現在地

学術業界ニュース

学術出版界は、エキサイティングでダイナミックな業界です。このセクションでは、世界各地から集めた、学術出版に関する最新情報をお届けします。
中国政府が国のリポジトリでの研究データ共有を義務化
閲覧済み
中国は、国内のすべての研究者に対し、国のリポジトリでのデータ共有を義務付ける方策を新たに導入すると発表しました。これに伴い、研究データ管理のシステム化と標準化を目指す中国国務院総務局は、「研究データの管理方法」と題した通知を公表しました。
インド政府による4段階の剽窃対策にに賛否両論の声
閲覧済み
インド政府は、剽窃に関わった研究者を罰するための4段階の罰則規定に関する政策案を発表しました。研究者の間では賛否両論が巻き起こっており、研究不正に対するインド初の取り組みに賛同する意見がある一方で、懐疑的な見解や方向性への不満も見られます。
動物実験を擁護する書簡に、ノーベル賞受賞者を含む研究者数百人が署名
閲覧済み
ノーベル賞受賞者を含む、米国の科学コミュニティに属する数百名の研究者が、国内の研究機関に動物実験の透明性・開示性を改善するよう求める公開書簡に署名しました。この書簡は、米国を拠点とする科学の権利擁護団体によって公開されました。
先進諸国と肩を並べ始めた東アジアの科学力
閲覧済み
科学の中心地として重要な役割を担うようになっている東アジアは、科学に優先的に投資を行なってきた国々と肩を並べるまでに成長しています。科学的成果物の発信や科学への投資で世界をリードする中韓に加え、その他のアジア諸国も急速な進歩をとげています。
インドで活気づくハゲタカジャーナル市場の存在が明らかに
閲覧済み
インドで一大市場を築いている疑わしい出版社やジャーナルの存在が、国内のニュースメディア企業によって明らかになりました。同社の調査によると、インドでは300社以上のハゲタカ出版社によって、数百誌のジャーナルが運営されています。
中国政府が研究不正を厳重に取り締まる新ガイドラインを発表
閲覧済み
科学研究先進国の1つである中国は、国内の研究者に研究公正を高水準で順守させるための取り組みを精力的に行なっています。2018年5月30日、中国政府は、科学者や学術機関の研究公正の順守を監視・評価するための新たなガイドラインを発表しました。
スウェーデンのコンソーシアムがエルゼビアとの契約更新を拒否―欧州で高まるオープンアクセス化への気運
閲覧済み
世界中で起きている出版社とコンソーシアムの対立に、収束の兆しが見えません。ドイツ、フランス、オランダのコンソーシアムが学術出版社との契約を打ち切る中、スウェーデンのコンソーシアムも、出版大手エルゼビアとの契約を更新しないことを発表しました。
イラン核合意からの米国の離脱が科学に及ぼす影響
閲覧済み
今年5月、米国がイラン核合意からの米国の離脱を発表しました。各国がこの動きに対する懸念や見解を表明する中、科学コミュニティもまた、今回の決定が科学の未来に及ぼす影響を懸念しています。
北朝鮮は、核廃絶で科学界での存在感を高められるか?
閲覧済み
北朝鮮最高指導者の金正恩氏は最近、同国を「科学技術力および人材力を有する国家」にシフトさせていく考えを持っていることを明らかにしました。これまでは軍事力を強化するための研究に力を注いできた北朝鮮ですが、その研究分野は、材料科学、物理学、数学などにも徐々に広がりつつあります。
著者はシングルブラインド・ピアレビューを好む―ネイチャー・パブリッシング・グループの調査より
閲覧済み
著者が好むのは、シングルブラインド・ピアレビューとダブルブラインド・ピアレビューのどちらだと思いますか?ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)が、大規模調査を実施しました。

ページ