現在地

論文投稿の準備

きちんと整えられた論文は、ジャーナルでのアクセプト率も高くなります。とはいえ、原稿の準備は大変です。言語、スタイル、構成など、注目すべき点は盛りだくさんです。このカテゴリーでは、論文執筆のあらゆる側面――文法、言語、スタイル、フォーマット(書式)、構成、図表作成――に役立つヒントやリソースを取り揃え、影響度の高い論文の書き方をお伝えすることを目指しています。
閲覧済み
自分の研究と、関連する国内外の先行研究とを比較するよう求められているのですが、私が行なっている研究方法は新しく過去に例がありません。どうしたらいいでしょうか?
  • Anonymous
  • 2018年4月5日
  • 6,206 ビュー
閲覧済み
学術ジャーナル、検索エンジン、索引付け/アブストラクト作成サービスでは、たいてい、キーワードを使って論文を分類しています。適切なキーワードを選ぶことで、論文が検索される可能性が高まります。つまり、同じテーマで論文を探すほかの研究者に、論文を見つけてもらいやすくなるのです。あなたの論文にぴったりのキーワードを決めるためのヒントをご紹介します。 <関連記事>キーワードを求められるのはなぜか?論文のキーワードはどのように決めたらいいですか?
どんな場合も、第一印象は重要です。論文で言うなら、読者が最初に目にするのはアブストラクトです。つまり、完璧なアブストラクトの書き方を学ぶことは、非常に大事なことなのです。このビデオでは、アブストラクトの目的について解説するとともに、論文を最大限に引き立てるアブストラクトを書くコツを伝授します。
【ウェビナー:3月14日開催】論文できちんとした英語を書くには
閲覧済み
英語が拙いせいで出版が遅れることがあるのをご存知ですか?世界中の人が読む国際誌は英語で出版されるので、ジャーナル編集者はまず、投稿された原稿の英文レベルと完成度を確認します。言葉の壁を破り、研究を効果的に発信するために、ウェビナー「論文できちんとした英語を書くには」に、ぜひご参加ください。
閲覧済み
論文のキーワードの重要性について教えてください。
  • Anonymous
  • 2018年2月9日
  • 15,599 ビュー
自然科学分野の論文を書くときに注意すべき5つのこと
閲覧済み
研究論文の執筆では、自然科学分野をはじめとする学問分野ごとに、独自の慣習があります。言葉を正しく使うことは常に重要ですが、他分野と比較して、自然科学分野の論文に頻発するミスというものがあります。本記事では、非英語ネイティブの著者が論文執筆時に犯しがちなミスの例を、いくつか紹介します。
本ビデオの前半では、エディテージのベテラントレーナーJohn McDonaldが、論文執筆時に著者が犯しがちな、数字に関する3つのミスを紹介しました。後半の今回は、その他の3つのタイプのミスを紹介します。   ·         原稿内の図表を参照するときの時制 ·         主語と動詞の一致 ·         単文の使いすぎによる、伝達情報の重複  また、'respectively'という単語を使う際の役立つヒントもご紹介しています。本シリーズ記事での説明から明らかなように、校正は、原稿準備に欠かせない作業です。徹底的な校正を行なって、安易なミスや明らかなミスをなくしましょう。
ジャーナルに投稿する論文を書くことは、ストレスがつきまとうものです。句読点や校正、文体や書式など、気をつけるべき点を挙げたら枚挙にいとまがありません!著者が犯しがちなミスを誰かが教えてくれて、同じミスを避けることができたら、ありがたいと思いませんか?エディテージのベテラントレーナーを務めるJohn McDonaldが、論文執筆でよくあるミスをリストアップし、その避け方を解説します。 前半では、数字や記号の使い方でよくあるミスを、原稿を見直すことで簡単に防げる方法をご紹介します。 後半もお楽しみに!  
閲覧済み
ジャーナルの投稿規定の、次の文章がよく理解できませんでした: 「図表のカラー表示について、オンライン版では追加費用は発生しません。印刷版でもカラー表示は可能ですが、カラー印刷に掛かる費用は著者が全額負担するものとします。カラー印刷費用をお支払い頂いた場合のみ、カラー印刷を承ります」。これは、論文が受理または出版された場合、追加費用の支払いを義務付けられるということですか?印刷版の出版は義務なのでしょうか?ご回答よろしくお願いいたします。
  • Anonymous
  • 2017年12月28日
  • 8,605 ビュー
閲覧済み
EI(Engineering Index)に論文を登録したいのですが、その登録条件について分からないことが1つあります。条項の中に「参考文献はローマ字表記とする」と書かれているのですが、これはどういう意味ですか?ご回答よろしくお願いいたします。
  • Anonymous
  • 2017年12月27日
  • 4,985 ビュー

ページ