記事

論文の出版後

New
研究者にとって、学術界以外でのキャリアの機会が増えています。博士過程では続き
このハンドブックには、初めての査読に臨む方のためのヒントが詰まっています。続き
こちらのハンドブックを、有益で公平な査読を行うためのヒントとしてお役立てください。続き
共同研究には大きな利点がありますが、研究に豊かさをもたらす「違い」が課題を生むこともあります。共同研究のさまざまな形態を確認した上で続き
欧州分子生物学機構(EMBO)副機構長。ドイツ出身。ブランダイス大学(米マサチューセッツ州)で生化学の博士号を取得後、欧州分子生物学研究所
日本は、日本に興味を持つ人たちの意欲に十分に応えられているでしょうか。コロナ禍で失われた外国人材獲得の機会と続き
博士課程の厳しさを家族に分かってもらえないというケースは、珍しくありません。博士課程についての誤解や、博士課程の現実を確認しながら続き
ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン神経科学研究所で神経科学の博士号を取得、ノッティンガム大学分子医学部で腫瘍学の修士号を取得
公的研究機関で働く有期雇用の研究者 3000 ~ 4500 人が、 2023 年 3 月を前に職を失う懸念が出ています。この問題は続き
少子化が進む中、研究力を向上させて国際競争力を高めるためには、世界中から優秀な人材を呼び込むことが欠かせません続き