論文執筆+投稿フルサポート

当社の専門家チームがお客様と綿密に連携して学術論文の作成を代行し、ジャーナルへの投稿を行い掲載を目指します。投稿執筆+投稿フルサポートには、エディテージが誇る、英語学術論文作成をきめ細やかに支援する全てのサポートオプションが含まれています。
医療、医学、医薬系の研究者をはじめ、あらゆる分野の研究者の論文投稿に利用されています。

このパックに含まれる11のサービス :

論文執筆代行・論文修正(分析データ・論文草案の精査付き)

学術出版の経験のある専門家が、お客様の草稿や仮説を基に、学術論文の執筆を代行、サポートします。

原稿執筆用ソースファイル・草稿の翻訳 (オプション)

日本語サポート

先行文献検索サポート

査読者からのコメントに基づいた論文修正+返信レターの作成

ジャーナル選択

プレミアム英文校正(査読コメント対策付き)

ジャーナル投稿代行

論文内のグラフィック調整

剽窃チェック
(365日間回数無制限)

初回論文投稿先への再投稿サポート(査読コメント対策を含む)

2つ目の論文投稿先への再投稿サポート(査読コメント対策を含む)

論文執筆+
投稿フルサポート

納期:40日間~論文執筆から出版まで含む最高峰の支援パック

パック特別金額 600,000円~

こんな方におすすめ
01
研究成果をジャーナルに投稿するまでの時間と労力を削減するために、論文原稿執筆を代行もしくはサポートするパートナーが必要な場合。
02
経験豊富なライターによる高品質で専門性に優れた論文の執筆サポートご希望の方。
03
査読後にリジェクトの通知を受けた方で、査読コメントを基に論文をリライトして、次のターゲットジャーナルでの受理の可能性を高めたい方。

論文執筆+投稿フルサポートの特長

専門家による手厚いサポート

経験豊かな論文投稿専門家チームが論文の投稿プロセスまで支援。論文投稿の全プロセスにおけるサポートメニューを用意しています。

日本語のデータにも対応可能

専門分野の翻訳家と、ネイティブ校正者がタッグを組んで明確な英語に仕上げたうえで、プロのライターに情報を共有いたします。

倫理規定もクリアしています

国際的な出版倫理も遵守された方法でプロジェクトを行います。エディテージは倫理的な出版を行うことに賛同しており、COPEのメンバーでもあります。

論文投稿後も安心サポート

ジャーナル出版の専門家がお客様に代わってフィードバック対応と再投稿をサポートします。論文を適切に修正し、査読者への返信レターもお任せいただけます。

10% OFF

新規のお客様限定割引キャンペーン!クーポンコード:NC10NV

・ クーポンコードをコピーしてご利用ください。
・ クーポンは初回ご注文に限り有効です。
・ 本クーポンは全サービスにご利用いただけます。
・ 有効期限: 2022年11月30日(水) 23:59 までのご注文に限り有効

今すぐお見積り

このパックに含まれるサポート

論文執筆(分析データ・論文草案の精査付き)

ジャーナル掲載を加速させるための優れたサービス

学術出版の経験のある専門家が、お客様の草稿や仮説を基に、学術論文の執筆をサポートします。お客様の研究データとリサーチクエスチョン、そして結論を基に、論文の骨組みとコンテンツをご用意します。

先行文献検索サポート

54,999円 44,000円~
博士号を持つ当社の投稿の専門家が、お客様の論文に最も関連性の高い研究を検索したり、参考文献や引用文献を確認したりすることで、お客様の論文に新規性があり、その分野の既存の文献の文脈に沿っていることを確認。文献レビュー報告書を作成します。

査読者からのコメントに基づいた論文修正+返信レターの作成

受理の可能性を最大限に引き上げるために、ジャーナルからのフィードバックに沿って原稿を書き直します。さらに、ジャーナル編集者が著者に何を求めるのか把握している弊社の専門家が、的確で印象強い返信文を作成します。弊社の専門家がお客様に代わって、論文を受理してもらえるようジャーナルの意思決定者に掛け合います。

