記事

ハゲタカ出版社を避ける

人気
オープンアクセスの人気がますます上がっており、出版を保証するけれども法外な論文処理代を請求する偽ジャーナルを続き
人気
ハゲタカ出版社の唯一の目的、それは利益です。論文が受理され、著者が出版社への著作権譲渡に同意する文書にサインした後に続き
人気
出版倫理委員会( COPE ) は、出版社、エディター、編集委員会のメンバーが倫理的にふるまい、学術ジャーナルの経営続き
人気
ハゲタカ出版社がちらつかせる安易な出版ルートは、研究者にとって好都合な申し出であるため、その罠に多くの研究者が引っかかってしまっています続き
人気
あるジャーナルから論文投稿の誘いを受けた著者は、言われるままに論文を投稿し、著作権譲渡書に署名し、論文掲載料(APC)を支払いました。しかし続き
人気
ジャーナルの創刊数は年々増えていますが、偽りの約束で著者をおびき寄せる悪徳出版社やハゲタカジャーナルもまた、増えています続き