論文翻訳サービスの比較|学術翻訳・医学翻訳エディテージ

論文翻訳サービスの比較。ニーズに合わせた4種類のおすすめ翻訳サービス。ジャーナル出版レベルから内部資料向けまで。

ログイン
英文校正のエディテージ 論文の「伝える力」を最大限に発揮する
英文校正、論文翻訳、論文投稿サポート
お見積り・ご注文・お問い合せ 0120-50-2987 submissions@editage.com 平日・祝日 9:30~24:00 土・日 12:30~21:30
(論文投稿支援のみ 月~金 11:00~21:00)

エディテージの和英翻訳サービスの違い
学術論文の和英翻訳。
論文受理を目指すための翻訳サービス。

エディテージの和英翻訳サービスの違い

スケジュールや目的に合わせて選べる4種類のサービスを提供しています。シニア翻訳者・校正者と一緒にトップジャーナル受理を目指す「トップジャーナル学術翻訳」、査読プロセスで役立つ1年間の無料再校正サービスを含む「プレミアム学術翻訳(再投稿安心パック有り)」、限られた時間の中でジャーナル出版レベルの英語論文を完成させる「スタンダード学術翻訳」、専門分野の校正者のチェックが不要な内部資料などのための「ベーシック翻訳」まで、お客様のニーズに合わせてお選びいただけます。

それぞれの翻訳チームメンバーの役割

※1 トップジャーナル学術翻訳では、ネイティブレビュー後、投稿ステージの前に著者チェックが行われます。そのため、査読者とネイティブエディターによるコメントと変更も著者が一緒に確認します。

※2 ベーシック翻訳の翻訳ステージでは、高精度なAIが翻訳後、経験豊富なバイリンガル翻訳者が一文一文丁寧にクロスチェックを行います。

エディテージの翻訳サービスの特長

アフターサービスの特長
査読コメント対策 詳細 >
査読コメント対策 詳細 > 365日無制限対応
※オプション追加可能
再投稿時のフォーマット調整
詳細 >
他誌再投稿時の再
フォーマット調整 詳細 >
365日無制限対応
※オプション追加可能
再校正対応 詳細 >
再校正対応 詳細 > 365日無制限対応
3ヵ月間延長中!
365日無制限対応
3ヵ月間延長中!
再校正60%割引 詳細 > 再校正60%割引
※スタンダード英文校正を
オプション追加した場合
詳細 >
  回数無制限の再翻訳
※1年間の無料サポート付き詳細 >
回数無制限の再翻訳
※1年間の無料サポート付き詳細 >

※オプション追加可能

※オプション追加可能
   
  カバーレター作成
カバーレター作成
  単語数削減サービス詳細 >
単語数削減サービス詳細 >
※スタンダード英文校正を
オプション追加した場合
  査読チェック(追加分)詳細 >
論文完成度評価
レポート(追加分) 詳細 >

※オプション追加可能
     
  品質保証(無料)
品質保証(無料)
  質問サービス(無料)
質問サービス(無料)
  英文校正証明書
英文校正証明書
※スタンダード英文校正を
オプション追加した場合
  翻訳証明書(希望者のみ)
翻訳証明書
(希望者のみ)

*英語でのみのサポートとなります。査読者へのフィードバックで翻訳が必要な場合は、翻訳料金が別途発生します。

論文翻訳の違いについてよくある質問

学術論文についてお客様からよくお聞きする質問を幾つかご紹介します

「ベーシック翻訳」と「スタンダード翻訳」はどのように違うのですか?

「ベーシック翻訳」では、各専門分野に特化した日英バイリンガルが翻訳作業に当たりますので、英文校正を施さずとも、英語として十分に意味は通じる、質の高い翻訳原稿であるといえますが、それがそのまま通用するほど昨今の学術出版界は甘いものではありません。エディテージでは、世界的に通用する出版レベルに原稿の質を保つため、学術論文の翻訳には、実際にその研究分野の出版に携わってきたネイティブ校正者が、文法、句読法の修正にとどまらず、表現や文章構造をより自然なネイティブスタイルかつ一貫したアカデミックスタイルのものに直す「スタンダード学術翻訳」以上をおすすめしています。

但し、内部資料やドラフト原稿など、ジャーナル投稿や出版等を目的としない英語翻訳が必要な際には、英文校正プロセスを省いた低価格で納期の短い「ベーシック翻訳」をお選びいただけます。

エディテージの翻訳者はどのような人たちですか?

学術・医学の各専門分野に精通した5~10年以上の実務経歴を持つ日英バイリンガルの翻訳者が、お客様の日本語原稿の意図を十全に汲み取り、翻訳原稿へと反映していきます。

翻訳者は採用時に、翻訳の熟練度(採用テストのスコア)、翻訳実務経験の長さ、専門分野への精通度(学歴、論文出版歴など)の3つの評価ポイントから厳格に審査されます。応募してから実際に実務に配置できる翻訳者は全体の0.1%にとどまります。