エディテージの最新ニュース

2016年

化学工学会の英文論文誌をサポート 20161121

英文校正・論文投稿サポートを提供するエディテージ(株式会社カクタス・コミュニケーションズ 本社:東京都千代田区、代表取締役:湯浅誠)は、化学工学会 (SCEJ)の英文論文誌Journal of Chemical Engineering of Japan (JCEJ)が主催する、優れた論文に贈られるoutstanding paper award 2015の後援を行いました。

2000年以降毎年、JCEJは年間の優れた論文を表彰しています。JCEJ5年以上に渡って提携関係を結んでいるエディテージは今年、outstanding paper award の受賞者に賞金20万円を贈りました。受賞したのは、JCEJからの5本の論文と、化学工学論文集(SCEJの日本語論文集)からの3本の論文です。エディテージの支援には、「このような表彰や賞金を通して日本の若手研究者を励まさなければならない」という思いも込められています。

エディテージの代表取締役である湯浅誠は、日本の化学工学分野における優秀な頭脳である受賞者たちに賞を授与できることを光栄に感じ、次のように感謝の言葉を述べています。「エディテージは、良い科学を発展させ、研究者を鼓舞することに情熱を注いでいます。この賞を授与する機会を与えてくださったSCEJに、感謝の意を表したいと思います。8名の受賞者の皆さん、おめでとうございます。このささやかな賞が、何らかの形で将来の活動に役立てば幸いです。研究者はサイエンスに専念するべきです。エディテージには、皆さんが言語の壁を打ち破る手助けする、頼れるエキスパートたちが揃っています」。

年間の優秀論文を表彰する学会は多いものの、受賞者に賞金が贈られることはほとんどありません。エディテージは、今回のような後援活動の対象をその他の分野の研究者にも広げたいと考えています。賞金授与を伴うこのような取り組みが、さまざまな研究分野の前途有望な研究者を勇気づけることにつながると信じています。