コース: 査読コメントへの対応 (上級コース)

査読コメントへの対応 (上級コース)

コースの特徴

 

原稿を修正して再投稿する際の具体的な戦略を知り、狙ったジャーナルでのアクセプトの確率を高めます。

 

このビデオ講座で学べること:

  • 自信を持って査読コメントに対応するための方法
  • 出版に一歩近づくための、査読者とジャーナル編集者への返答の仕方
  • 論文の目に付く問題点を修正してアクセプトの確率を高める方法


講座の理解度を確認するための、双方向型の課題やクイズもご用意しています。ご意見やお問い合わせは、講座の中でお寄せ頂くか、insights@editage.comまでご連絡ください。


: この講座はビデオ形式のため、静かな場所で視聴するか、ヘッドフォンをご使用頂くことをおすすめします。


講師

ケイヴン・マクローリン教授(Prof. Caven Mcloughlin, PhD)

Prof. Caven

 

ケント州立大学(米オハイオ州)教授。学校心理学者の資格を持ち、オハイオ州で最大規模の学校心理学の予備教育カリキュラムに取り組み、幼児期の学校心理学について指導している。特別学級の教師および管理者、スクールカウンセラーとしても活動している。

25年以上にわたって、幼児、乳児、新生児を対象とする学際的リーダーシップ要員のための、政府助成のトレーニングプログラムを実施。フルブライトスペシャリストとして世界各地に赴き、学術出版に関する充実したワークショップを実施している。これまでに100本以上の研究論文を出版、執筆・編集・監修などに関わった書籍は10冊にのぼる。Sage社のジャーナルSchool Psychology Internationalの編集者。 


エディテージ・インサイトでは上級の学習コースで査読関連の講座を受け持っており、新米査読者やベテラン査読者に科学論文における方法論をレビューする際のベストプラクティスについて指導している。エディテージ・インサイトのインタビュー記事では、研究者のための価値あるアドバイスを紹介している。


返金保証


30日間返金保証

100%の満足度と効果を保証

万が一ご満足頂けない場合は、全額返金いたします。


講座の内容


レッスン1 - ジャーナルの判定を理解する


投稿から出版までの原稿の流れ

一般的な判定結果の種類

ジャーナルのリジェクトは何を意味するのか


レッスン2 - 査読コメントに回答する前に知っておきたいこと


何から始めるか

原稿を修正する前に:ちょっとしたコツ


レッスン 3 - さまざまな査読コメントや修正提案に対応する


ジャーナル編集者が求めていることを知る

ワード数カットの要求

追加データの要求

相反する査読コメント


レッスン4 - その他の重要ポイント


修正は全体像を見ながら

表、図、データ

まとまりのある原稿に欠かせないこと

キーワードがカギ

成果のインパクトに焦点を当てる

参考文献、共著者の承認など


レッスン5 - 査読者コメントを読み込む


査読者は常に正しいか?

査読者に敬意を払っているか?

自分の判断で


レッスン6 - 再投稿前の仕上げ


責任著者の役割

自分で自分の査読者になる

再投稿時のカバーレターに書くこと


レッスン7 - まとめ


学んだこと

振り返り

これから


レッスン8 -おまけのヒント、ダウンロード可能な資料、動画など


ダウンロードが可能なチェックリストやリソース

動画:査読コメントへの回答の仕方

動画:素晴らしい投稿パッケージの特徴

知識の確認

証明書について
プレミアムコース

 

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。