ジャーナル選択

29,999円
投稿支援のエキスパートがお客様の論文に最適なジャーナルを3~5つご提案します。 

原稿執筆用ソースファイル・草稿の翻訳 (オプション)

12円 /文字
お手持ちの草稿や仮説、リサーチクエスチョン、研究手段等が日本語で書かれている場合、論文執筆作業の開始前にこれらの文章の英訳を行います。

日本語サポート

20,000円
作業内容のご案内やプロジェクトマネージメントを日本語で行い、お客様の負担を軽減します。(論文に関する専門内容のやり取りは英語になりますので、ご了承ください。)

ジャーナル投稿代行

27,499円
当社の投稿専門チームが、最も時間のかかる投稿ステップを代行し、対象ジャーナルの要件に基づいて、複雑なジャーナルプロセスを管理します。

プレミアム英文校正(査読コメント対策付き)

18円 /単語
ネイティブ校正者が、原稿を言語と文法、構造、コンテンツの流れなどを改善します。また、論文の再校正とターゲットジャーナルの規定に沿った再フォーマット調整も365日間回数無制限で対応します(2誌目まで無料)。

グラフィック調整

11,000円 (図6個まで)
当社の専属グラフィックデザイナーが、ジャーナルの技術的なアートワークのガイドラインをよく理解した上で、国際ジャーナル水準を満たすよう、お客様の図や画像の解像度や寸法を調整します。

剽窃チェック
(365日間回数無制限)

10,000円
ジャーナルから意図しない盗用・剽窃の指摘を受ける可能性のある箇所を探し出し、リジェクトを防ぎます。

初回投稿先への再投稿サポート(査読コメント対策を含む)

17500円 無料
ジャーナルに提出される論文の大半に対し、マイナーまたはメジャーリビジョンの指示が入ります。当サービスでは、弊社のジャーナル出版の専門家が、ジャーナルからのフィードバックへの対応と再投稿をサポートし、お客様にかかる負担を最小限に抑えます。

2つ目の投稿先への再投稿サポート(査読コメント対策を含む)

17500円 無料
リジェクトの結果を受け取ったり、なんらかの原因でターゲットジャーナルを変更しなければならない状況に直面するのは、どんな著者の方にもつらい経験です。当サービスでは、弊社の専門家がお客様に寄り添い、お客様にかかる負担を最小限に抑えながら、新たなターゲットジャーナルへの投稿準備を進めます。

リジェクトを防ぐ方法とは?

査読済み研究論文やジャーナルの要求から考えられる、リジェクトされる7大要因をご紹介します。

リジェクトの要因

エディテージの解決策

ジャーナルスコープと論文内容の不一致ジャーナル選択
研究設計のミス投稿前ピアレビュー
整合性・正確性に欠けるデータ統計分析サポート
不十分な文献レビュー先行文献検索サポート
ジャーナル水準を満たしていない図グラフィック調整
不明瞭な表現と説得力に欠ける文章プレミアム英文校正
ジャーナルの規定や要求にそぐわないジャーナル投稿代行

エディテージの投稿支援・論文作成
パックは、すべて英文校正付き

英文校正業界
東京商工リサーチ調べ (2022年5月)
売上
原稿量
リピート率
 
創業 20 周年の信頼と実績
 

サービスの流れ

01

ご希望の投稿サポートパッケージを選択&原稿を提出

投稿の専門家がお客様のプロジェクトを開始し、論文の状態を確認します。

02

プロジェクトのスケジュール表を作成

お客様の貴重な時間や守らなければいけない期限を尊重し、スケジュールに沿ってプロジェクトを進めていきます。

03

最適な専門家の割り当て

論文の専門分野と学術出版に精通する専門家チームが、各パックを担当し、作業を進めていきます。

04

ステージごとの納品とフィードバック

各パックに、ジャーナル選択、投稿前ピアレビュー、英文校正など、お客様の確認・フィードバックが必要なサポート内容が含まれています。それぞれの作業が完了した時点で、関連するレポートや原稿をお客様にお送りし、頂いたフィードバックをプロジェクトに反映させます。

