記事

出版モデル

ジャーナル購読料の支払いに苦しむ機関が増える中、オープンアクセス出版への移行の流れが本格化しています。 2018 年 9 月、欧州の 11続き
人気
学術出版に関する経験が比較的浅い研究者は、オープンアクセス (OA) 出版にさほど積極的でない傾向があります。これは、 OA続き
人気
ジャーナルの創刊数は年々増えていますが、偽りの約束で著者をおびき寄せる悪徳出版社やハゲタカジャーナルもまた、増えています続き
オープンアクセス (OA) ジャーナルで論文を発表することに消極的な研究者が多くいます。その理由として、 OA続き
人気
ハゲタカ出版社がちらつかせる安易な出版ルートは、研究者にとって好都合な申し出であるため、その罠に多くの研究者が引っかかってしまっています続き
人気
あるジャーナルから論文投稿の誘いを受けた著者は、言われるままに論文を投稿し、著作権譲渡書に署名し、論文掲載料(APC)を支払いました。しかし続き
人気
オープンアクセス(OA)での論文出版に関心はありますか?ハゲタカ出版社が増加の一途をたどっていることで、OA出版は監視の目にさらされており続き
人気
共同著者の2人が、ジャーナルへの論文投稿をめぐって意見を対立させました。片方はOAジャーナルへの投稿を目指し続き
人気
学術出版界で熱い議論が交わされるテーマの1つに、オープンアクセス(OA)があります続き
オープンアクセス(OA)方針とその義務化は、科学研究にOAの概念がどの程度受容されているかを示す直接的な指標です。世界のOA方針続き