英文校正サービスで対応可能なファイル型式を紹介します。LaTeXやPDFなどにも対応。

英文校正で取り扱い可能なファイル形式

.DOC .DOX だけでなく、LaTeXなど多種多様なファイル形式に対応しています。

英文校正エディテージではDOC、DOX だけでなく、LaTeX、TeX、PDF、またはJPEG、TIFFなどの画像ファイル形式、XLS、XLSX、PPT、PPTXなどのマイクロソフトオフィス系ソフトウェアのファイル型式など、多種多様なファイル形式でも英文チェックを行っております。
※下記にないファイルタイプでの校正をご希望の場合、こちらからお問合せください。


PDFファイル
PDFファイル
(.PDF)
イメージファイル
イメージファイル
(.JPEG,.TIFF,.GIFなど)
リッチテキストフォーマット
リッチテキストフォーマット(.RTF)
テキストファイル
テキストファイル
(.TXT)

マイクロソフト・ワード(.DOC/.DOCX)、リッチテキストフォーマット(.RTF)

ワードファイルマイクロソフト・ワードの変更履歴機能を使用して、
ご依頼の英語論文や英語原稿の英文を校正(添削)いたします。

 

  • .DOCXワードファイル形式についてファイルでいただいた原稿は、.DOCファイルに変換して納品いたします。
  • 変更履歴機能を使用した英語添削(英文校正)原稿のサンプルをご覧になりたい場合はこちらをクリックしてください。
  • 変更履歴機能についての説明は以下の表からPDFファイルをダウンロードできます。

  MSワード変更履歴の使い方を見る
MSワード2000 MSワード2003 MSワード2007
MSワード2000用説明資料PDFファイル PDFファイルで読む MSワード2003用説明資料PDFファイル PDFファイルで読む MSワード2007用説明資料PDFファイル PDFファイルで読む
日本語音声説明月ガイド 日本語音声付き説明ガイドを見る    

LaTeX、TeX

テキストファイル

LaTeXTeXで作成された論文等の英文添削・校正もいたします。こちらは通常料金の15%増しです。
注: ファイルによっては技術的な問題で直接校正ができない場合、また繁忙期にはご希望の納期に副えない場合もございますので、クライアントサービスからの回答メールをご確認ください。

  • LaTeXもしくはTeXファイルをお送りください。
  • 弊社でWinEdtを用いて校正を行います。LaTeX/TeXファイルとWordファイルを納品いたします。校正者が変更した箇所および校正者コメントはWordファイルでご確認いただけます。
  • LaTeX、TeXではフォーマット調整は行っておりません。※詳細

PDF ファイル

PDFファイルPDFファイルでの校正。原稿に手書きで英語添削(英文校正)し、PDFファイルにスキャンしてお届けします。
通常料金の15%増しとなります。 スタンダード英文校正のみでの対応となります(プレミアム英文校正ではPDFファイルを受け付けておりません)。

  • PDFファイルの英語添削英文校正)原稿のサンプルをご覧になりたい場合はこちらをクリックしてください。
  • PDFファイルの英語添削英文校正)作業を行う際に使用する、校正記号やサインをご覧になりたい場合はこちらをクリックしてください。
  • PDFファイルへの校正は手書きによって行われますので、校正を書き込むためのスペースが必要となります。行間をダブルスペースで設定してファイルを作成ください。
  • PDFではフォーマット調整は行っておりません。※詳細
PDFファイルでの英語添削(校正)は、数式が多く組み込まれているTeXで執筆された原稿にもご利用いただけます。またはTeXファイル原稿の英語添削(校正)も受け付けております。

マイクロソフト・エクセル・パワーポイント (.XLS,.PPT,.XLSX .PPTX)

パワーポイントエクセルやパワーポイントで作成された原稿の英文校正も可能です。ジャーナル投稿規定にあわせたフォーマットの調整もいたします。但し、これらのファイルには変更履歴機能がありませんので、お客様が変更個所を確認することはできません。 マイクロソフト・パワーポイントではフォーマット調整は行っておりません。※詳細

イメージファイル(. JPEG,.TIFF,.GIFなど)

イメージファイルイメージファイルには手書きで添削(校正)いたします。校正記号を使用して英語添削(校正)作業を行い、文書をスキャンしたものをお届けします。こちらは通常料金の 15%増しです。

 

  • イメージファイルの校正サンプルをご覧になりたい場合はこちらをクリックしてください。
  • イメージファイルの英語添削作業を行う際に使用している記号やサインをご覧になりたい場合はこちらをクリックしてください。

テキストファイル(. TXT)

テキストファイルテキストファイルでお預かりした原稿は、ワードファイルに置き換えた後に変更履歴機能を使用して校正し、ワードファイルにて納品いたします。

フォーマット調整に関する制限について

現在、LaTeX、TeX、PDF、PPTではフォーマット調整は行っておりません。

LaTeX、TeX

理由: 1) 投稿予定のジャーナルのために使用するスタイルファイルに校正者がアクセスできない可能性があるため
2)校正者は英語校正に注力するので、校正プロセスの最後にPDFへの書き出しは行わないため。

PDF

理由: PDFドキュメントはAdobe Acrobat Readerで読まれ、紙面で校正されることが多くあります。このような場合PDFのフォーマットを変更するためにはPDFの元となったファイル(多くの場合LaTeXMS Word)へのアクセスが必要なため。※マイクロソフト・ワードから変換されたPDFファイルでしたらご連絡ください。マイクロソフト・ワード上で校正およびフォーマット調整を行います。これによりPDFで管理するための追加のソフトの使用を回避でき、校正およびフォーマット調整の時間が短縮され、価格も安くなります

PPT

理由: PPTのフォーマットは聴衆の経歴やスキルに合わせて調整することが重要です。校正者はマーケティングのためのプレゼンテーション用資料の制作には関与しないため、ターゲットにあわせた最適なデザインのご提案はできません。