現在地

惑星滞在シミュレーションとして、200日間の隔離実験を開始―中国

Aparna Ayyar | 2018年1月5日 | 1,572 ビュー
惑星滞在シミュレーションとして、200日間の隔離実験を開始―中国

4人の学生が2部屋の密室で、200日間にわたって外界から遮断された生活を送る――これは、宇宙ステーションを模した閉鎖環境での長期滞在実験、Lunar Palace 365の概要です。2017年7月初旬、将来の宇宙探索を見越した予備的プロジェクトの一環であるこの実験を、北京航空航天大学に所属する宇宙飛行士候補生である4名の学生たちがスタートさせました。


この実験のため、北京郊外に、最小限の資源で生活できる自律型施設が建設されました。閉鎖環境での生活には、さまざまな身体的・精神的困難が伴います。月や火星での限られた資源環境での滞在を想定して、酸素は施設内の植物から生産し、飲料水は尿を再利用したもので賄います。


これだけでも厳しい生活環境ですが、さらに、外界から遮断されて暮らすことによる精神的影響とも向き合う必要があります。日の射さない閉ざされた環境に長期間滞在することによって、うつ症状が引き起こされる可能性も指摘されています。このため、学生らの意欲や幸福度を維持できるよう、日々こなすべきタスクが設定されています。


中国はこの実験を、閉鎖環境での長期間の生活に伴うリスクを把握するためのもの、と位置付けています。中国は、2018年に月の裏側に初の探査機を送り込むことを目指し、宇宙探査で世界をリードすることを見据えています。この実験から得られる知見は、他国の宇宙探査プログラムに追いつくための足掛かりとなるでしょう。

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。
17万9000人超の研究者コミュニティに参加しましょう
エディテージ・インサイトでは、学術研究や学術出版に関する豊富なリソースを無料で提供しています。登録すると、活気あふれる研究者のグローバルコミュニティに自由にアクセスできます。学術出版に関わる仲間たちと、専門知識を分かち合いましょう。
「今すぐ登録する」をクリックすると、利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。
登録/ログインできませんか? 問い合わせ


関連するカテゴリー

 研究者Q&A