論文翻訳、学術論文翻訳: 医療翻訳、学術英語翻訳、論文翻訳、医学論文翻訳、学術翻訳会社、和英翻訳、英訳

お客様の声
論文 翻訳 おすすめ
単に翻訳だけでなく、研究についての知識がある上でアドバイスをくれる。
S. S.

心理学

論文 翻訳 おすすめ
対応が早く、丁寧。 こちらの要求に対して誠意をもって対応してもらえる
研究員
独立行政法人

論文 翻訳 おすすめ
翻訳の迅速さが優れている。 適切な価格設定。 翻訳のレベルや内容を選択できる。
K. R.
大学
スポーツ科学

エディテージの学術論文翻訳サービス

日本語論文を英語に翻訳。論文受理を目指すための翻訳サービス。

現在地 :: エディテージ > 学術論文翻訳

ジャーナル投稿論文や学術系出版物の翻訳から校正までをワンストップで行う和英翻訳サービスです。経験豊富な翻訳者と専門分野の英文校正者がタッグを組んで、日本語の論文を国際出版レベルのネイティブ英語に翻訳し、原稿の目的に合わせて校正し、仕上げます。アフターケア、品質保証も充実。安心の学術翻訳サービスです。

学術翻訳サービスの内容と名称が変更になりました!詳しくはこちら>>>

5領域1200以上の専門分野の原稿に対応

最大5段階の翻訳・校正品質チェック

翻訳から校正の過程で文章の意図を正確につかんで翻訳し、かつ美しいネイティブ英語に仕上がるよう、翻訳2名、校正2名の4レベルによる品質チェックを行います。プレミアム学術翻訳の場合は翻訳から校正に回す前にお客様が翻訳内容をチェックできる「コラボ翻訳」も付いてさらに安心。

医学論文翻訳過程

選べる3つの学術翻訳サービス

プレミアム学術翻訳      プレミアム学術論文翻訳
コラボ翻訳+プレミアム英文校正
お客様が翻訳内容をチェックし、変更や修正を何度でも指示できるコラボ翻訳に論理に踏み込むプレミアム英文校正が付いた最高峰の学術翻訳サービス。
プレミアム学術翻訳の対象者
文章表現に好みやこだわりがある、
専門用語の翻訳を事前にチェックしたい
安心サポート
コラボ型翻訳 365日無制限再校正(加筆20%以内)無料カバーレター作成単語数削減サービス校正者への質問サービスジャーナル規定に従ったフォーマット調整
スタンダード学術翻訳      プレミアム学術論文翻訳
翻訳+スタンダード英文校正
翻訳から英文校正までノンストップで行う標準サービスです。原稿の期限と予算に合わせて、ノーマルスピードとハイスピードプランから選べます。
スタンダード学術翻訳の対象者
スピーディかつ低料金で、
品質にもこだわりたい
安心サポート
-再校正60%割引- 単語数削減サービス校正者への質問サービスジャーナル規定に従ったフォーマット調整
ベーシック学術翻訳
翻訳のみ
翻訳後の英文校正が必要ない方のための、リーズナブルな翻訳サービスです。


ベーシック学術翻訳の対象者
内部資料やドラフト原稿等、
出版を目的としない翻訳が必要
安心サポート
------
コラボ型論文翻訳サービスでの著者の役割について
翻訳プロセス終了後に、単語や表現がその分野で通常使われているものに翻訳されているか、またお客様好みの言い回しや表現が使われているかご確認・修正いただけます。翻訳者への質問および翻訳の修正依頼が無ければ「確認完了」のご連絡をください。校正プロセスに移ります。翻訳後の英文自体は、まだ直訳に近く、「文法や文章構成」の最適化は英文校正で対応いたします。

<翻訳終了時にご確認いただきたいポイント>

  • 専門用語の翻訳
  • 分野独自の言い回しや表現
文法や文章構成については、英文校正で対応します。
コメントは日本語でお戻しいただけますが、翻訳者からの回答は英語となります。
「確認完了」の連絡をいただいてから校正作業を開始します。必ずご連絡ください。

論文翻訳をご利用いただいたお客様の声



学術翻訳サービスの内容と名称が変更になりました!


お客様にとってより選びやすいサービスに改善するため、
2015218日より、学術翻訳サービスの内容と名称が変更になりました。
変更の内容は以下のとおりです。


旧サービス名  新サービス名 
コラボ型翻訳+プレミアム英文校正 プレミアム学術翻訳
コラボ型翻訳+スタンダード英文校正 ご提供を終了
論文翻訳+スタンダード英文校正 スタンダード学術翻訳
ドラフト翻訳 ベーシック学術翻訳


サービスについてご不明な点がございましたら、Editage Idまでお気軽にご連絡ください。
お客様が翻訳内容をチェックし、変更や修正を何度でも指示できる翻訳サービス
原稿の1回目の校正納品翌日から365日以内のご依頼
※加筆が元原稿から20%以内
※2回目以降のフォーマット調整は有料です。
無料でカバーレターを作成
サンプルダウンロード
【プレミアム英文校正の場合】

投稿先のジャーナル規定に合わせ、英文校正の際に単語数削減(最大20%まで)を無料で行います。
【スタンダード英文校正の場合】
英語面の校正のみを行いますので、単語数削減は原稿の総単語数の10%に限り単語数削減を無料で行います。
英文校正納品後も、校正に対する質問を無料で受け付けております。
※加筆された箇所に関する対応は行って下りません。大きな変更が加わり、再度原稿の校正が必要な場合は再校正サービスをご利用ください。