現在地

グローバル・トレンド

学術出版界は、世界各国で多様なトレンドが錯綜し、目まぐるしく変化するダイナミックな世界です。このセクションの記事を読めば、学術出版界のトレンドを追いながら、世界各地の最善出版慣行(出版のベストプラクティス)の現状を知ることができます。また、科学コミュニケーションへの理解を世界的視野で深めることができます。
トランプ大統領にとって科学補佐官の任命は急務
閲覧済み
歴代の米大統領は、科学補佐官の助言を頼りに、科学政策や科学的専門性を要する問題に決定を下してきました。しかし、就任から半年以上が経過した時点で、トランプ代大統領は科学補佐官を任命していませんでした。科学的専門性を有した補佐官がいなければ、米国は世界における科学技術でのリーダーシップを失ってしまうかもしれません。
日本の科学力低下の3つの理由
閲覧済み
科学研究は、経済大国日本の根幹をなすものです。国内経済は1980年代前後に急成長を遂げ、科学技術への重点的な投資を行うことで、日本は研究やイノベーション先進国としての地位を確立してきました。しかし近年になり、科学研究におけるそのリーダーシップが、世界の中で発揮できなくなってきています。
ブラジル学術界、新政権によるさらなる予算削減を憂う
閲覧済み
ブラジルでは科学が危機に瀕しており、同国の研究者たちの苦悩が解消される見通しは立っていません。前年の科学予算削減がいまだに尾を引く国内の科学コミュニティは、科学研究費の一層の削減がブラジル科学界に壊滅的な打撃を与えることを懸念しています。
ヨルダンの若手研究者が直面する残念な出版慣行
閲覧済み
キャリアの浅い研究者は、若くて出版経験が少ないものの、学術出版界に乗り出していこうという気概に溢れています。しかし、学術出版界はもどかしいことが多く、達成感よりも挫折感を抱くことの多い、浮き沈みの激しい世界です。ヨルダンのような国では、これら通常の課題に加えてさらなる困難が伴います。
トランプ氏の勝利は科学にとって何を意味するか?
閲覧済み
米国でトランプ政権が誕生したことで、研究者たちは自分の将来や科学の行方に不安を感じるようになっています。ある教授は、「科学が注目されるのは、政治的優先事項の邪魔になるときか、役に立つときだけだろう」と述べています。
グローバルな研究拠点として台頭:カタール
閲覧済み
発展途上国の多くは、天然資源への依存から脱却して人的資源にシフトしようとしています。湾岸諸国も例外ではなく、中東のカタールはそのような方向に着実に歩みを進めています。ある論文は、カタールを「世界一魅力的な研究拠点」と述べています。
科学の進歩を促すため、官僚主義からの脱却を宣言:中国
閲覧済み
中国での研究は2002年以降急速に増加しており、現在の論文数は世界第2位です。また、研究開発費(R&D)は米国に次いで第2位です。しかし、研究とイノベーションに投資した分の見返りが十分ではないと認識するようになった中国政府は最近、科学技術分野で最大の効果を発揮できるよう、現在の研究システムの改善に乗り出しています。
英国のEU離脱が科学界に悪影響をもたらすと考えられている理由
閲覧済み
英国のEU離脱は世界に大きな衝撃を与えました。エコノミストや政治家は、経済の安定に影響が出ることを心配していますが、英国の学者たちはまた別の懸念を持っています。科学界で中心的な役割を果たしている英国のEU離脱は、学術界に不安と落胆をもたらしました。
イランにおける科学―制裁前と制裁後
閲覧済み
昨年7月、イランと欧米などが、核問題に関する歴史的合意に達しました。世界中の研究者や政策立案者の間では、イランの科学研究の未来が話題となっています。イランはかつて科学の中心地であり、数学、哲学、天文学に多大な貢献をしていました。
メトリクスは査読の代わりとなり得るか?
閲覧済み
科学研究の質やインパクト(影響力)の測定は、研究開発の全利害関係者たちの関心事です。ここ何年かで、高等教育や研究で使われる公的資金への圧力が高まり、評価に用いられるメトリクスの重要性が、これまでになく増大してきました。

ページ