定化する。続いてB-カテニンは核へ移動して、細胞増殖、成長、分化、細胞死の多くの局面を制御するターゲット遺伝子を活性化させる為、核へ移動する。カテニン反応性転写(CRT)は、多くの癌発生に関係があるとされ、B-カテニンの核内の活動を調節する治療の開発において良い適したターゲットとなる。最近、私達我々は、「感作させた」化学的遺伝的HTSRNAiRNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を用いて、ショウジョウバエの細胞のWntシグナル経路における低分子阻害物質(インヒビター)を特定する為に、「感作させた」化学的遺伝的HTSRNAi(RNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を使用した。第一一次スクリーニングは、非重複ゲノムという利点を持つショウジョウバエ由来のクローン8細胞に対して行われたった。続く第二二次スクリーニングは、マウス乳腺上皮細胞株 C57 mg、ヒト上皮細胞株 HEK293、大腸癌細胞株 HCT-116、乳がん細胞株MCF-7を含む哺乳動物細胞株に対して行われたった。前述の細胞型のそれぞれが、Wnt反応性である為、異種体系を使うことで、低分子阻害物質のWntシグナルへの効能を確証検証することができる。今回私達我々が特定した阻害物質、将来行われるであろう今後同様のスクリーニングで特定される阻害物質は、様々な癌に関連するB-カテニン反応性転写プログラムを標的にした抗腫瘍薬の開発の為の原型となるであろうと考えられるさらにこの研究は、特定のシグナル経路のモジュレーターを鑑定識別する為に行うための化合物ライブラリーの迅速なスクリーニングの技術的進歩を促進させ、実施させ活用する道を開くはずである

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

ゲノム機能解析やケモゲノミクスにおける近年の進歩は、疾患についての理解を大いに深め、又、癌のような難治性の病気の両方にに有効である治療の発見の可能性の大いなる拡大へと繋がっている。Wnt/wingless (wg)シグナル経路は、発達や恒常性維持の様々な局面を制御する、進化上保存されてきたシグナル経路の核心の一つである。いくつかの部分(段階)で起こる(突然)変異は、乳房、肝臓、大腸、皮膚における腫瘍形成と関連しているため、Wntシグナル経路の誤制御は有害だ。従って、Wnt/wg シグナル経路の活動を調節する分子ツールを生成する為の新しい技術を開発発案し、実用化する事が極めて重要である。Wntシグナル経路において重要なエフェクターの一つは、B-カテニン(B-cat)によりコードされている。Wntリガンドによる誘導は、細胞基質のB-カテニン安定につなが化する。続いてB-カテニンは、細胞増殖、成長、分化、細胞死の多くの局面を制御するターゲット遺伝子を活性化させる為、核へ移動する。カテニン反応性転写(CRT)は、多くの癌発生に関係があるとされ、B-カテニンの核内の活動を調節する治療の開発において良いターゲット目標となる。最近、私達は、ショウジョウバエの細胞のWntシグナル経路における低分子阻害物質(インヒビター)を特定する為に、「感作させた」化学的遺伝的HTSとRNAi(RNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を使用した。第一スクリーニングは、非重複のゲノムという利点を持つショウジョウバエ由来のクローン8細胞に対して行われた。続く第二スクリーニングは、マウス乳腺上皮細胞株 C57 mg、ヒト上皮細胞株 HEK293、大腸癌細胞株 HCT-116、乳がん細胞株MCF-7を含む哺乳動物細胞株に対して行われた。前述の細胞型のそれぞれが、Wnt反応性である為、異種体系を使うことで、低分子阻害物質のWntシグナルへの効能を確証することができる。今回私達が特定したり、将来行われるであろう同様のスクリーンで特定される阻害物質は、様々な癌に関連するB-カテニン反応性転写プログラムを標的にした抗腫瘍薬の開発の為の原型となるであろう。更にこの研究は、特定のシグナル経路のモジュレーターを鑑定する為に行う化合物ライブラリーの迅速なスクリーニングの技術的進歩を促進させ、実施させる道を開くはずだ。

