記事

査読

現在のコロナ危機下において、査読は信頼できるシステムとして機能しているのでしょうか?査読を経た COVID-19 関連の論文を続き
長い期間を費やした研究を論文にまとめて投稿しても、そのままアクセプトされる確率はきわめて低く、ほとんどの場合続き
学術出版が広く認められているのは、査読プロセスがあるからです。査読の本質は、同僚に自分の学術コミュニケーションを評価してもらうことであり続き
エルゼビアのグローバル出版開発部門レビュアー・エクスペリエンス・リード(Reviewer Experience Lead)
質の高い査読は、研究の門番として、2つの役割を果たすことができます。1つは、編集者が論文の取扱いを決定する際の参考情報を提供すること続き
人気
新米著者に、論文を執筆して知識や専門性を還元することの重要性を説くことはあっても続き
学術出版界における「ハゲタカ」と言えば、金銭的利益を得る目的で論文を出版する出版社やジャーナルを思い浮かべる人が多いと思います。しかし続き
人気
一流誌に論文を投稿した場合、「 revise and resubmit( 修正して再投稿) 」の判定が出れば御の字かもしれません。しかし続き
人気
査読を通過した論文は信頼できると考えられているため、ほとんどの著者が査読付きジャーナルでの論文出版を望んでいます。しかし続き
査読は、出版プロセスに欠くことのできない品質管理手法ですが、私たちが知っている現在の査読は、約 2続き