現在地

効果的なグラント申請書の書き方

マリーシャ・フォンセサ | 2014年1月15日 | 286,188 ビュー
効果的なグラント申請書の書き方

研究の成功には外部の研究助成金が多くの場合で不可欠です。出版へのプレッシャーが財源に負担をかけ、現在では助成金の入手がより難しくなっているため、グラント申請書を執筆するスキルの重要性は高くなっています1。現在では、研究者に先駆的な研究アイディアの構想があるかどうかは問題でなく、プロジェクトの資金集めのためにグラントの委員会を納得させる非常に説得力のある提案書を提出することが必要なのです。残念ながら、グラント申請書の執筆は概して実際の研究より非常に難しいことと考えられます2
 

効果的なリサーチプロポーザルの10の特性

1.  科学の前進と、人類の知識、社会、もしくは環境に恩恵を与えることを目的とする

2.  測定可能で焦点の合った目的がある

3.  結果を一般化できるようなサンプルである
 (女性、少数派等をサンプルの中で必要に応じ適切に示す)

記事をお楽しみ頂けましたか?
研究者たちの活気あふれるグローバルコミュニティに参加して、記事の続きを読みましょう。
「今すぐ登録する」をクリックすると、利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。
登録/ログインできませんか? 問い合わせ
会員登録のメリット
  • 無制限の記事閲覧
  • プレミアム記事の閲覧
  • 個別アドバイスの活用
  • 記事の保存とプリント
  • 会員限定の割引サービス等