コース: 自分の論文に合った視覚的フォーマットを使う

このコースでは次のことが学べます:

 

  • 論文の視覚的要素(グラフ、図、 表、イラスト)の重要性
  • さまざまな視覚的要素を使うべき箇所
  • 視覚的要素の中身
自分の論文に合った視覚的フォーマットを使う

受講のメリット

 

論文を書く際は、膨大なデータをまとめなければなりませんが、データをどのように提示すればよいか分からない、という方もいるかもしれません。グラフ、図、表、チャート、図などから、どれを選べばよいのでしょうか?このコースでは、あなたのデータにぴったりの視覚的フォーマットを選ぶ方法をご紹介します。

 

論文は、ただ漫然と書くだけでは不十分です。関連する情報を、グラフ、表、図などの視覚的要素を使って提示する必要があります。視覚的要素を取り入れることで、研究結果を補うことができるだけでなく、膨大なデータを簡潔かつ興味を引く方法で提示することができます。このコースでは、自分のデータに合った視覚的フォーマットの選び方と、魅力的な視覚的フォーマットの作り方をお伝えします。

 

コースの内容:

 

はじめに

目的

視覚的要素の目的

視覚的要素の必要性を分析する

理解度チェック

目的と視覚的要素をマッチさせる

理解度チェック

採用した視覚的要素を見直す

理解度チェック

まとめ

 

返金保証

 

30日間返金保証

100%の満足度と効果を保証

万が一ご満足頂けない場合は、全額返金いたします。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。