05

原稿の完成度を高める専門家とのコラボレーション

お客様にご満足いただき、ジャーナルへの投稿に相応しい状態が完成するまで、原稿の修正を何度も繰り返し行います。

06

ジャーナルへの投稿がサポートパックの最終納品アイテム

原稿のジャーナル投稿準備が整い、すべての重要な書類をお送りいただいた時点で、当社の投稿エキスパートがお客様に代わってジャーナル投稿の手続きを行います。

07

受理されるまでしっかりサポート

当社のパックは論文が受理されるまで、同じジャーナルへの再投稿や2つ目のジャーナルへの投稿もサポートするように設計されています。(3誌目以降の投稿サポートも割引料金でご利用いただけます)

よくある質問

  • 01

    論文投稿支援サービスを利用するメリットは何ですか?

  • 02

    論文のジャーナル掲載まで一般的にどれぐらいの時間がかかりますか?

  • 03

    エディテージは論文掲載を保証していますか?

  • 04

    ジャーナルから請求される料金はどのようなものがありますか。また、これらの料金はジャーナル投稿代行サービスの料金に含まれていますか?

  • 05

    投稿論文がリジェクトされた場合は、サービス料金返金の対象となりますか?

  • 06

    支払いのタイミングを教えてください。

  • 07

    論文投稿支援サービスを利用する際に、用意するべき資料を教えてください。

  • 08

    論文内にエディテージの関与を表記する必要はありますか?

  • 09

    論文執筆サービスを利用した場合、エディテージを1人の共著者として論文に記載する必要がありますか?

投稿から掲載までの期間の短縮を目指す

複雑なジャーナル投稿プロセスを管理し、リジェクトのリスクを抑え、ジャーナル掲載までの期間を短縮してくれる、お客様のパーソナルアシスタント。

1,100+以上の世界各国の学会が
エディテージを提携しています

エディテージの全てのサービスとプロセスが、最高水準の出版倫理に適合しています。特にInternational Council of Medical Journal Editors (ICMJE)によって定められているオーサーシップに関するガイドラインには厳重に従い、Committee of Publication Ethics (COPE)とInternational Society of Medical Publication Professionals (ISMPP)のガイドラインに合わせ、常にサービス内容のアップデートを行っています。

投稿支援・論文作成をご利用のお客様の声

  • Its really a high quality editing service and I'm quite pleased about the work. If an author is seeking qualified writing and publication support, thi... もっと読む

    Ugur Erdemir , Associate Professor

    Istanbul University

  • Editage has not only helped me in proofreading my articles but also successfully guided me in the selection of journals. Great service! The comments f... もっと読む

    Tiago Freire, Lecturer

    Xi'an JiaoTong-Liverpool University

  • Without Editage, I cannot imagine that I could publish two articles and complete my Ph.D. course. A great job and a great cost-benefit. I have tried o... もっと読む

    Hirohisa Shimura , Adjunct Professor

    Temple University Japan Campus

  • Thank you very much for the Editage team. Actually, this is the first time to become the corresponding author. The acceptance of this manuscript is so... もっと読む

    Obie Farobie,

    Impact factor - 5.039 of Journal

  • Great service! The comments from the editor really help me guide my writing and how I shape my argument. It is one of the best features of this servic... もっと読む

    Dr. Luigi Schiavo, Nutrizionist, , Published in: PLOS

    Second University of Naples. Impact factor - 4.942 of Journal

  • I was supported by Editage team through the whole process of preparing the manuscript. Thank You!

    Mariusz Sieminski

    Impact Factor - 3.339 of Journal

*免責事項:本サイトで掲載されている雑誌/出版社など第三者の商標権(ロゴやアイコンを含む)は、それぞれの所有者に帰属します。第三者の商標の使用は、その第三者との提携、第三者からのスポンサーシップや支持を示すものではありません。第三者の商標を参照する目的は、対応するサービスの識別であり、商標法に基づく公正な使用とみなされます。本サービスの購入により雑誌への掲載が保証されるということはありません。