Recent advances in functional and chemical genomics have led to vast advances in both, the understanding of disease and the potential to discover effective therapeutics to combat otherwise intractable disease states such as cancer. The Wnt/wingless (wg) pathway is one of a core

set of evolutionarily conserved signaling pathways that regulates many aspects of development and homeostasis. Misregulation of the Wnt pathway can be detrimental since mutations in several components are associated with tumorigenesis of the breast, liver, colon, and the skin. It is therefore crucial to develop and implement new technologies in order to generate molecular tools that may be used to modulate the activity of the Wnt/wg signaling pathway. One of the key effectors of the Wnt pathway is encoded by beta-catenin (B-cat). Induction by Wnt ligands leads to stabilization of cytosolic B-cat, which subsequently translocates to the nucleus to activate target genes that regulate many aspects of cell proliferation, growth, differentiation and death. Since Catenin Responsive Transcription (CRT) has been implicated in the genesis of many cancers, it makes a good target for developing therapeutics that could modulate the nuclear activity of B-cat. Recently, we employed a novel methodology of integrating a ‘sensitized’ chemical genetic high-throughput screen (HTS) with RNA-interference (RNAi) screening technology in order to identify specific small molecule inhibitors of the Wnt pathway in Drosophila cells. The primary screen was performed in Drosophila derived Clone 8 cells, which afforded the advantage of a non-redundant genome. Subsequent secondary screens were performed in mammalian cell lines including the mouse mammary epithelial cell line, C57 mg; human epithelial cell line, HEK 293; the colon-cancer cell line, HCT-116; and the breast cancer cell line, MCF-7. Each of the aforementioned cell types is Wnt responsive and thus allowed for heterologous systems to validate the efficacy of the compounds on Wnt-signaling. We envisage that compounds identified in ours and similar future screens will serve as prototypes for the development of anti-tumor drugs targeted to B-cat responsive transcriptional programs involved in different cancers. Furthermore, this study paves the way for the development and implementation of a new technological advance for rapid screening of large compound libraries to identify modulators of specific signaling pathways.

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

ゲノム機能解析やケモゲノミクスにおける近年の進歩は、疾患についての理解を大いに深め、又、癌のような難治性の病気に有効である治療の発見の可能性の拡大へと繋がっている。Wnt/wingless (wg)シグナル経路は、発達や恒常性維持の様々な局面を制御する、進化上保存されてきたシグナル経路の核心の一つである。いくつかの部分(段階)で起こる(突然)変異は、乳房、肝臓、大腸、皮膚における腫瘍形成と関連しているため、Wntシグナル経路の誤制御は有害だ。従って、Wnt/wg シグナル経路の活動を調節する分子ツールを生成する為の新しい技術を発案し、実施する事が極めて重要である。Wntシグナル経路において重要なエフェクターの一つは、B-カテニン(B-cat)によりコードされている。Wntリガンドによる誘導は、細胞基質のB-カテニンを安定化する。続いてB-カテニンは、細胞増殖、成長、分化、細胞死の多くの局面を制御するターゲット遺伝子を活性化させる為、核へ移動する。カテニン反応性転写(CRT)は、多くの癌発生に関係があるとされ、B-カテニンの核内の活動を調節する治療の開発において良いターゲットとなる。最近、私達は、ショウジョウバエの細胞のWntシグナル経路における低分子阻害物質(インヒビター)を特定する為に、「感作させた」化学的遺伝的HTSとRNAi(RNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を使用した。第一スクリーニングは、非重複のゲノムという利点を持つショウジョウバエ由来のクローン8細胞に対して行われた。続く第二スクリーニングは、マウス乳腺上皮細胞株 C57 mg、ヒト上皮細胞株 HEK293、大腸癌細胞株 HCT-116、乳がん細胞株MCF-7を含む哺乳動物細胞株に対して行われた。前述の細胞型のそれぞれが、Wnt反応性である為、異種体系を使うことで、低分子阻害物質のWntシグナルへの効能を確証することができる。今回私達が特定したり、将来行われるであろう同様のスクリーンで特定される阻害物質は、様々な癌に関連するB-カテニン反応性転写プログラムを標的にした抗腫瘍薬の開発の為の原型となるであろう。更にこの研究は、特定のシグナル経路のモジュレーターを鑑定する為に行う化合物ライブラリーの迅速なスクリーニングの技術的進歩を促進させ、実施させる道を開くはずだ。

