現在地

グローバル・トレンド

学術出版界は、世界各国で多様なトレンドが錯綜し、目まぐるしく変化するダイナミックな世界です。このセクションの記事を読めば、学術出版界のトレンドを追いながら、世界各地の最善出版慣行(出版のベストプラクティス)の現状を知ることができます。また、科学コミュニケーションへの理解を世界的視野で深めることができます。
頭脳逆流:中国人研究者が中国に戻る理由とは
閲覧済み
20世紀後半から21世紀初頭、科学研究者としてのキャリアを開拓する機会が十分に与えられていなかった当時の中国人研究者は、米国をはじめとする西洋諸国にその拠り所を求めました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、現在の中国では逆転現象が起きています。
閲覧済み
学術誌を発行する学会で、EU圏内の著者よりも論文が投稿されます。投稿方法は、Emailや、投稿システム(ScholarOne)などです。また、場合によっては、著者負担金の支払い等で、クレジットカード番号も扱うことがあります。 注意すべきことや、今後、必要な対策があれば教えてください。
  • Anonymous
  • 2018年6月12日
  • 904 ビュー
時代の先端を走るために一流大学がしていること
閲覧済み
世界中の大学が、研究の可視性を高める取り組みに力を入れています。大学が、研究結果を論文にまとめてジャーナルで発表することにとどまらない取り組みを行うよう研究者に働きかけ、研究コミュニケーションを積極的に促している状況を紹介します。
中国の出版慣行に影響を与えている社会文化的要因
閲覧済み
中国は急速に発展を遂げており、科学技術の分野でも世界をリードする立場に立とうとしています。論文出版数や研究助成においては、米国に次ぐ実績を残しています。一方で、査読詐欺や研究不正などの度重なるスキャンダルが、国の発展の足を引っ張っています。
トランプ大統領にとって科学補佐官の任命は急務
閲覧済み
歴代の米大統領は、科学補佐官の助言を頼りに、科学政策や科学的専門性を要する問題に決定を下してきました。しかし、就任から半年以上が経過した時点で、トランプ代大統領は科学補佐官を任命していませんでした。科学的専門性を有した補佐官がいなければ、米国は世界における科学技術でのリーダーシップを失ってしまうかもしれません。
日本の科学力低下の3つの理由
閲覧済み
科学研究は、経済大国日本の根幹をなすものです。国内経済は1980年代前後に急成長を遂げ、科学技術への重点的な投資を行うことで、日本は研究やイノベーション先進国としての地位を確立してきました。しかし近年になり、科学研究におけるそのリーダーシップが、世界の中で発揮できなくなってきています。
ブラジル学術界、新政権によるさらなる予算削減を憂う
閲覧済み
ブラジルでは科学が危機に瀕しており、同国の研究者たちの苦悩が解消される見通しは立っていません。前年の科学予算削減がいまだに尾を引く国内の科学コミュニティは、科学研究費の一層の削減がブラジル科学界に壊滅的な打撃を与えることを懸念しています。
ヨルダンの若手研究者が直面する残念な出版慣行
閲覧済み
キャリアの浅い研究者は、若くて出版経験が少ないものの、学術出版界に乗り出していこうという気概に溢れています。しかし、学術出版界はもどかしいことが多く、達成感よりも挫折感を抱くことの多い、浮き沈みの激しい世界です。ヨルダンのような国では、これら通常の課題に加えてさらなる困難が伴います。
トランプ氏の勝利は科学にとって何を意味するか?
閲覧済み
米国でトランプ政権が誕生したことで、研究者たちは自分の将来や科学の行方に不安を感じるようになっています。ある教授は、「科学が注目されるのは、政治的優先事項の邪魔になるときか、役に立つときだけだろう」と述べています。
グローバルな研究拠点として台頭:カタール
閲覧済み
発展途上国の多くは、天然資源への依存から脱却して人的資源にシフトしようとしています。湾岸諸国も例外ではなく、中東のカタールはそのような方向に着実に歩みを進めています。ある論文は、カタールを「世界一魅力的な研究拠点」と述べています。

ページ