フォーマット調整

各出版社の投稿規定を熟知したプロによるフォーマット調整

エディテージのフォーマット調整

ジャーナルの投稿規定に沿ったフォーマット調整は時間がかかる、もどかしい作業です。タイトルページの記載項目、要旨の組立て、引用スタイル、フォントサイズ、行間スペース、ページの余白、レイアウト、段落スタイル等すべて適切なフォーマットである必要があります。
エディテージのフォーマット調整担当者は、APA、MLA、ACS、AMAといった書式スタイルにかかわる豊富な経験を有しています。原稿の一貫性を守り、ご希望のジャーナルの投稿規定に従った論文に仕上げます。

フォーマット調整のサービス内容

ジャーナルの投稿規定や慣例に沿った調整

エディテージでは投稿先のジャーナルの規定と慣例に合わせたレイアウト調整を行います。

スタイルガイドと照合

論文の各要素が投稿先ジャーナルのスタイル指針に従っているかをチェックします。画像、図、表などが原稿の正しい位置にあるか、図のタイトルや説明文がジャーナルの仕様に沿って標準化されているかを確認いたします。

参考文献の調整

参考文献がジャーナル規定に則っていることを確認します。引用文の正確性、参考文献数の上限との比較なども含まれます。

※原稿の一部のみの校正をご依頼の場合、フォーマット調整は校正対象個所のみしか行えないことになり、お断りする場合がございます。校正不要部分も含めた文書全体のフォーマット調整が必要な場合、別途料金が必要となります。お申し込み時にお問い合わせください。

初回英文校正時のフォーマット調整について

スタンダード英文校正、プレミアム英文校正、トップジャーナル英文校正のすべての英文校正で初回校正時のフォーマット調整をご利用いただけます。

再校正時のフォーマット調整について

  • トップジャーナル英文校正1年間何度でもフォーマット調整が追加料金無しでご利用いただけます。初回英文校正時だけでなく、他のジャーナルへ再投稿する際に必要になる再フォーマット調整も1年間何度でもご利用いただけます。
  • プレミアム英文校正ご注文フォームで査読対策オプションをお選びいただいた場合、1単語当たり6円の追加料金で1年間何度でもフォーマット調整が追加料金無しでご利用いただけます。初回英文校正時だけでなく、他のジャーナルへ再投稿する際に必要になる再フォーマット調整も1年間何度でもご利用いただけます。
  • スタンダード英文校正再校正時のフォーマット調整料金に関しては、以下のように条件により異なります。当日納品、翌日納品で最初の再校正が無料で付属している場合
    初回の英文校正時と「同じジャーナルの投稿」に必要なフォーマット調整は無料で行いますが、投稿先ジャーナルを変更する場合のフォーマット調整は4,500円(税別)の追加料金が発生します。
    +2円で注文時に再校正オプションを追加した場合
    初回の英文校正時と「同じジャーナルの投稿」に必要なフォーマット調整は無料で行いますが、投稿先ジャーナルを変更する場合のフォーマット調整は4,500円(税別)の追加料金が発生します。
    60%割引で再校正を再発注する場合
    再校正自体で料金が発生するため、同じジャーナルへの投稿も、別のジャーナルへの投稿もフォーマット調整の追加料金は発生しません。

フォーマット調整に関するよくある質問

  • 01

    フォーマット調整ができないファイル形式はありますか?

  • 02

    フォーマット調整のみの注文は可能でしょうか?

自動お見積り・ご注文はこちら

単語数の入力で料金・納期をその場でご確認いただけます

お見積り・ご注文・お問い合せ

平日・祝日 9:30~24:00 土 12:30~21:30 (論文投稿支援のみ 月~金 11:00~22:00)

電話

直接話をしたい時はこちら

0120-50-2987

チャット

その場で返事が欲しい時はページ右下のチャットをご利用ください。

Eメール

メールでのお問い合わせはこちら

submissions@editage.com