Tags

原稿の投稿

最新

New
査読は、好きか嫌いかによらず、学術出版に欠かせない要素であり、著者は、査読と付き合っていく術を学ぶ必要があります。ところで、研究者続き