Tags

著者向けガイドライン

最新

人気
若い研究者が学術出版の世界に飛び込むには、勇気が必要です。覚えることやすべきことが盛りだくさんで、おまけに続き
人気
論文投稿から最終判定までには長い時間を要しますが、よくあるミスをなくすことで、このプロセスを速めることができます。米国医師会(AMA続き
人気
一度論文を発表したら、後は椅子に深く腰掛け、人に読んでもらい称賛されるのを待つだけ…という時代は、とうに終わりを迎えました。この記事では続き
大学の授業や論文の執筆時に、シカゴ・マニュアル( Chicago Manual of Style )や Scientific Style続き
人気
ある事情から、匿名での出版を希望する著者がいました。デリケートなテーマを扱っているため続き