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

ゲノム機能解析やケモゲノミクスにおける近年の進歩は、疾患についての理解を大いに深め、又、癌のような難治性の病気に有効である治療の発見の可能性の拡大へと繋がっている。Wnt/wingless (wg)シグナル経路は、発達や恒常性維持の様々な局面を制御する、進化的に保存されてきたシグナル経路の核心の一つである。いくつかの部分(段階)で起こる(突然)変異は、乳房、肝臓、大腸、皮膚における腫瘍形成と関連しているため、Wntシグナル経路の誤制御は有害だ。したがって、Wnt/wg シグナル経路の活動を調節する分子ツールを生成する為の新しい技術を発案し、実施その技術を活用することが極めて重要である。Wntシグナル経路において重要なエフェクターの一つは、B-カテニン(B-cat)によりコードされている。Wntリガンドによる誘導は、細胞基質のB-カテニンを安定化する。続いてB-カテニンは核へ移動して、細胞増殖、成長、分化、細胞死の多くの局面を制御するターゲット遺伝子を活性化させる為、核へ移動する。カテニン反応性転写(CRT)は、多くの癌発生に関係があるとされ、B-カテニンの核内の活動を調節する治療の開発において良い適したターゲットとなる。最近、私達我々は、「感作させた」化学的遺伝的HTSRNAiRNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を用いて、ショウジョウバエの細胞のWntシグナル経路における低分子阻害物質(インヒビター)を特定する為に、「感作させた」化学的遺伝的HTSRNAi(RNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を使用した。第一一次スクリーニングは、非重複ゲノムという利点を持つショウジョウバエ由来のクローン8細胞に対して行われたった。続く第二二次スクリーニングは、マウス乳腺上皮細胞株 C57 mg、ヒト上皮細胞株 HEK293、大腸癌細胞株 HCT-116、乳がん細胞株MCF-7を含む哺乳動物細胞株に対して行われたった。前述の細胞型のそれぞれが、Wnt反応性である為、異種体系を使うことで、低分子阻害物質のWntシグナルへの効能を確証検証することができる。今回私達我々が特定した阻害物質、将来行われるであろう今後同様のスクリーニングで特定される阻害物質は、様々な癌に関連するB-カテニン反応性転写プログラムを標的にした抗腫瘍薬の開発の為の原型となるであろうと考えられるさらにこの研究は、特定のシグナル経路のモジュレーターを鑑定識別する為に行うための化合物ライブラリーの迅速なスクリーニングの技術的進歩を促進させ、実施させ活用する道を開くはずである

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

Recent advances in functional and chemical genomics have led to vast advances in both, the understanding of disease and the potential to discover effective therapeutics to combat otherwise intractable disease states such as cancer. The Wnt/wingless (wg) pathway is one of a core

set of evolutionarily conserved signaling pathways that regulates many aspects of development and homeostasis. Misregulation of the Wnt pathway can be detrimental since mutations in several components are associated with tumorigenesis of the breast, liver, colon, and the skin. It is therefore crucial to develop and implement new technologies in order to generate molecular tools that may be used to modulate the activity of the Wnt/wg signaling pathway. One of the key effectors of the Wnt pathway is encoded by beta-catenin (B-cat). Induction by Wnt ligands leads to stabilization of cytosolic B-cat, which subsequently translocates to the nucleus to activate target genes that regulate many aspects of cell proliferation, growth, differentiation and death. Since Catenin Responsive Transcription (CRT) has been implicated in the genesis of many cancers, it makes a good target for developing therapeutics that could modulate the nuclear activity of B-cat. Recently, we employed a novel methodology of integrating a ‘sensitized’ chemical genetic high-throughput screen (HTS) with RNA-interference (RNAi) screening technology in order to identify specific small molecule inhibitors of the Wnt pathway in Drosophila cells. The primary screen was performed in Drosophila derived Clone 8 cells, which afforded the advantage of a non-redundant genome. Subsequent secondary screens were performed in mammalian cell lines including the mouse mammary epithelial cell line, C57 mg; human epithelial cell line, HEK 293; the colon-cancer cell line, HCT-116; and the breast cancer cell line, MCF-7. Each of the aforementioned cell types is Wnt responsive and thus allowed for heterologous systems to validate the efficacy of the compounds on Wnt-signaling. We envisage that compounds identified in ours and similar future screens will serve as prototypes for the development of anti-tumor drugs targeted to B-cat responsive transcriptional programs involved in different cancers. Furthermore, this study paves the way for the development and implementation of a new technological advance for rapid screening of large compound libraries to identify modulators of specific signaling pathways.

