記事

文法と文体

人気
研究者が自分一人だけで論文を発表することは珍しいと言えるでしょう。研究論文にはたいてい数名もしくは大勢の著者がいて続き
人気
英語には精巧な時制システムがありますが、研究論文で一番よく見られる時制は単純過去形と単純現在形で、次が現在完了形と過去完了形です。この場合の続き
人気
若手研究者は、一人称の"I" と"we" を論文の中で使わないよう指示されることが多いようです。科学とは客観性がすべてなのに続き
人気
多くのジャーナルでは、スタイルの問題として、文の始まりを数字や省略形にしないよう勧告しています。けれども続き
人気
こんにちの科学論文では、ラテン語の略語が徐々に見られなくなっています。Council of Science Editors では、et al続き
人気
能動態は、行為を行う人を強調する文体のことです。例えば、“The mice inhaled the tobacco-infused続き
人気
研究論文では、"the data reveal that"、"Table 1 shows that" 、‘Figure 2続き
人気
前の記事で 研究論文における時制の使い方を取り上げました。ここでは話を少し広げて、個々の節での時制の使い方を説明します。続き
人気
“for example”、 “for instance”、"such as"、“including”続き
人気
学者や科学者に手紙を書く時でしたら、答えは非常に簡単です。どんな姓やファミリー・ネームであっても Dear Dr Tanaka や Dr続き