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

ゲノム機能解析やケモゲノミクスにおける近年の進歩は、疾患についての理解を大いに深め、又、癌のような難治性の病気に有効である治療の発見の可能性の拡大へと繋がっている。Wnt/wingless (wg)シグナル経路は、発達や恒常性維持の様々な局面を制御する、進化上保存されてきたシグナル経路の核心の一つである。いくつかの部分(段階)で起こる(突然)変異は、乳房、肝臓、大腸、皮膚における腫瘍形成と関連しているため、Wntシグナル経路の誤制御は有害だ。従って、Wnt/wg シグナル経路の活動を調節する分子ツールを生成する為の新しい技術を発案し、実施する事が極めて重要である。Wntシグナル経路において重要なエフェクターの一つは、B-カテニン(B-cat)によりコードされている。Wntリガンドによる誘導は、細胞基質のB-カテニンを安定化する。続いてB-カテニンは、細胞増殖、成長、分化、細胞死の多くの局面を制御するターゲット遺伝子を活性化させる為、核へ移動する。カテニン反応性転写(CRT)は、多くの癌発生に関係があるとされ、B-カテニンの核内の活動を調節する治療の開発において良いターゲットとなる。最近、私達は、ショウジョウバエの細胞のWntシグナル経路における低分子阻害物質(インヒビター)を特定する為に、「感作させた」化学的遺伝的HTSとRNAi(RNA干渉)スクリーニング技術を融合させた新しい方法を使用した。第一スクリーニングは、非重複のゲノムという利点を持つショウジョウバエ由来のクローン8細胞に対して行われた。続く第二スクリーニングは、マウス乳腺上皮細胞株 C57 mg、ヒト上皮細胞株 HEK293、大腸癌細胞株 HCT-116、乳がん細胞株MCF-7を含む哺乳動物細胞株に対して行われた。前述の細胞型のそれぞれが、Wnt反応性である為、異種体系を使うことで、低分子阻害物質のWntシグナルへの効能を確証することができる。今回私達が特定したり、将来行われるであろう同様のスクリーンで特定される阻害物質は、様々な癌に関連するB-カテニン反応性転写プログラムを標的にした抗腫瘍薬の開発の為の原型となるであろう。更にこの研究は、特定のシグナル経路のモジュレーターを鑑定する為に行う化合物ライブラリーの迅速なスクリーニングの技術的進歩を促進させ、実施させる道を開くはずだ。

(361)

https://thehugojournal.springeropen.com/track/pdf/10.1007/s11568-009-9084-7?site=thehugojournal.springeropen.com

https://thehugojournal.springeropen.com/articles/10.1007/s11568-009-9084-7

医学・医療分野

物理科学・工学分野

生命科学分野

人文社会学分野

ビジネス・経済学分野

英和翻訳でよくある質問

英和翻訳についてよくある質問と回答をご紹介します。

専門用語に関して決まった表記で和訳していただきたいのですが可能ですか?
はい可能です。ご注文時に対訳表をお送りいただければ翻訳者はそちらを参照して和訳いたします。 対訳表をいただくことでより高い品質の英日翻訳が可能になります。

学術翻訳に関するその他の質問はこちらから >>